ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 高齢化社会に不可欠の地域包括ケア病棟!維持していくための課題とは?
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス リコーリースの法則

けあコンweekly

【アンケート結果】介護事業を始めるにおいて重要な課題とは?

少子高齢化が顕著になってきていることなど、近年様々なことで何かと話題になることの多い介護事業ですが、今後も介護事業の需要は右肩上がりで増えていくことは間違いないと言われています。
今後新たに介護事業を立ち上げるという人や企業も多いですが、立ち上げの際に課題となるのはどういった部分にあるのかアンケートをとってみることにしました。

 

質 問 介護事業を始めるにあたって課題と認識されることは次の内どれですか?
回答数 スタッフ人員の確保:61
人材育成:18
開業資金の調達:7
介護施設の構築:8
介護制度の把握:6

<これが無ければ始まらない人員確保>

アンケートの結果、スタッフ人員の確保が61%で最も多い結果となりました。

  • 人手不足が懸念される業界の為、事業開始の段階で人員が不足するのは話にならない。(40代/男性/無職)
  • 身近に介護の仕事をしている者がいるが、いつも人手が足りないので忙しいと言っているから。(40代/男性/会社員)
  • 介護事業の問題点は、低賃金でハードな仕事。そのためすぐスタッフは辞めてしまうので、 常に人員を確保していなければならない。(40代/男性/会社員)

 

テレビの報道などでも人員確保の問題はよく取り上げられますが、実際に介護の仕事をしている人が身近にいる人などにおいてはよりリアルにそういった現状を聞かされている人もいるかもしれません。
介護というのは直接人と人が繋がる職場ですし、人というのはもっとも重要なものなのですが、他の業種であれば人材の育成に苦悩するケースが多いですが、介護の場合は低賃金労働であることなど様々な事情でその前時点である人員確保が難しいというのがやはり一番の課題になる部分なのでしょう。

 

<育成することが出来るかどうかも重要>

アンケートの結果、人材育成が2番目に多い結果となりました。

  • やはり人間に対してする仕事なので、やさしい人を育てていかなければならない、ということがものすごく重要になってくると思う(40代/男性/パートアルバイト)
  • 労働は対価あってのものですが、介護する側の人は低所得低賃金労働となっている現状、資質を備えた適切な人材確保が難しいと考えています。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 人の命を預かる仕事なので、適正な人材を育成することが大切だと思います。(30代/男性/会社員)

 

介護の仕事というのは一般的な仕事よりも人と接するということで、よりプロフェッショナルを求められる仕事になるので人材の育成というのはとても重要になるということですね。
低賃金など人材の確保が難しい上に、さらにレベルの高い仕事を行える人材をその中空育てるというのは重要かつ難しいことと言えるでしょう。

 

<働く人だけでなく利用者にとっても重要な施設>

アンケートの結果、介護施設の構築が3番目に多い結果となりました。

  • 手摺り、洗面所、便器などの配置により、要介護者の自主性や、介護する側の負担に大きく影響を与えると考える為。(30代/男性/公務員)
  • 介護事業はサービス業であるので、施設の充実はサービス内容の充実に直結していると思うから。(30代/男性/会社員)

 

介護事業を行うにはもちろん、施設が必要なわけですが、認可を受けるためには要件を満たす必要が出てきますし、介護以外の事業であれば不必要なものなども設置しなければならない訳ですからその分コストも高くつきやすくなってしまいますね。
施設の充実というのは働く人にももちろん大きいですし、利用する人にとっても施設選びを大きく左右する部分なので非常に重要と言えるのかもしれません。

 

<資金や制度についての把握も欠かせない>

アンケートの結果、4番目以降は開業資金の調達に次いで介護制度の把握の順となりました。

  • 先立つものがなければなんにも始まりません。やはりお金が必要でしょう。(30代/男性/無職)
  • 介護事業は年々厳しくなるので採算ベースに乗るまでの運転資金を含めた開業資金の確保は重要だと思います。(40代/男性/パートアルバイト)
  • やはり、基本的な仕組みを学ばなければ、その先の展開ができないので。(40代/男性/自営業(個人事業主))

