介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

[改定情報] 19年度介護報酬改定、【特定処遇改善加算】を新設へ

社会保障審議会 介護給付費分科会(第168回 2/13)《厚生労働省》
2019/02/15
[改定情報] 19年度介護報酬改定、【特定処遇改善加算】を新設へ
社会保障審議会・介護給付費分科会は2月13日、2019年10月の消費税率引き上げに合わせて行う介護報酬改定の案を了承した。介護職員の処遇改善と、消費増税相当分の介護報酬への上乗せを行う。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

そのデイサービスはびっくりするほど狭い。施設の面積は施設基準最低限度の一人3㎡。人がすれ違うのも少し気を遣うほどの広さです。このくらい狭いと、壁や物が近くにあります。だから、利用者は少しふらつけば壁に手をつくことができたり、物に手を掛けながら立ち上がったりすることができます。

世間ではいろいろなハラスメントが問題視されていますが、ケアハラスメントもそのうちの一つです。介護を受ける高齢者の数が増加の一途をたどる現代で、ケアハラスメントは決して見過ごすことのできないものとして社会問題化しています。ケアハラスメントの被害に遭うことによって職を辞めざるを得なくなる介護従事者も多く、その対策が必要です。ここでは、ケアハラスメントとはどのようなものなのか、そして、介護職を減らさないためにはどのような対応をするべきなのかを詳しく解説します。

介護を仕事にする人にとって悩ましいのが、ケアハラスメントの問題です。利用者のケアを行う際に行われるハラスメントは、ケアの実施を困難にするだけでなく、直接的な被害を受けることもあります。そうしたことが続けば、介護従事者の働く意欲を削ぎ、離職することにもなりかねません。ケアハラスメントの問題を解決するためには、ハラスメントを受けた職員のケアはもちろんのこと、問題が発生する原因を明らかにすることが大切です。ここではケアハラスメントの具体例や、解決策についてみていくことにします。

私はこれまで系列医療法人病院の事務次長を長らく務め、人事異動により今年度から社会福祉法人の運営する特別養護老人ホーム施設長を担当することになります。現在、介護保険制度や社会福祉事業等について勉強している最中です。

株式会社リクルートキャリア(東京都千代田区)が行う、日本の介護サービス業の就業人口を増やすためのプロジェクト『HELPMAN JAPAN』は、介護サービス業で働く人の満足度の実態を明らかにするために、全国の介護職従事者を対象に調査を実施。このたび調査結果がまとまり公表した。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る