介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

【Report】特筆すべき効果、独創性がある事業を紹介

~地域において主体的に活動を推進
2017/04/10
【Report】特筆すべき効果、独創性がある事業を紹介
WAM助成では、助成事業を実施した翌年度にその成果などについて事業評価し、評価の結果、特に優れている事業については、幅広く紹介し普及を図ることとしている。今般、2015年度助成事業の評価結果の中から、特に優れていると評価された事業について取りまとめたので、ここに抜粋する。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

介護保険外サービスは、介護保険が適用されないサービスのことです。つまり、利用するときはすべて自己負担になります。介護保険外サービスには数多くの種類があることから、利用者の状態によって適切なサービスを提供できるというメリットがあります。そのため、今後の成長が期待される分野であるといえるでしょう。しかし、問題点があるのも事実です。この分野で事業をおこなうのであれば、しっかりと把握しておきたいところです。 そこで今回は、事業者が考えるべき介護保険外サービスの課題について解説します。

社会保障審議会・医療保険部会は7月19日、フレイル(虚弱)対策に主眼を置いた高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施を検討する「有識者会議」の設置を了承した。

介護療養病床の多くを介護医療院に移行する陵北病院。介護医療院への見解と、自院の転換についての考え、療養病床全体を踏まえての対応のあり方を聞いた。

加藤勝信厚生労働大臣は7月17日、総務省の就業構造基本調査で、2017年の介護離職者が9万9,000人に及ぶことが明らかになったことを受け、「介護の受け皿整備を強力に進めていきたい」との意欲を表明。

総務省が7月13日に公表した「平成29年(2017年)就業構造基本調査」によると、過去1年間に「介護・看護のため」に離職をした人は9万9,000人に上ることがわかった。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る