 

資金については、やはり何だかんだ言ってもお金がなければ何も始まらないということかもしれませんね。
今の介護事業の様々な問題点もこのお金の部分が根っこの部分でかなり大きいものになっていますし、事業である以上お金の事は第一に考えなければいけない部分なのでしょう。
また、介護は精度もよく変わるものなので、そういった部分もしっかりと把握していないと事業として成り立たすのは難しいですよね。

 

<人とそれを支えるものが大切である>

アンケート結果を見ると人材についての回答が大半を占めています。
介護は人が人を助けるという仕事になるので、人がいないと始まらないですしその人も育たないと続きませんよね。
しかし、その人を支えるには十分な賃金などが無いとなかなか難しいものですし、現代の介護事業の問題はこの辺りにあるのかもしれません。
これからも需要は増えていく事業になりますので、これから立ち上げる場合においては様々な課題をしっかりとクリア出来るように進めていく必要があるということですね。

(「けあコンシェル」調べ)

■調査地域:全国
■【性別】男性 【年齢】30 – 39 40 – 49 50 – 59
■調査期間:2016年03月29日~2016年04月12日
■有効回答数:100サンプル

●参考:以下アンケート結果
介護事業を始めるにあたって課題と認識されることは次の内どれですか?

 

スタッフ人員の確保

  • 第一には不規則かつ重労働の勤務のため応募者が限られること。第二にはそれに見合うだけの報酬が少ないこと。 第三に一定の資格が必要な場合も多く、人材の裾野が狭いという問題があります。 応募者によっては異職種からの安易な転職を志すケースもあって、雇用と人材のミスマッチが かなりの確率で起きています。(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • 何の事業もそうですが、人を集めるのが一番大変、特に介護事業は賃金が低くその傾向が強い。(50代/男性/会社員)
  • どこでもそうだと思いますが、まずスタッフ人員が足りません。資格保有者を確保するのは大変だと思います。(40代/男性/会社員)
  • 給料が低い中でスタッフ人員の確保をするのは非常に困難になるから(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 上記のいずれも重要ですが、あえて「スタッフの人員確保」を挙げたのはここ数年景気が回復傾向にあるためか、福祉に人員が集まりにくい状態が続いているからです。幅広い視野で物事を見ることのできる人材を集めることが大切だと思います。(40代/男性/会社員)
  • 人手不足が懸念される業界の為、事業開始の段階で人員が不足するのは話にならない。(40代/男性/無職)
  • ニュースになるほどなので、とにかく介護関係のスタッフ・人材が不足していると思います。(50代/男性/専業主夫)
  • この中の全てが課題だと思いますが、仕事はきついわりに給料が安いのでどうしても仕事をする人が集まらないのは一番の課題だと思います。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • スタッフがとても重労働ですぐに辞めてしまう。とてもハードな仕事内容だからこそ、その場所に適応できる人員を確保するのはとても難しいと考えるため、課題となる。(30代/男性/無職)
  • 最近では介護スタッフの物騒なニュースが相次いでいるので心身健康なスタッフの確保が最重要と考えます。(40代/男性/会社員)
  • 事業初期においては、実際の現場を任せられるスタッフが必要と捉えていますので。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 現状、福祉や介護は人が足りておらず難しい状況である。また、労働状況も厳しく改善が必要。社会全体で解決していかなければならない(30代/男性/会社員)
  • ニュースなどでも知られているように、介護福祉の現場では人材不足が大きな問題となっているからです。(50代/男性/無職)
