ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 高齢化社会に不可欠の地域包括ケア病棟!維持していくための課題とは?
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス リコーリースの法則

けあコンweekly

1 2 3 7

高齢化社会に不可欠の地域包括ケア病棟!維持していくための課題とは?

けあコンweekly 高齢化社会に不可欠の地域包括ケア病棟!維持していくための課題とは? 医療でも介護でも、施設から在宅への移行が急速に進んでいます。2014年度の診療報酬改定によって導入された地域包括ケア病棟は、その一

介護報酬改定でリハビリに目を向けると施設運営が右肩上がりに!?

けあコンweekly 介護報酬改定でリハビリに目を向けると施設運営が右肩上がりに!? 2015年に介護報酬改定、2016年には診療報酬の改定が行われましたが、2018年には介護報酬と診療報酬のW(ダブル)改定が待ち構えて

地域包括ケアにおける訪問介護のこれから

けあコンweekly 地域包括ケアにおける訪問介護のこれから 2015年の介護報酬改定から、各地域で本格的に地域包括ケアへの取り組みが始まりました。もっともその温度差は地域によってまちまちで、すでに自治体主体で積極的に地

介護報酬改定で施設経営に苦悩…収益改善に向けた行動は待ったなし!

けあコンweekly 介護報酬改定で施設経営に苦悩…収益改善に向けた行動は待ったなし! 2015年の介護報酬改定では、全体でマイナス2.27%の引き下げが実施されました。それによって多くの事業所は、経営方針の変更や収益改

高齢者の生活をバックアップ!地域包括ケアの今と未来を知る!

けあコンweekly 高齢者の生活をバックアップ!地域包括ケアの今と未来を知る! 国が積極的に実施を推進している地域包括ケアですが、いまいちその全体像が見えてこないというのが、多くの事業所の反応ではないでしょうか。実際の

人材育成と管理はどうすべし?ショートステイ事業者の人員基準について

けあコンweekly 人材育成と管理はどうすべし?ショートステイ事業者の人員基準について 在宅で介護をする人にとって、いざというときの心強い味方といえるのがショートステイです。介護離職を防ぐためにも、デイサービスと並んで

ショートステイ事業者になるにはどんな準備が必要?施設基準をクリアするための条件

けあコンweekly ショートステイ事業者になるにはどんな準備が必要?施設基準をクリアするための条件 在宅と施設とを繋ぐ中間事業として、今ショートステイは大きな注目を集めています。家族の介護疲れを緩和するレスパイトケアと

グループホーム設立にはどんな準備が必要?設置基準と運営について

けあコンweekly グループホーム設立にはどんな準備が必要?設置基準と運営について 介護保険創設以来、介護業界で確固とした足取りを残しているのが、グループホームによる認知症ケアです。少人数制と認知症の人に限定したケアは

スタッフの確保がポイント!グループホームの人員基準を理解しよう

けあコンweekly スタッフの確保がポイント!グループホームの人員基準を理解しよう たとえ認知症になっても住み慣れた地域で最期まで暮らしたい…。 そんな当たり前の思いをかなえるためにグループホームは誕生しました。少人数

開業者が知っておくべき有料老人ホームの設置基準のポイント

けあコンweekly 開業者が知っておくべき有料老人ホームの設置基準のポイント 施設の中では比較的始めやすい有料老人ホーム。しかし有料老人ホームを始めようと考えてから開設までには非常に長い道のりが待ち構えています。 決断

正しく理解しよう!有料老人ホーム人員基準の内容とは

けあコンweekly 正しく理解しよう!有料老人ホーム人員基準の内容とは 施設運営は介護業界の中では参入障壁の高い分野です。通所介護や訪問介護に比べて初期投資が莫大なものになりがちですし、介護保険施設を運営しようと思えば

施設の違いを知ろう!有料老人ホームの種類と運営主体による分類

けあコンweekly 施設の違いを知ろう!有料老人ホームの種類と運営主体による分類 内閣府が発表している平成28年版高齢社会白書によると、介護を受けたい場所として「自宅」と答えた人の割合は男性42.2%、女性が30.2%

健全な経営が基本!社会福祉法人の監査基準について

けあコンweekly 健全な経営が基本!社会福祉法人の監査基準について 非営利法人として、高い公共性を持つ社会福祉法人。自社の利益を第一に考える営利企業とは異なり、利益追求だけでなく地域福祉に貢献することが求められていま

高度な専門性が必要!?社会福祉法人における新会計基準とは

社会福祉法人における会計基準は、一般企業と異なる点が多々あります。平成24年4月から適用された新会計基準によって、その傾向はより顕著になったといえるでしょう。では、新会計基準はこれまでの会計基準とどのような点が異なるのでしょうか?

ガバナンスの強化が重要!社会福祉法人の制度改革について

社会福祉法人を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。内部留保額が一施設あたり数億円あると言われ、制度改革が声高に叫ばれている現在、各法人が自発的にガバナンス強化を進めていく必要があるのかもしれません。社会福祉法人本来の責務を果たし、地域社会のニーズを適切に汲み取って、地域社会から認められる法人となるためには、どのような努力をしていけばよいのでしょうか?

1 2 3 7