介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

動き出した「介護医療院」~積極的な「転換支援策」導入と同時に、3年後に予想される大胆な再編

厚生労働省は既に近い将来の「梯子外し」を考えている?
2018/12/13
動き出した「介護医療院」~積極的な「転換支援策」導入と同時に、3年後に予想される大胆な再編
前回までは、介護報酬の「移行定着支援加算」等を始めとする新設の各種加算や、届出病院のケーススタディによる広報活動等の動きを先に紹介したが、ここからは、「介護医療院」の具体的な施設要件や入所者要件の内容等について検証したい。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

地方の介護施設は、介護ロボットの導入に関心を持っています。導入支援策として、厚生労働省独自の補助金や助成金の活用は可能なのでしょうか?

社会の高齢化に伴い介護士の必要性は更に増していますが、介護の現場では深刻な人手不足に陥っているのが現状です。人手不足になる原因の1つは「仕事がきつい」ということです。肉体的にも精神的にも大きな負担がかかる介護の仕事は、介護士として働く人の意欲をそぎ落としてしまうほど大変なものです。今後、責任者として介護事業に携わっていくのであれば、いかに介護士の負担を減らせるかが重要になるでしょう。 ここでは、介護現場の人手不足を乗り切るための3つの方法を紹介します。

国交省スマートウェルネス事業に提案するスキームを作る上で、「地域包括ケアへの貢献」を織りこむ必要があるのでしょうか。

厚生労働省は12月28日、2018年5月および6月審査分の「介護給付費等実態統計月報」(旧・介護給付費等実態調査月報)を公表した。

2018年4月同時改定でも介護職員の処遇改善加算がありましたが、今後の方向性はどのようになるのでしょうか。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る