  • 離職率が非常に高い仕事なので、スタッフの確保は困難な事業だと思いますね。(30代/男性/会社員)
  • まずは人員確保ですね!人が集まらなければ一人一人の負担がきついですよね(40代/男性/会社員)
  • 体力、精神力のいる仕事だとわかっているので、スタッフを募集集めるのが大変だと思う。(40代/男性/会社員)
  • 介護現場に人が集まらないため、スタッフの人員確保が最重要です。有能な人材が必要です。(50代/男性/公務員)
  • 介護は人材不足が問題になっているので、人材の確保は重大な課題だと思う。(30代/男性/会社員)
  • 低賃金と重労働が世間で認識されているので、人員を確保するのは、大変です。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 優秀な人材がどれだけそろえられるかですね。動かない、仕事しない人は不要です。(40代/男性/会社員)
  • 以前、委託で料理人として老人ホームで仕事をしていましたが、介護士の方の仕事内容に対して時給が低く、志はあっても、夜勤などに対応できなかったり、介護作業で腰などを痛めてしまい仕事を続けて行けないかたがいることを知っているため(30代/男性/会社員)
  • 今はどの産業を見ても、人手が足りていない所が多いため、人員の確保が大きな課題となると思うからです。(30代/男性/その他専門職)
  • 現状、介護の現場は非常に厳しく、また賃金も決して恵まれているとは言えない為、優秀な人材を如何にして確保するかが課題だと考えています。(40代/男性/会社員)
  • 介護事業でのスタッフの長時間労働や待遇が悪いイメージがあるので、やりたい人間が余り集まらない。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 保育と同様にキツイ仕事でありながら、賃金が安いことによるスタッフの確保が 難しいと感じている。またスタッフのストレスもたまりやすく虐待などの 問題も発生することから、熟練していてかつ、安定して問題を起こさない スタッフを確保できないとスタートにつまずいてしまうと感じている。(30代/男性/会社員)
  • 成り手が少ないので、いかに人を確保できるかにかかっているといっても過言ではない(40代/男性/会社員)
  • 介護事業は多忙なうえになり手が少ないことから業務を円滑に進めるために余裕をもって人員を確保したいため。(30代/男性/会社員)
  • 介護業界は激務の割に給料水準が低く優秀な人員を必要数確保するのは大変だと認識しております。(40代/男性/会社役員)
  • とりあえずスタッフ何も始まらないから。次にお金がないと駄目だと思う。(30代/男性/会社員)
  • スタッフの募集をしても、介護の仕事をするよりはレジ打ちなどの比較的軽度な仕事を求めている人が多いことを知っているので、スタッフを集めることが大変でありかつ事業を始めるうえではまず手始めにはじめなければいけないと思うから。(30代/男性/会社員)
  • 介護の仕事に従事している方々は、給料のわりに相当の重労働であることから担い手が少ない。またお年寄りなどを相手にしてのストレスから事件や事故になる事象も増えてきていることから、人としても誠実でかつ献身的に従事できる人材を確保しなければならない。(40代/男性/会社員)
  • 安易に外国人を採用するのでは無く、安心できる日本人のスタッフの確保が介護される側にとっても重要だと思います。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • 人員がいなければ何もできないから。 人手があればそれだけ介護にも余裕が出来るから。(30代/男性/無職)
  • 介護関連の賃金は労働に見合ってなく低いのでなり手が少ないのが現状です。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 介護事業の問題点は、低賃金でハードな仕事。そのためすぐスタッフは辞めてしまうので、常に人員を確保していなければならない。(40代/男性/会社員)
