ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 高齢化社会に不可欠の地域包括ケア病棟!維持していくための課題とは?
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス リコーリースの法則
各種リース

リースとは?

日本国内では「リース」とは一般的にファイナンスリース取引のことを指します。

リース

ファイナンスリースとは、お客様が自由に選定された物件を(リース適格物件のみ)お客様が指定した売主からリース会社が購入のうえリース期間中お客様に貸し出し、投下資金のほぼ全額をリース料として回収する取引をいいます。原則としてリース期間中の解約はできません。

メリット01 少ない資金でご希望の機械・設備がご使用できます。
月々一定のリース料で、ご希望の機械・設備がご使用になれます。導入時に多額の資金が必要になりませんので、資金が効率的に運用できます。
メリット02 コストの把握が容易になります。
リース料は月々一定ですから事業計画の立案などが容易になります。
メリット03 最新の設備が使えます。
技術革新の早い機器などは、短いリース期間を設定することで、最新機器に入れ替えられ、設備機器の陳腐化を防ぐことができます。。
メリット04 事務負担が軽減されます。
減価償却、保険手続きなど設備機器の所有に伴う面倒な手続きはすべてリース会社が行うため、社内事務等は大幅に合理化されます。
社内事務:資産の計上・固定資産の減価償却や納税など
保険事務:契約・保険料の支払いなどの事務

リース対象物件

パソコン、サーバー、プリンタ、複合機、リハビリ機器などの動産及びソフトウエア(一部介護ソフト含む)が対象となります。
>>車両リースのご説明はこちら

リース期間

リース期間とリース料は、対象物件の性質や耐用年数に基づいて、お客様とリース会社が相談の上、決定されます。
>>リースのお手続きなど詳しくはこちら

お客様の声

●ビーステップ足立/井草/王子/小平/鹿浜/グリーングラス国立 (東京都)
ビーステップ川口 (埼玉県)

株式会社ビーステップ 代表取締役 会長 矢嶋 明様

資金面でのよき相談役として、支援いただいています。

当社は、都内と埼玉県で訪問介護、デイサービスの事業を運営しています。
介護事業は多額の運営資金のかかる業態で、資金繰りを検討するなかで、懇意にしている人からリコーリースの紹介を受けました。
介護業界に関する専門性が高く、さまざまな提案をいただき、現在、「介護報酬ファクタリングサービス」「集金代行サービス」をはじめ、複合機や福祉用具のリースでも支援いただいています。
顧問弁護士のように、いつでも相談に乗ってくれる存在で、とても助かっています。

 

●ベストリハ五反野/四ツ家/北千住 (東京都)

ベストリハ株式会社 代表取締役 理学療法士 渡邉仁様

リースを活用した初期投資の抑制から資金回収の方法まで経営者として魅力ある提案をいただき、助かっています。

当社は本格的なリハビリを採り入れた“自立支援型”のデイサービス施設を開設しました。
インターネットで介護報酬ファクタリングサービスを知ったのがきっかけで、後日いただいた提案は、ファクタリングサービスと口座振替サービスの利用に加え、車両やコピー機、リハビリ機器、パソコンなどの情報機器やソフトウェアまでをトータルにリースし、初期投資を抑制して手元資金を残すという魅力的なものでした。
他社にも相談しましたが、リコーリースさんは1社ですべてサービスを提供していることや、審査を含め熱意をもって対応いただけたこともあり、安心してお任せできました。
リースで初期投資を抑え、ファクタリングで報酬の早期資金化ができるというのは、経営的にとても助かっており、オープン予定の新店舗でも引き続きお願いしたいと考えています。

 

弊社へのご意見・ご質問などございましたらこちらよりお願い致します。追って弊社よりご連絡させて頂きます。
出来る限り早急に返信させて頂きますが、少々お時間を頂戴する場合もございます。何卒ご了承ください。

けあコンシェルについて よくあるご質問 >>
ファクタリングサービスについて よくあるご質問 >>
口座振替サービスについて よくあるご質問 >>
車両リースについて よくあるご質問 >>
リースについて よくあるご質問 >>

お問合せはこちらから

 

会員専用コンテンツ

愚痴や不満にも大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは、勤務条件や待遇、さらには上司などに対する愚痴や不満。もうひとつは、仕事の進め方や設備・環境等に関する愚痴や不満。どちらの不満も訴える職員もいますが、多くの場合、どちらかの傾向が強くなりがちです。 ...続きを読む
厚生労働省は9月7日、介護サービスを受けるのに必要な「要介護認定」について、市区町村の判定業務を軽減する方針を固めた。 ...続きを読む
介護現場からは人材不足の悲鳴が上がっている。東京多摩地区の介護施設長は「人材募集をしても集まらない。職員不足で閉鎖したユニットがある」と打ち明ける。 ...続きを読む
 9月7日の社会保障審議会の「介護保険部会」では、このほか、(1)介護人材の確保、(2)認知症施策の推進-などを議論した。 ...続きを読む
 厚生労働省は8月3日、「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(WG)」の初会合を開催。(1)在宅医療と介護の整合性、(2)在宅医療にかかる医療連携体制、(3)在宅医療充実のための施策-を議題とし、論点を示した。 ...続きを読む

関連情報 その他の記事一覧はこちら>>

 

会員登録いただきますと『介護福祉CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録する