介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

介護経営

全 93 件
    次の10件>  最終>>|

介護の現場におけるロボット活用、それに伴う介護報酬改定とは

介護経営
2017/12/18

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。  ・・・もっと見る

ICTによる効率化が進む時代、それによる介護報酬改定とは

介護経営
2017/12/11

Information and Communication Technologyの略語であるICTとは情報通信技術のことです。元々はIT(情報技術)という言葉が一般的に使われてきました。しかし海外でICTという言葉の方が多く使われだしたことから日本でもITをICTと言い換えるようになってきたのです。このICTが介護分野でも活用されてきていることが大きな注目を集めています。そこで今回は介護分野でどのようにICTが活用され、そのことが「どのような影響をもたらすと考えられているのか」について詳しく解説しましょう。  ・・・もっと見る

介護職員の離職の理由・防止のための動きとは?

介護経営
2017/12/04

日本では少子高齢化が進み、今後ますます高齢者が占める割合が増えていくことが予想されています。そして高齢者の割合が増えることに伴って介護の需要もさらに高まっていくといわれているのです。しかし介護の現場では介護に関わる職員の人手不足が問題となっています。人手不足の原因のひとつとされているのが介護職員の採用率に対する離職率の高さです。そこで介護業界の実態として知っておきたい介護職員の離職が多い理由と離職を防止するために動くべき対策についてご紹介します。  ・・・もっと見る

通所介護(デイサービス)はどう変わる?2018年介護報酬改定の動向

介護経営
2017/11/20

マイナス改定だった2015年に続き2018年も介護報酬改定が行われます。2015年の改定の際は介護事業者の利益率の高さが指摘されマイナス改定の原因となりました。前回における改定後の利益率の結果により2018年の介護報酬改定では、さらに踏み込んだ内容になることが予想されています。その背景には人口減少や高齢化にともなう「財政負担の軽減」「自立支援の必要性」などがあります。ここでは「今後デイサービスはどう変わっていくのか」など財政制度等審議会での提言などを元に解説していきます。  ・・・もっと見る

居宅介護の近未来型?混合介護のメリットとデメリットとは

介護経営
2017/11/13

居宅介護で自由化が検討されている「混合介護」は、これまでも利用が可能でしたが、使い勝手が悪いため利用する人が少ないサービスでした。新しく検討されている混合介護では、同じ時間に介護保険内のサービスと希望する別料金のサービスを受けることができます。混合介護の利用者が増え収入が増加すれば、経営の安定化や介護職員の待遇改善にもつながります。利用者と施設側の両面から混合介護のメリットやデメリットを理解しておくと良いでしょう。  ・・・もっと見る

介護報酬改定で変わる通所介護 デイサービスの送迎減算はどうなる?

介護経営
2017/11/06

2000年に始まった介護保険制度は制度を運用しながら改正を重ねてきました。超高齢化社会を迎えて介護は家族だけでなく社会全体で担うものとして創られた制度ですが、国の公費負担が予想以上の早いスピードで増しています。介護保険制度は3年ごとに改正されていますが、今回は2015年と2018年の改正で通所介護事業所の介護報酬がどのように改定されていくのかに焦点をあてて解説いたします。介護報酬改定に向けて注意点や対応策などを考える機会にしてみましょう。  ・・・もっと見る

2018年度から特区で始まる混合介護モデル事業とは

介護経営
2017/10/30

東京都豊島区は、2018年度から混合介護モデル事業をスタートさせることを発表しました。国家戦略特区という仕組みを利用する事業であり、規制緩和によって介護サービス内容の拡大を目指すものです。これまで介護サービスは、保険適用内サービスと保険適用外サービスを同時に行えない、特定の時間帯にヘルパーのニーズが集中するなど、現場での問題が指摘されてきました。これらの問題を乗り越えるものと期待されているのが混合介護モデル事業です。事業の背景や概要、メリット・デメリットについてご紹介します。  ・・・もっと見る

今後の介護報酬改定で在宅復帰の可能性は高まるか

介護経営
2017/10/23

少子高齢化が進む日本では、介護保険制度の見直しが推進されてきました。とくに「地域包括ケアシステム」の構築に重点が置かれており、要支援者・要介護者を施設ではなく地域社会で見守る仕組みが目指されています。このような流れの中で、2018年には介護報酬改定が実施されます。介護報酬改定では、単に介護サービスやリハビリテーションを実施するだけでなく、利用者が自立・回復できるかという結果が重視されるようになります。  ・・・もっと見る

2018年介護報酬改定に向けた各事業所の動向は

介護経営
2017/10/16

2018年の介護報酬改定を前に、各事業所は大きな決断を迫られています。これまでのとにかく要介護度の重い利用者を受け入れるといった方針は通用しなくなり、自社の理念を明確にし、それを実現できる人材を育成していく、またその人材を使って地域に積極的な貢献を行うことが必要とされてきているのです。どのような報酬改定が行われるのか、それによって事業所はどう変わっていくのか、どんな準備をしておけばよいのか知っておきましょう。  ・・・もっと見る

介護職が安心して働ける看取り介護の指針とは

介護経営
2017/10/02

高齢化社会が進行するなか、介護施設や在宅で看取りを行う「看取り介護」のニーズが増えています。介護事業を行う事業所にとっては、通常の介護サービスに加え、看取り介護を視野にいれた事業計画が求められるようになっているのです。看取り介護では、医療スタッフを中心に介護職員や生活相談員との連携体制が欠かせません。また、介護職員が医療ケアや医療行為を行う場面もあります。看取り介護のニーズが高まる中、事業所は何を行えばよいのか、介護職員はどのような業務や医療行為を担うのかをご紹介していきます。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>|
介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る