  • 最近では介護で働く人が前に比べて激減しているからスタッフの確保は大事だと思う。(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 給与面でスタッフの確保が難しいと考えています。悪いイメージが既についてしまっているので。(40代/男性/自営業(個人事業主))
  • スタッフ人員の確保でしょうね、いまはなかなか集まらないから難しい。(30代/男性/会社員)
  • 介護事業にあたっては、人員の安定した確保が一番の問題となっているから(30代/男性/会社員)
  • 身近に介護の仕事をしている者がいるが、いつも人手が足りないので忙しいと言っているから。(40代/男性/会社員)
  • 介護関係の仕事の賃金は労働に似合わずとても低いのでなり手が少ないのが現状です。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • なかなかいいイメージがない中で人員を確保するのはとてもむずかしいと思う。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 賃金が低いので、長期で働いてくれる人材が集まりにくい。直ぐに辞められてしまうと利用者の信頼が得られない。(40代/男性/公務員)
  • どんな事業でもそうですが。人員が足りないと。いい仕事が出来ませんですからね(30代/男性/契約派遣社員)
  • きつい仕事のわりに、雇用条件が悪いので、スタッフの人員を確保することが一番難しいと思います。(40代/男性/無職)
  • を人材の確保がなければ円滑に仕事がすすまないので、お客様にサービスがいきわたらない。(30代/男性/会社員)
  • スタッフ人員の確保だと思いますね。 やはり時間が不規則で体力的にも精神的にもきついという印象が持たれているため、なかなか人手が足りていないという現状がありますから。(40代/男性/無職)
  • スタッフの人材確保が社会問題になっているとよく聞くからです。(40代/男性/その他専門職)
  • どこの介護施設も人員が不足しているので、スタッフ人員の確保が課題とされていると思います。(30代/男性/会社員)
  • 一旦事業を始めてしまうとこれらのいずれも大事であるが、最初に大事なのはある程度の人員を確保する事であると思われる。1人では何も出来ないので。(40代/男性/会社員)
  • 適正な知識と経験を持ち、かつ、給与に納得してもらえる人員の獲得がまず一番の障害ではないかと考えたから。(30代/男性/会社員)
  • とにかく需要もやる気もあるのだが、人が足らずどうにもならないと介護関係で働く人に聞いたので。(40代/男性/会社員)
  • 急な退職もよくあるので、スタッフの確保は大きな課題となっています。(30代/男性/契約派遣社員)
  • 介護事業を始めるにあたって課題と認識されることは次の内どれですか?というのに関しては、スタッフ人員の確保。(40代/男性/パートアルバイト)
  • ずっと、人手不足が続いており、募集をずっとしている状態なので。(30代/男性/会社員)
  • とにかく人が集まらない。理由は簡単、仕事の大変さに給料が安いから(50代/男性/契約派遣社員)
  • 多くの介護事業所で人員不足により業務が円滑に回っておらず、また新しく介護業務に従事したいと志願する人間が少ないため(30代/男性/パートアルバイト)
  • 介護現場での業務は過酷であり、なおかつ賃金も低いので人の入れ替わりが激しいため。(40代/男性/会社員)
  • 介護事業を始めるにあたって課題と認識されることはスタッフ人員の確保です(50代/男性/会社員)
  • どこの施設もスタッフ不足で大変だから。給与を高くすればもっと人は集まると思います。(40代/男性/会社員)
  • 介護は大変ですので、まずは『量』を確保しないと成り立たないと思う。(40代/男性/無職)

