ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー 2018年介護報酬改定に向けた各事業所の動向は
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス クリニック開業のドクターサポート リコーリースの法則

『介護開業』一覧

介護タクシーで開業したい方必見!必要な資格要件とは?

介護タクシーで開業したい方必見!必要な資格要件とは? 日本では今後、高齢者の増加が見込まれる中で、介護業界におけるサービス提供の需要が増えることが予想されています。そのような社会状況の中で、介護ビジネスのひとつとして、介…

介護事業の開業に役立つ!資金調達のススメ

介護事業の開業に役立つ!資金調達のススメ 介護事業を始めるにあたり、十分な額の資金調達をして資金計画を立てることは非常に重要です。計画性をもって開業資金を準備しておかないと黒字経営ができているのに倒産してしまうということ…

介護の開業には必須!?必要な資格や法人形態のルール

介護の開業には必須!?必要な資格や法人形態のルール 介護業界で働くのに必要な資格はありません。しかし、新たに介護施設を開業する場合は必要な資格がいくつかあります。有資格者がいないと、介護の仕事で行える業務を続けることがで…

グループホーム設立にはどんな準備が必要?設置基準と運営について

グループホーム設立にはどんな準備が必要?設置基準と運営について 介護保険創設以来、介護業界で確固とした足取りを残しているのが、グループホームによる認知症ケアです。少人数制と認知症の人に限定したケアは、介護保険発足から15…

開業者が知っておくべき有料老人ホームの設置基準のポイント

開業者が知っておくべき有料老人ホームの設置基準のポイント 施設の中では比較的始めやすい有料老人ホーム。しかし有料老人ホームを始めようと考えてから開設までには非常に長い道のりが待ち構えています。 決断から開設に至るまでの事…

介護ビジネスに参入する前に知っておきたい社会福祉法人の会計基準

日本の社会福祉の発展になくてはならない存在である、社会福祉法人ですが近年では株式会社を代表とする営利団体の福祉分野への参入や、特別養護老人ホーム内での内部留保額が問題になるなど、改めて社会福祉法人という存在を見直す転機が来ているようにも思われます。社会福祉法人はこれまでどのような役割を果たしてきたのか、今後はどうなっていくのか、見てみることにしましょう。

将来ニーズに対応!有料老人ホームビジネスへの参入

介護事業の立ち上げを考える人の中には、有料老人ホームの設立を検討している人もいるでしょう。比較的開業が簡単だといわれる訪問介護事業所や通所介護事業所と比べると、開業時に莫大な資金が必要であり、その分だけリスクも高い事業です。ですがその一方で、介護報酬の切り下げによる影響が大きな通所介護事業所や利益率の薄い訪問介護事業所に比べると、運営が軌道に乗れば安定した収益が得られるのも、有料老人ホームの大きな魅力といえるでしょう。ここでは有料老人ホームを経営するにあたっての、注意点などを見ていくことにしましょう。

介護事業開業、最初の難関は開業資金の確保

開業資金が潤沢にあれば、選択肢も増えゆとりを持った経営を行うことができます。開業資金は多いに越したことがない、というのが、多くの人に共通する認識ではないでしょうか?特に介護事業においては、開業資金の重要性が他事業に比べて大きいといわれています。介護事業を始めるにあたっての注意点を含めて、開業資金確保の重要性について紹介します。

訪問と通所介護事業。それぞれの特長と資金の用途を知る

介護業界への参入を考えるにあたって、まず思いつくのが訪問介護と通所介護事業ではないでしょうか?施設介護サービスに比べると参入障壁が低く、比較的少ない開業資金で始めることができるのが特長です。では、2つの事業で必要な資金はどのように異なるのでしょうか?

介護事業開業に必要な資金とは

どんな事業を行うときにも、必要になってくる開業資金。介護事業の場合、主な報酬が介護保険に由来していますので、一般的な事業よりも、余裕を持った資金の準備が必要となります。開業にあたって必要な資金と、開業数ヶ月にわたって必要とされる運転資金の両面から、介護事業開業時の必要資金を割り出していきましょう。

介護ビジネス開業への道 (17)ショートステイ

ショートステイは「短期入所生活介護」のことで、介護老人保健施設などに短期間だけ入所し、食事や入浴・機能訓練などのサービスを受けることができます。また、医療的な介護サービスを受けられる「短期入所療養介護」もショートステイと呼ぶことがあります。今回はショートステイについて詳しくご紹介していきます。

介護ビジネス開業への道 (16)グループホーム

今回はグループホームについて詳しくご紹介していきます。高齢者や障害者が少人数(5~9人程度)で、介護や支援を受けながら自宅に近い状況で共同生活を送ることができる施設です。地域密着型サービスのひとつで、利用者がより家庭に近い雰囲気の中で生活でき、介護支援を受けられるのが特徴です。その他、いわゆる老人ホームにはどんな種類があるかも解説します。

介護事業参入の手引き

高齢化が今後ますます進む状況で、いろいろな分野から介護ビジネスが注目されています。多くの産業が、シニアシフトする社会に関心を寄せているのです。起業するだけでなく、異業種から介護ビジネスに参入してみようという人も増えています。他業種の経験を介護の現場向けにアレンジして特色を打ち出し、支持が集まることもあります。今回は、異業種からの介護ビジネス参入について詳しく解説していきます。

介護ビジネス開業への道 (15)配食サービス

今、介護分野の周辺ビジネスが、多くの可能性を持つ分野として注目されています。新しい発想のサービスも次々に生まれています。既存のサービスを複合的に組み合わせるなど、従来の業態にとらわれない形で、シルバービジネス市場は拡大を続けるでしょう。 今回は、配食サービスを中心にご紹介していきます。

介護ビジネス開業への道 (14)在宅医療

日常的に利用される介護サービスに対して、在宅医療は利用者が病気になった際に必要となるサービスです。 現在、国の方針で介護と医療の連携が進められており、2015年の介護保険制度の改正でも、「介護と在宅医療の連携」が大きくクローズアップされました。今回は、介護業界での在宅医療について詳しくご紹介していきます。