介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

介護レポート

介護レポート
全 449 件
|<<最初  <前の10件    

今後の認知症ケアについて厚労省が発表(2)

report
2012/08/28

前回述べた、今後の認知症ケアの基本方針である「今後の認知症施策の方向性について」では、「認知症初期集中支援チーム」や「身近型認知症疾患医療センター」など、認知症の人が地域で暮らし続ける仕組み作りを提唱している。  ・・・もっと見る

今後の認知症ケアについて厚労省が発表(1)

report
2012/07/26

今回の介護保険制度改正では、認知症に関する調査研究の推進規定が設けられた。また、市町村介護保険事業計画では、認知症の被保険者が地域で自立した日常生活を送れる支援に関する事項を定めるよう努めることとされた。  ・・・もっと見る

新しいケアシステムは決め手になるか

report
2012/06/27

今回の介護保険制度改正で、在宅生活が多くの人にとって出来る限り可能になるようにと講じられたのが地域包括ケアシステムだ。次回報酬改正までに検証を行うために、社会保障審議会介護給付費分科会で介護報酬改定検証・研究委員会を設けることにした。  ・・・もっと見る

次期介護報酬改定に向け介護報酬改定検証委員会を設置

report
2012/05/29

東日本大震災が起きてから1年が経過し、被災地では復興支援が続いている。2012年2月28日に開催された第89回社会保障審議会介護給付費分科会(以下、分科会)では、東日本大震災と介護保険サービスに関する検討が行われた。  ・・・もっと見る

特集 同時改定後の事業戦略を探る(2)

report
2012/04/10

最大手企業の事業ポートフォリオとは

株式会社ニチイ学館のヘルスケア事業担当取締役である北村俊幸氏が、次期介護報酬改定で一番注意すべき点と挙げるのは、通所介護の「基本サービス費の見直し、通常規模型通所介護費の場合」における所要時間数の変更だ。  ・・・もっと見る

特集 同時改定後の事業戦略を探る(3)

report
2012/04/10

2012年度診療報酬改定は、25年に向けての前進基地

日本慢性期医療協会会長で医療法人平成博愛会博愛記念病院理事長の武久洋三氏は「2025年の医療・介護、そして施設と在宅はどうなる」と題し、12年度診療報酬改定や今後の医療体制の在り方などについて語った。  ・・・もっと見る

特集 同時改定後の事業戦略を探る(1)

report
2012/04/04

シニアビジネスマーケットフォーラム2012

団塊世代が75歳以上を迎える2025年に向け、地域包括ケアシステム確立の必要性が叫ばれている。その第1歩として12年度診療報酬・介護報酬同時改定が実施される。これを受け、医療・介護関係者は今後どのように事業戦略を組み立てていけばいいのか。  ・・・もっと見る

平成24年度介護報酬改定が決定

report
2012/04/03

社会保障審議会介護給付費分科会では、2012年1月25日に開催された第88回で介護報酬改定の内容を明らかにした。今回は、6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改定の年であり、税と社会保障の一体改革を念頭においた形で議論が行われてきた。  ・・・もっと見る

利用者個々の疾患を把握する

介護経営 介護福祉 施設長マニュアル
0000/00/00

介護事業所を成功に導く はじめての施設長マニュアル(8)

利用者管理を行うにあたり、一番に考えなければいけないのは、利用者個々人がどのような体調でいるのかということです。利用者の中には自身でも体調の変化に気づけなかったり、我慢をしてしまったりと、訴えの少ない方も数多くいます。その変化に気づき、早期の対応をすることを求められているのが介護職員であり、その報告を受けるのが施設長なのです。  ・・・もっと見る

|<<最初  <前の10件    

ページトップへ戻る