 

人材育成

  • 介護は人と人のつながりが大事であるのでそのための育成が重要だと思っています。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • やはり人間に対してする仕事なので、やさしい人を育てていかなければならない、ということがものすごく重要になってくると思う(40代/男性/パートアルバイト)
  • 労働は対価あってのものですが、介護する側の人は低所得低賃金労働となっている現状、資質を備えた適切な人材確保が難しいと考えています。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • サービス内容によって入居者の確保が決まってくるので、人材育成が課題です。(30代/男性/会社員)
  • 年々減っていってる気がするので、人材については考えないといけないところだと思います。 (30代/男性/士業(弁護士・会計士など))
  • 介護事業を始めるにあたっては、介護をしたいと心から考えている人材の育成が必要だと思います。介護職員の中にはお金だけで介護をしている人もいるみたいですが、介護される側にたってみればやはり心のこもった介護を受けたいと思うからです。(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 私が過去に見た施設では、待遇面や人材育成の面で施設側の対応があまりにもひどいせいで、現場は常に人材不足であると感じた為(40代/男性/会社員)
  • 設備や制度の把握などは当然として、一番重要なのが人材であると考える。 また、人材といっても数をそろえればよいわけではなく、量より質が大事であると考えるため、人材育成が最重要課題であると考える。(30代/男性/無職)
  • 介護福祉士の資質が最近の問題だと考えますので、 もし事業を考えるとしたら、スタッフをただ人数 合わせするのではなく、ちゃんと人間性育成に努めるべきだと思います。(50代/男性/無職)
  • 人の命を預かる仕事なので、適正な人材を育成することが大切だと思います。(30代/男性/会社員)
  • 対人間の仕事なので、おろそかにしないように,サイショらしっかりとした育成が必要だから(30代/男性/会社員)
  • 人数は集えば何とかなるし介護制度は解らなければ勉強すればよい。 その他も何とかしようと思えば何とかなる。 だが人材の育成だけは丁寧に行わなければ悲劇を生むだけではなく、重篤な事件にもなりえると思う。(40代/男性/自由業・フリーランス)
  • 介護事業を始めるにあたって課題と認識されることは人材育成なのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
  • 人材育成ですね。人材不足の世界ですし給料が安いからいい人材が集まらない。なので育成のためのプログラムをきちんとしたいと思う。(30代/男性/無職)
  • 同じ職場で働く者同士の意思疎通を図り、同じ目的をもって働くことができなければ事業として成り立たないと思います。(40代/男性/会社員)
  • 特に中堅の実務者は介護施設のレベルを決めるのでその為には育成によるスキルアップしかないでしょう。(50代/男性/無職)
  • 比較的離職率が高い業界であるものの、安定的な経営を行い、利用者の信頼を得るためには、現場職員の長期的な育成が不可欠であると考えます。(30代/男性/会社員)
  • 規模が小さな事業所では、規模が大きな事業所に比べて、研修支援といった能力開発への取組を行っている割合が少なく、離職率も高い。(40代/男性/契約派遣社員)

 

開業資金の調達

  • 介護事業は年々厳しくなるので採算ベースに乗るまでの運転資金を含めた開業資金の確保は重要だと思います。(40代/男性/パートアルバイト)
  • 資金を集められるかが一番の不安材料です。貸す側も相手を選びますから。(30代/男性/会社員)
  • 先立つものがなければなんにも始まりません。やはりお金が必要でしょう。(30代/男性/無職)
  • 介護と保育の給料が他産業に比べて低いために、やる気があってもそれに見合うだけの給料を支払う事が出来なければ、利用者への介護サービスは低下してしまいます。給料が支払えれば、スタッフの確保と育成につながり、施設の評価は高くなります。(50代/男性/パートアルバイト)
  • お金さえあれば人員も何とかなるが、そのお金を最初に使う開業資金が高いと他にまわせない。(30代/男性/パートアルバイト)
  • なんにせよ、まずは資金の調達のことを考えることになると思うので。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 被介護者への対応は一番であると思うが 介護職員への給料問題は切実だとおもう。 一部の事業は安定した手取りを渡していると思うが 都会で、定時業務+残業+夜勤を経験している友人は 手取り13万前後で頑張っているところを見ると 職員への手取りを事業がきちんと払うことが大切だとおもう。(30代/男性/自由業・フリーランス)

 

