ページの先頭へ戻る

・パスワードをお忘れですか?



コンテンツメニュー コンプライアンス違反をしないで介護事業所経営を続けるために必要なこと
登録会員募集中
ガソリン給油カード <会員限定>無料安全運転講習会のご案内 <会員限定>在庫福祉車両のご案内 お客様インタビュー 株式会社ひかりケア お客様インタビュー シニアプラウド株式会社 お客様インタビュー 株式会社ビーステップ お客様インタビュー ベストリハ株式会社 介護報酬ファクタリング 集金代行サービス クリニック開業のドクターサポート リコーリースの法則

けあコンweekly

介護事業をはじめる際に必要な人員とは?

介護事業は社会福祉的な要素が大きく、どんな人でも気軽に参入できる、といった業界ではありません。特別養護老人ホームや老人保険施設といった施設サービスに参入できるのは社会福祉法人や医療法人に限られます。では株式会社でも参入可能な介護サービスはどのようなものでしょうか?
今回は有料老人ホームと訪問介護事業所に焦点を当てて、それらを開業する際に必要な人員数や認可を紹介します。

 

<訪問介護事業所の人員基準とは>

訪問介護事業所では、以下3つの職種が必要とされています。資格要件と配置基準も含めて、順番に見ていきましょう。

  1. 管理者
    その名の通り、事業所全体の責任者です。施設で言うところの施設長にあたり、事業全体の統括者となります。資格要件は特にないため、介護事業をはじめる際に自分が管理者になる、というパターンは多いのではないでしょうか。ただし、配置基準として、「もっぱらその職務に従事する常勤の者1名」とありますので、他の仕事と兼務することは不可能となっています。
  2. サービス提供責任者
    訪問介護サービスの現場責任者です。訪問介護員全体を取りまとめ、時に指導し、勤務の調整を行い、自分自身も現場に出る。訪問介護事業所のプレイングマネージャーといえるのではないでしょうか。必要な資格として、介護福祉士、介護職員基礎研修課程修了者、看護師もしくは准看護師といった要件があります。最低1名の配置が義務付けられています。
  3. 訪問介護員
    実際に各家庭を訪問し、介護を行うスタッフのこと。サービス提供責任者と同様の資格要件があります。配置基準は常勤換算で2.5人以上が必要です。

 

<有料老人ホームの人員基準とは>

次に、有料老人ホームにおける人員基準を見てみましょう。こちらは、より多くの人員が必要となっています。

  1. 施設長
    訪問介護事業所の管理者のことです。要件はほぼ同様ですので、割愛させていただきます。
  2. 生活相談員
    利用者の受け入れに際しての契約や手続きなどを行う、施設の窓口役です。入所後も家族との連絡調整を行う重要な役割を担っています。家族からすれば、ホームの顔役といえば、施設長よりも生活相談員というケースがほとんどではないでしょうか。資格要件として、社会福祉士や精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格などが定められています。他にも条件付きで、介護支援専門員や介護福祉士でも従事することが可能となっています。1名以上の常勤配置が必須とされています。
  3. 介護職員
    現場で、入居者のケアを行うスタッフのことです。常に1名以上の配置が必要で、特定施設においては、職員配置の最低基準が定められています。入居者3名に対し1名の職員(介護職・看護職を合わせて)が最低基準として定められています。よく言われる「3:1の人員配置」とは、このことを指しています。
  4. 看護職員
    看護師もしくは准看護師の資格を持った職員のことです。介護職員が入居者の日頃のケアを担う一方で、看護職員は健康面の管理を行っています。入居者の数によって必要な配置人数が異なり、入居者が30名未満の場合は1名以上、30名以上の場合は、30名を超えて50名またはその端数を増すごとに1人を加えて得た数以上とされています。
  5. 機能訓練指導員
    入居者の身体機能回復を主たる目的として、働きかける業種です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの資格が必要とされますが、看護職員でも代理可能です。先の3職種は確保が難しい職種でもあり、看護職員を配置しているところが多いのではないでしょうか。1名以上の配置が必要です。
  6. 計画作成担当者
    介護の主たる目的は自立支援であり、そのための目標策定が欠かせません。その業務を行うのが計画作成担当者、つまり介護支援専門員です。施設や有料老人ホームに入居されている方でも、ケアプランの作成は義務付けられており、その役割を担う仕事です。専従で1名以上の配置が義務付けられています。

 

<3:1の人員配置とはどういうこと?>

3:1の人員配置と言われても、ピンとこない方も多いかもしれません。そこで、今回は入居者が50名の施設を例に考えてみたいと思います。
要介護者3名に対し、常勤職員が1名必要というのが、「3:1の人員配置」意味するところです。では、短時間勤務のパートさんはどうするか?というと、0.5人、0.3人といった扱いで計算することになります。
今回のケースでは、入居者が50名ですから、必要な常勤職員の数は16.7名、およそ17名が必要となります。仮に週40時間働く常勤職員が15名いれば、残りの週80時間分をパートさんで補う必要がある、ということになりますね。

 

<介護事業に参入するには、事前調査が必要不可欠>

訪問介護事業所と有料老人ホームで必要な人員について紹介しました。
ご覧の通り、実にたくさんの有資格者が必要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?介護事業は専門的な分野であり、参入障壁は高めです。しかし、今後も規模が拡大していくのも間違いない業界であることも事実。事業を始めるにあたっては、しっかりと勉強をしたいものです。

 

デイサービスの人員に関する基準については、事業所開設(デイサービス)でご紹介しておりますので、ご覧ください。

会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする

弊社へのご意見・ご質問などございましたらこちらよりお願い致します。追って弊社よりご連絡させて頂きます。
出来る限り早急に返信させて頂きますますが、少々お時間を頂戴する場合もございます。何卒ご了承ください。

けあコンシェルについて よくあるご質問 >>
ファクタリングサービスについて よくあるご質問 >>
集金代行サービスについて よくあるご質問 >>
車両リースについて よくあるご質問 >>
リースについて よくあるご質問 >>

お問合せはこちらから