介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護職が安心して働ける看取り介護の指針とは

2017-10-02
介護職が安心して働ける看取り介護の指針とは

これまで病院で最期を迎えることが当たり前だった時代も、社会の高齢化が劇的に進むにつれて少しずつ変化を見せはじめています。特にここ数年は看取り介護の重要性がクローズアップされてきました。必要な医療を自宅や施設で受けながら馴染みの顔ぶれや環境に囲まれて最期を迎えことができる看取り介護は魅力的な選択肢ですが、問題がないわけではありません。とりわけ最期を看取る可能性が高い介護職にとっては、心理的に大きな負担となります。医療的知識が医療職に比べて少ない介護職でも安心してできる看取り介護の指針とはどのようなものでしょうか。

政府の目指す看取り介護の方向性

2015年の介護報酬改定によって、施設での看取り介護はこれまで以上に積極的に推し進められることになりました。看取り介護加算の見直しによって、死亡日以前30日から4日前までの報酬を1日あたり80単位から144単位へと大幅に増やしたのです。加算を算定するためには日々の記録や多職種間での連携などが必要とされますが、以前より看取り介護を行っていた施設にとってはすでに算定要件を満たしていることがほとんどであり、大きな労力をかけることなく収入増加を図ることができました。

一方、これまで看取り介護を行ってこなかった施設にとっても、2015年度の介護報酬改定は大きな転機となりました。2015年の全体改定率はマイナス2.27%であり、これまでと同じことをしていては減収になるのが目に見えています。今後ますます必要性が高まることも踏まえて、2015年度の改定前後から看取り介護を実施するようになった施設も少なくないはずです。

この方向性は今後も維持されていくと考えられます。現在特別養護老人ホームの利用は要介護3以上に限定されていますが、日常生活支援加算を算定するためには新規入居者の70%以上が要介護4以上、もしくは3b以上の認知症度が求められます。要介護度が上がればその分医療行為や看取りのニーズは高まるわけですから、医療職の配置率や看取り介護実施率への加算増額も検討される可能性は高いでしょう。施設にとって看取り介護はもはや「やって当たり前」のサービスになると考えられます。

介護職の心理的負担を減らせる指針とは

施設で看取り介護を行うことが今後は当たり前になっていくわけですが、問題は山積しています。1つ目は、必要な医療職の確保です。医師が常駐している病院や介護保険施設と異なり、特別養護老人ホームや有料老人ホーム、それに現在急速に普及しつつあるサービス付き高齢者向け住宅(通称サ高住)などでは医師は常駐しておらず、定期往診に来るだけのケースがほとんどです。また、夜間帯の看護師の配置が義務付けられておらず、夜間帯は介護職のみの施設が大半を占めています。

このような状況下では、介護職にかかる負担は心理的にも肉体的にも大きくなることは避けられません。夜間帯に亡くなられた場合、少ない人員で多くのことに対処する必要があります。亡くなられた人のエンゼルケアだけではなく、ご家族への対応、それに他の人のケアといった通常業務も含めて、膨大な業務を1人もしくは2人といった少人数で行うことが求められます。心理的な負担も見逃せません。「自分が夜勤のときに亡くなった」と考えるのは、長年介護業界に身を置いているベテラン職員であっても嫌なものです。

看取り介護を継続して行うためには、実際にそれを担うことになる介護職への手厚い支援が欠かせません。ターミナル期に入ったら一時的に人員を手厚くする、看護師の夜間帯配置を行う、看取りにあたった職員の心理的フォローを定期的に行うといった施設の指針が重要です。看取り介護の指針は各事業所でホームページ上に公開されていますので、見比べてみるのもよいでしょう。

高齢者だけでなく・・・施設や職員が孤立しないために

近年では高齢者の孤独死が社会問題として大きく取り上げられています。地域社会で暮らしながら、亡くなったことに誰からも気づかれず、死後数日経って発見されるケースもあります。

高齢者の社会的な孤立は非常に大きな問題ですが、同時に施設や介護職員、介護をする家族も孤立させないための支援が必要です。誰かの最期を看取るということは、決して簡単なことではありません。その人に関する思い出や記憶をたくさん持っていればいるほどに、別れが辛いものになるのは専門職であっても同じことです。

政府は「地域共生社会」をキーワードにした社会の実現を目指しています。地域共生社会とは、その地域に住む人が障害者であれ、高齢者であれ、そして子どもであれ大人であれ、それぞれが役割を持ち、お互いを支え合う社会のことです。その中で介護職や施設が高齢者の看取りという役割を担うように、他の人々も高齢者や介護をする家族や専門職に対して、なんらかの役割を果たすことが求められます。家族であれば負担を分担したり、心理的なフォローをしたりすることもできるでしょう。では高齢者施設で働く職員に対して地域住民はなにができるのでしょうか。

数年前までは施設で高齢者が亡くなると、警察がきて事情聴取をするのが当たり前の風潮でした。それだけ施設で最期を迎えることが珍しいことだったのです。今時代とともにそうした風潮は変わってきています。この状況下で地域住民のより一層の理解と共感が得られれば、施設で働く人たちが孤立せず誇りを持って看取り介護を行えるのではないでしょうか。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

日本の介護現場が苦手とする福祉用具の活用。全職員で介護技術向上に取り組みながら、介護リフトや介護ロボットを徹底活用してきた特別養護老人ホームを取材した。

社会保障審議会・介護給付費分科会は10月15日、2019年10月の消費税率引き上げに伴う、介護保険施設・事業者の控除対象外消費税の問題について、四病院団体協議会(四病協)、全国個室ユニット型施設推進協議会、日本認知症グループホーム協会の関係3団体から意見を聴取した。

2019年10月の消費税率引き上げ時に公費1,000億円を投じて実施する介護職員の処遇改善で、厚生労働省は10月15日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、現行の【介護職員処遇改善加算(I)~(V)】とは別建ての加算報酬で対応することを提案した。

厚生労働省は10月11日、2018年度の介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣表彰の受賞者57名を発表した。

厚生労働省は、「多職種による自立に向けたケアプランに係る議論の手引き」を作成し、10月9日付けの事務連絡で都道府県に送付した。2018年10月から全国平均以上の訪問回数の生活援助中心型訪問介護サービスをケアプランに盛り込んだ場合に、市町村へのケアプラン届出が義務づけられたことを受けての対応。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る