介護施設の構築

  • 手摺り、洗面所、便器などの配置により、要介護者の自主性や、介護する側の負担に大きく影響を与えると考える為。(30代/男性/公務員)
  • 現在、全国的にケア施設の建設が進んでいるが、いずれ飽和状態となることが予想される。その場合、固定費となる施設維持費が大きな経営課題となると思われるよって、施設ありきの開業はリスクが高く、意思決定をする上での大きな課題であると考える。(40代/男性/会社員)
  • 介護施設の構築はむずかしいですね、いろいろ規定があって満たすのが大変(30代/男性/会社員)
  • 介護事業はサービス業であるので、施設の充実はサービス内容の充実に直結していると思うから。(30代/男性/会社員)
  • 施設の許可が下りるのが難しそう。役所の出す条件が分かりにくい。(40代/男性/無職)
  • 認可を受けるために施設の面積とかいろいろと要件を満たさなくてはいけないので一番大変そう(30代/男性/自由業・フリーランス)
  • 資金も必要だが運営するための維持費やら介護施設の構築のほうが最優先だと思うから。(30代/男性/会社員)
  • 労働しにくい環境ではスタッフは大事にされていないと感じどんなに苦労してスタッフを集めても、すぐに離れていってしまいます。逆に労働しやすい環境では大事にされていると感じ忠誠心も上がります。特に肉体労働ですのでスタッフがリラックスできる環境を整える事は大事だと思います。(30代/男性/会社員)

 

介護制度の把握

  • 事業を始めようとするならば、先ずはその業界についての知見を十分に習得するべきである。(30代/男性/無職)
  • 介護事業を始める時、課題と認識されることといえば、介護制度の把握だと思います。(40代/男性/無職)
  • 今回の回答に対して自分の答えたはこうなりました。なぜ、この質問に介護制度の把握を選んだかというと代々の制度上を理解しそのあと課題や認識が伴ってくるとおもいましたのでその回答にしました。(30代/男性/会社員)
  • 起因として、融資が円滑に進まないことが課題の1つとして考えられるところです。(30代/男性/無職)
  • 介護制度は難しく、変更になることも多いので介護制度の把握が過大だと認識されます(30代/男性/会社員)
  • やはり、基本的な仕組みを学ばなければ、その先の展開ができないので。(40代/男性/自営業(個人事業主))

会員登録いただきますと『介護福祉CaseStudy』や『介護Report』の閲覧のほか、介護業界の旬な情報をお伝えするメールマガジンをお届けいたします。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録する

 

弊社へのご意見・ご質問などございましたらこちらよりお願い致します。追って弊社よりご連絡させて頂きます。
出来る限り早急に返信させて頂きますますが、少々お時間を頂戴する場合もございます。何卒ご了承ください。

けあコンシェルについて よくあるご質問 >>
ファクタリングサービスについて よくあるご質問 >>
集金代行サービスについて よくあるご質問 >>
車両リースについて よくあるご質問 >>
リースについて よくあるご質問 >>

お問合せはこちらから

けあコンシェルがご提供するサービス一覧
法人設立 介護事業に最適な法人は!?
事業所開設(デイサービス) デイサービスをはじめるには!?
事業所開設(訪問看護) 訪問看護ステーションをはじめるには!?
事業所開設(小規模多機能) ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
社会保険 法人の加入は必須です!
商圏分析サービス(簡易版) 簡易調査レポート(無料)
介護ファクタリングサービス 介護報酬の早期資金化
口座振替サービス 自己負担分回収の効率化
資金調達(創業時) 開業資金の調達先は!?
車両リース 手元資金を残して福祉車両を利用
リース 手元資金を残して事務機器/リハビリ機器を利用
ローン ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
助成金 知らないと損をしてしまいます!
【会員限定】助成金一覧 助成金のご紹介!
【会員限定】社会保険料削減 削除方法をお教えします!
損害保険 リスク対策は万全ですか?
介護ソフト 介護ソフトとは?!
実地指導 開業後の法令遵守と日頃からの準備!
防災対策 防災準備は万全ですか?
人材育成 職員を定着させるには?
人材紹介 ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
介護事業所 売却・買取 ただいま準備中です。しばらくお待ちください。
レクリエーション ただいま準備中です。しばらくお待ちください。