介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

車両リース

福祉車両のリースを活用することで資金の効率的な活用を実現します
車両リース

車両リースとは

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます

ファイナンスリース

車両調達時の費用と期間中の自動車税などが入った最もベーシックなオートリース商品です。車両導入資金負担の軽減が期待できます。

契約に含まれるもの

  1. 車体価格(付属品含む)
  2. 登録諸費用
  3. その他付帯費用
  4. 取得税
  5. 自動車税(リース期間分)
  6. 重量税(登録時のみ)
  7. 自賠責保険(登録時のみ)
メリット1
月々わずかのリース料
  • 導入時に多額の資金を準備することなく、月々わずかのリース料で、ご希望の車両がご使用になれます。(全メーカー・全車種対応)
メリット2
リース料は全額経費処理できる
  • (※1)但し、オペレーティングリース取引が前提となります。
メリット3
面倒な事務負担を軽減
  • 減価償却、自動車税納税など保有することにより発生する面倒な事務負担が軽減されます。

メンテナンスリース

車両点検・整備代の他、車検時に発生する重量税・自賠責保険料もリースに含めた商品です。余分な費用が発生せず、車両コスト・維持管理コストが月々一定となり、経費計画が容易になります。

契約に含まれるもの

  1. 車体価格(付属品含む)
  2. 登録諸費用
  3. その他付帯費用
  4. 取得税
  5. 自動車税(リース期間分)
  6. 重量税(登録時のみ)
  7. 自賠責保険(登録時のみ)
  8. 【メンテナンス】
    車検・点検設備
    消耗部品交換
    タイヤ・バッテリー交換
    重量税、自賠責保険(継続車検時)
メリット1
スケジュール点検を実施
  • 車両個々の走行距離に応じて設定される点検サイクルに基づき、スケジュール点検を実施しますので、常に安心して車両をご使用いただけます。
メリット2
324時間365日対応のロードサービス
  • 遠方や休日に発生した万一の故障や事故の際も、24時間365日対応のロードサービスが付いているので、安心して車両をご使用いただけます。

リース専用自動車保険

リース専用の自動車保険を含めることにより、保険業務の効率化とコスト削減が実現できます。

メリット1
保険手続きは一切必要なし※リース期間中に限る
  • リース期間中の保険手続きは一切必要ありません。保険手続きはリコーリースが行いますので、お客様ご自身での保険契約(更新)手続きが不要になります。
メリット2
リース料は変わりません※リース期間中に限る
  • 万が一事故が発生してもリース料(保険料込み)は一定のため、リース期間中の車両維持管理費用計画が立てやすくなります。
メリット3
コスト削減ができます
  • リコーリースの自動車保険(車両保険)は車両保険金額とリース中途解約金を同額に設定しています。無駄のない合理的な保険金額設定になるため、コスト削減が実現できます。

福祉車両とは?

高齢者や身体障害者が使いやすいように様々な配慮が施された車両です。

介護式とは?

高齢者や身体障害者の方を乗せて運ぶための車両です。

(1)ステップ・手すり付車両

(2)回転シート型車両(シートが回る/せり出す/引き出す)

(3)車いす移動車(スロープを押して乗せる/リフトで乗せる)

福祉車両の税優遇について

  1. 税優遇がない
    「ステップが出るだけ」や、「シートが回るだけ」の車には、税優遇はありません。
  2. 消費税が非課税
    消費税法の「身体障害者物品」に指定されている車両は消費税が非課税となります。
    車いす用リフト・スロープ付き
    回転・リフトアップシート+車いす固定具付き
    (※2)車両本体と同時に買うカーナビなどのオプションも非課税となります。
    (※3)車両が非課税でも、登録諸費用(課税)は、消費税がかかります。
  3. 自動車税・取得税の減免
    適用基準や減免条件などは各自治体によって異なります。詳しくは各地区の税事務所、または福祉事務所にお問合せください。

メンテナンスについて

メンテナンスリースは「車の安全な走行」に関わる部分を点検・整備するサービスとなるため、車いす用リフトなどの架装品はメンテナンス対象外となります。架装品の修理は売主(カーディーラー)が行なえます。

お客様の声

ベストリハ五反野/四ツ家/北千住(東京都)

リースを活用した初期投資の抑制から資金回収の方法まで

ベストリハ株式会社 代表取締役 理学療法士 渡邉仁様

リースを活用した初期投資の抑制から資金回収の方法まで経営者として魅力ある提案をいただき、助かっています

当社は本格的なリハビリを採り入れた“自立支援型”のデイサービス施設を開設しました。インターネットで介護報酬ファクタリングサービスを知ったのがきっかけで、後日いただいた提案は、ファクタリングサービスと口座振替サービスの利用に加え、車両やコピー機、リハビリ機器、パソコンなどの情報機器やソフトウェアまでをトータルにリースし、初期投資を抑制して手元資金を残すという魅力的なものでした。他社にも相談しましたが、リコーリースさんは1社ですべてサービスを提供していることや、審査を含め熱意をもって対応いただけたこともあり、安心してお任せできました。リースで初期投資を抑え、ファクタリングで報酬の早期資金化ができるというのは、経営的にとても助かっており、オープン予定の新店舗でも引き続きお願いしたいと考えています。

※2013年6月時点の情報となりますので、ご留意ください。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
お問合せをする
介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る