介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

次期介護保険制度改正

特養の定員割れで軽度者「特例入所の活用」、入所申込者の「マッチング」を
2022/11/10
次期介護保険制度改正
厚生労働省の社会保障審議会・介護保険部会で、2024年度からの「第9期介護保険事業計画」を見据え、3年に一度の制度改正の議論が進められている。「地域包括ケアシステムの更なる深化・推進」などの論点について、年内の意見のとりまとめを目指す。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

この記事を見ている人はこれらの記事も見ています
おすすめ記事
介護レポート
他にもこんな記事があります

地域の高齢者の総合相談や介護予防の援助を行う全国の地域包括支援センターについて、厚生労働省は24日、主任介護支援専門員といった3職種の配置を複数の拠点の合算で認めるなどの職員配置の柔軟化を社会保障審議会・介護保険部会に提案した(参照)。人材の確保が困難な中で、基幹型や機能強化型のセンターを後方支援するセンターの設置を促す狙いがある。部会では今後詳細を詰め、年内に結論を出す。

厚生労働省が22日に公表した第107回新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの感染状況の分析・評価は、介護の現場で「施設内療養や、療養者及び従事者の感染がみられる」と説明している。

介護業界でM&Aが進んでいるという話を耳にしたことのある人は少なくはないでしょう。すでに介護事業を営んでいる経営者や介護事業への参入に関心を寄せている人の中には、介護業界のM&Aに興味を持っている人もいるかもしれません。そこで、本記事では介護事業におけるM&Aの動向や異業種からの参入が多い理由などについて解説していきます。

シルバーサービス振興会はこのほど、介護プロフェッショナルキャリア段位制度の新規レベル認定者を公表した。9月に開催されたレベル認定委員会での審議の結果、新たに118人のレベル認定者が誕生。レベル認定者の総数は8,424人となった。

厚生労働省は11日、2022年8月の「介護保険事業状況報告の概要(暫定版)」を公表した。詳細は以下の通り。

感染症や災害への対応力強化へ!BCP 業務改善計画とは?をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る