ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 介護福祉経営士は介護福祉事業経営の専門家!
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス クリニック開業のドクターサポート リコーリースの法則

けあコンシェルからのお知らせ

収支差率は居宅介護支援を除きプラス

平成25年度 介護事業経営概況調査の結果、収支差率は居宅介護支援を除きプラス。
 ※収支差率とは、利用者1人あたりの収入と支出から算出した利益率。(1日あたり)

しかし、収支差率は、平成22年度の調査と比べ、訪問介護など4サービスで上昇しているものの、通所介護など11サービスで低下している。(※括弧内は平成22年度)

・訪問介護 3.6% (3.2%)
・通所介護 8.6% (13.0%)
・居宅介護支援 △3.1% (△4.0%)

総収入に占める給与費の割合は、平成22年度の調査と比べ、12サービスで上昇。3サービスで低下。(※括弧内は平成22年度)

・訪問介護 77.5% (70.5%)
・通所介護 61.8% (53.5%)
・居宅介護支援 86.9% (79.8%)

第9回 社会保障審議会介護給付費分科会 介護事業経営調査委員会資料より(平成25年12月4日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000031480.html