介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

介護レポート

介護レポート
全 284 件
    次の10件>  最終>>|

介護人材不足は外国人が救えるか?(後編)

介護経営 外国人人材
2019/02/21

受け入れの為の環境作りと日本語能力がポイント

良い人材を採用するためには、良い受入れ体制ができていないといけない。海外から来るほとんどの人は「日本に来るのが初めて」というのが一般的である。一方、受け入れる施設側も外国人と一緒に仕事をする経験が乏しい。  ・・・もっと見る

介護人材不足は外国人が救えるか?(前編)

介護経営 外国人人材
2019/02/12

改正出入国管理法で、日本は選ばれる国になったのか

2018年12月、改正出入国管理法が成立した。外国人労働者に対する国の方針は大きく舵が切られたことになるが、政府は「法律の具体的な内容については、政省令で今後決めていく」としている。  ・・・もっと見る

動き出した「介護医療院」~連携により算定可能な診療報酬・介護報酬の整理と検討を

キーポイント 介護医療院 病院 要諦
2019/01/24

病院と「介護医療院」連携に向けた両者合同研修会の開催

地方都市の医療法人S会は一般病棟に加えて、地域包括ケア病棟や回復期リハ病棟、医療療養病棟等、複合的な機能を有する200床未満のS病院を運営しているが、2019年の早い時期に同法人が別に運営する介護老人保健施設(84床)を、全床「介護医療院」に転換する予定だ。  ・・・もっと見る

動き出した「介護医療院」~導入後、間髪を容れずに広報・情報提供やメディア対応の実現を!

キーポイント 介護医療院 診療報酬 病院 要諦
2019/01/21

厚労省が重視する介護難民の受け入れ先としての役割

「介護医療院」の施設要件や介護報酬について言及する前に、前回に続き新設加算の“目玉”とされる「移行定着支援加算」の狙いについて考えてみたい。  ・・・もっと見る

動き出した「介護医療院」~積極的な「転換支援策」導入と同時に、3年後に予想される大胆な再編

キーポイント 介護医療院 要諦
2018/12/13

厚生労働省は既に近い将来の「梯子外し」を考えている?

前回までは、介護報酬の「移行定着支援加算」等を始めとする新設の各種加算や、届出病院のケーススタディによる広報活動等の動きを先に紹介したが、ここからは、「介護医療院」の具体的な施設要件や入所者要件の内容等について検証したい。  ・・・もっと見る

自己客観視できない残念な人たち

ヒント 業界全体 戦略人事 役職者
2018/12/03

大所高所からものを見る

スタッフとの距離を縮めることや垣根を取り払おうとすることなどは大切なことですが、それは、ある程度の距離があることを前提としているから、大切なことなのです。  ・・・もっと見る

動き出した「介護医療院」~7月までに21医療機関1,400床が導入

キーポイント 介護医療院 診療報酬 病院 要諦
2018/11/12

早期転換の決め手はW改定による経済誘導

2018年4月に誕生した「介護医療院」。既に2018年2月には「介護医療院」の介護報酬や施設基準、要件等も明らかになり、現行の療養病床(主に25対1)や転換型・介護老健施設等から転換する病院の動きも見えてきた。  ・・・もっと見る

ノーリフトポリシーと介護ロボットを徹底的に使いこなす現場力(後編)

Report ロボット 介護
2018/10/22

社会福祉法人練馬区社会福祉事業団

当時の理事長が作成した「練馬区社会福祉事業団リフト導入に関して」という文章は、「お客様の安全とすべての職員が働きやすい環境をつくるために、」という書き出しからはじまる。  ・・・もっと見る

ノーリフトポリシーと介護ロボットを徹底的に使いこなす現場力(前編)

Report ロボット 介護
2018/10/18

社会福祉法人練馬区社会福祉事業団

日本の介護現場が苦手とする福祉用具の活用。全職員で介護技術向上に取り組みながら、介護リフトや介護ロボットを徹底活用してきた特別養護老人ホームを取材した。  ・・・もっと見る

特集 介護革新の最前線(後編)

IT 介護福祉 特集
2018/10/01

IoT機器やAI解析を活用

長谷工グループの株式会社生活科学運営は運営する自立型有料老人ホーム2棟で、睡眠センサーなどで入居者の健康をモニタリングするシステムを導入した。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>|
介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る