介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

歩行支援ロボット、最新器具導入でさらにカスタマイズされたリハビリが可能な環境に

保険外サービスとしてのリハビリ
2018/05/21
歩行支援ロボット、最新器具導入でさらにカスタマイズされたリハビリが可能な環境に
リハビリおよびヘルスケア事業を展開する株式会社ワイズ(早見泰弘会長兼CEO)は4月に、同社10施設目となる脳梗塞リハビリセンター池袋を開設した。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

厚生労働省は11月13日、2018年8月の「介護保険事業状況報告の概要(暫定版)」を公表した。

介護医療院の要件では管理栄養士が常勤でなくても、「栄養マネジメント加算」の算定が可能と聞きましたが、可能なのでしょうか。

社会保障審議会・介護給付費分科会は11月12日、2019年10月の消費税率引き上げに向けた対応を議論した。

独立行政法人福祉医療機構はきょう11月9日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付-の「固定金利」と「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率をそれぞれ改定した。詳細は以下の通り(P1~P6参照)。

日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月8日会見し、病床面積4.3平方メートルの一般病床の6年以内の廃止を提案した。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る