介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

[改定情報] 介護医療院への転換で行政対応への問題提起も 入院分科会

診療報酬調査専門組織 入院医療等の調査・評価分科会(令和元年度第4回 7/3)《厚生労働省》
2019/07/05
[改定情報] 介護医療院への転換で行政対応への問題提起も 入院分科会
診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は7月3日、【療養病棟入院基本料】や入退院支援などについて議論した。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

厚生労働省の「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」は7月16日、取りまとめを公表した。

ケアミックス病院の看護部長を務めた経歴を持ち、病棟現場を中心としたコンサルタントとして活躍する杉浦鉄平・メディテイメント株式会社代表取締役は、「肝心なことに手がつけられていない」と指摘する。

2012年に制定された放課後等デイサービスは、障害児が放課後に安心して過ごすことができる居場所として活用されてきました。2017年と2018年に制度改正が行われているため、運営基準を満たす人員配置について確認することが必要です。新規で事業を始める場合はもちろんですが、運営中の事業者も再確認しておくことをおすすめします。基準を満たすためのコツをつかんでおけば、返金処分などの処置を受けることもないでしょう。

中央社会保険医療協議会・総会は7月17日、介護と医療の連携や、診療報酬に関連する情報の利活用と事務の効率化・合理化などについて議論した。

2018年度介護報酬改定で新設され、「医療と介護との連携」によりターミナルケアを進める「ターミナルケアマネジメント加算」を算定する場合、私たちはサービス担当者会議を招集する必要はないのでしょうか?

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る