介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

外国人介護人材のリスク軽減インターンシップで相性確認

2019/04/18
外国人介護人材のリスク軽減インターンシップで相性確認
介護分野が最も人手不足に直面している業界であることは、有効求人倍率が示している。 2017年度の有効求人倍率は3.64倍で、全産業平均の1.54倍と比べて2ポイント以上高かった。この窮状の打開策として改正出入国管理法で創設された新在留資格「特定技能」が今年4月に施行される。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

日本医療研究開発機構などは3月13日、「介護ロボットの活用に向けた人材育成」のシンポジウムを開催。介護ロボットメーカーへの新カリキュラムの周知や導入事例を紹介しながら、今後のロボット普及に弾みをつけた。

2019年に見直しが行われる介護福祉士養成課程の新カリキュラムでは、介護ロボットを含めた福祉用具を活用する意義やその目的の理解が含まれるなど、教育現場でも介護ロボットが着目されている。

これまで要介護者のケアのための施設として運営されていた療養病床に替わり、新たに「介護医療院」が登場しました。介護医療院は、従来の療養病床では十分とは言えなかった部分のケアを充実させるために作られた施設です。そこで、介護医療院とは具体的にどのような目的の施設で、どのようなサービスがあるのかについて紹介します。また、介護医療院のメリットや入所を考えるにあたって押さえておくべきポイントについても見ていきましょう。

安倍総理大臣が、今後の認知症施策として「共生」と「予防」という政策を掲げました。具体的には認知症施策はどのように変わるのでしょうか。

厚生労働省の「科学的裏付けに基づく介護にかかる検討会」は5月9日開かれ、介護サービスによる介入とその効果に関するエビデンスを蓄積する、新たな介護データベース「CHASE」について議論した。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る