ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 広がる保険外サービス、どんな種類がある?
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス リコーリースの法則

けあコンweekly

スタッフの確保がポイント!グループホームの人員基準を理解しよう

たとえ認知症になっても住み慣れた地域で最期まで暮らしたい…。

そんな当たり前の思いをかなえるためにグループホームは誕生しました。少人数で、家庭に近い環境で暮らすことのできるグループホームは、認知症の人のみならず、介護が必要な人にとって魅力的な受け皿となっています。

そんなグループホームを経営の側から眺めてみたとき、どのような景色が見えるのでしょうか。

今回はグループホームを運営する上で必要不可欠な知識ともいえる、人員基準について学んでいきましょう。

 

<グループホームの管理者に求められる知識とスキル>

グループホームは正式名称を認知症対応型共同生活介護といい、認知症のある人に効果的なケアを提供することに重点を置いた施設になります。そのため管理者に求められる知識やスキルは、一般的な管理者と比べると、より現場に即したものが求められることがほとんどのようです。それは管理者の条件として、認知症ケアを特養や老健、グループホームなどで3年以上経験していることが求められている点からも、うかがい知ることができるでしょう。

グループホームは1ユニット(5~9名)ごとの運営が基本となり、ユニットごとに常勤の管理者を1名置くことが定められています。このことから分かる通り、特養や老健といった大規模施設の管理者(施設長)とはその役割が明確に異なります。それらの現場に即していえば、各ユニットやフロアを統括するユニットリーダーや介護主任が、グループホームにおける管理者に当たるといえます。グループホームの管理者はそれらの職種と同様、現場の介護職を兼務していることも少なくありません。

職員や入居者の状態を正確に把握するだけでなく、現場に出て認知症がある人のケアまで求められるのが、グループホームの管理者の役割といえるでしょう。そのためには管理業務を行うための知識・スキルだけでなく、認知症ケアに関する深い知識も必要となります。

 

<利用者の人数に応じたサービス管理責任者の人員基準>

グループホームの最大のメリットは、住み慣れた地域で、家庭的な人数で生活できる点です。自然運営単位は小規模になり、1ユニット5~9名が基本となります。ユニットは最大2つまで有することができるので、一般的なグループホームでは18人ほどの人が生活していることになります。

人員基準はユニットごとに定められており、1つのユニットに介護職員の他に、管理者と計画作成担当者を置くことが義務付けられています。また、グループホーム全体で1名の代表者が必要です。介護職員が入居者数に対して3:1の配置が求められる点は、特養などと変わりありませんが、特徴的なのが看護師の配置が必要とされていない点でしょう。このことによって、より家庭に近い環境を作りだすことが可能になっている一方、十分な医療的なサービスが受けられないという欠点も生み出してしまっています。

管理者と計画作成担当者、それに代表者にはそれぞれ指定の研修を修了している必要があります。代表者は認知症介護サービス事業開設者研修(実践者研修または実践リーダー研修でも代替可能)、管理者は認知症対応型サービス事業管理者研修(実践者研修の修了が必要)を受講することが不可欠であり、計画作成担当者は実践者研修の修了に加えて、1名は居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)資格が欠かせません。すべてに共通する実践者研修とは、都道府県や政令指定都市が行っている認知症に関する研修で、介護福祉士有資格者レベルの人が受けることのできる研修です。受講希望者は多く、募集定員を超えていることも多いため、グループホーム開設を考えている場合は、余裕を持って受講しておきたいものです。

 

<生活支援員の数と施設の種類による基準の違い>

グループホームは有料老人ホームと混同されがちですが、そのサービス内容はかなり異なります。有料老人ホームの入居用件が、ほとんどの場合年齢だけであるのに対し、グループホームでは認知症の有無が重要な入居条件となっています。また地域密着型サービスに位置付けられている点も特徴です。これらの点をふまえると、グループホームは有料老人ホームよりも特別養護老人ホームに近い性質を持っている、ということができるでしょう。

とりわけ特養の中でも地域密着型小規模特養は、少人数である点や地域密着型サービスである点なども類似しており、多くの共通点を見出すことができます。

違いは、人員基準や設備基準に現れています。1ユニット9人までの人数制限や、看護師の配置が義務付けられていない点などは、特養にはない基準でしょう。他には計画作成担当者がユニットごとに必置されているのも、グループホームならではのことです。通常の特養であれば1施設1、2名のケアマネージャーが配置されていますが、グループホームではユニットに必ず1名の配置となっています(2ユニットの場合片方はケアマネ資格なしでも従事可能)。

グループホームは入居者の数が少ないために、配置される職員の数も相対的に少なくなります。そのため、そこで働く職員には多様な役割が求められるといえるでしょう。管理者と計画作成担当者、あるいは計画作成担当者と現場職員といったように、2つの職務を柔軟にこなすことのできるスキルと知識が求められています。

会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする

弊社へのご意見・ご質問などございましたらこちらよりお願い致します。追って弊社よりご連絡させて頂きます。
出来る限り早急に返信させて頂きますますが、少々お時間を頂戴する場合もございます。何卒ご了承ください。

けあコンシェルについて よくあるご質問 >>
ファクタリングサービスについて よくあるご質問 >>
集金代行サービスについて よくあるご質問 >>
車両リースについて よくあるご質問 >>
リースについて よくあるご質問 >>

お問合せはこちらから