介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネスを開業したい方必見!はじめやすいのはどれ?介護ビジネス業態解説

2014-07-28
介護ビジネスを開業したい方必見!はじめやすいのはどれ?介護ビジネス業態解説

けあコンシェルでも問い合せやご相談の多い業態「デイサービス(通所介護)」と「訪問看護」について、もう少し詳しく解説していきます。

1.デイサービス(通所介護)

利用者に事務所まで通ってもらい介護サービスを提供するのが、デイサービス(通所介護)です。

  • 役割
    デイサービスには主に2つの役割があります。1つめは心身機能維持のため機能特訓を行う役割、もう1つは家族の負担軽減のため身の回りの介護など日常生活のお世話をする役割です。デイサービスではこの2つのサービスを同時に提供します。
  • 規模
    今の時点(2014年7月)では、大きく分けて2つの規模があります。
    小規模デイサービス:1日あたり定員10名まで
    通常規模デイサービス:1日あたり定員11名以上~(※1)
    (※1)中規模、大規模デイサービスも含む。
  • 施設
    小規模デイサービスであればコンビニエンスストアの跡地のような小さなスペース、民家などもよく活用されています。2~3年前までは、民家型のデイサービスが数多く作られておりましたが、最近ではテナント型のデイサービスが流行の開業スタイルです。
  • おおよその費用
    けあコンシェルでご相談~事業所立ち上げまでの初期費用は、小規模デイサービスの開業で約1,500万~(運転資金3ヶ月分含む)程度です。(※2)
    (※2)あくまで目安の金額です。事業規模、内容により異なります。詳しくはお問い合わせください。
    >>資金調達に関する詳細はこちら
    >>介護報酬ファクタリングに関する詳細はこちら
  • その他
    車での送迎は必須ですので車両の準備、初期費用の中には施設で使用する物品費なども必要です。
    >>車両リースに関する詳細はこちら
  • メリット・デメリット
    小規模であれば比較的低予算で事業所を開業しやすいのがメリットです。ただ、事業所数が増えすぎているため来年度より規制の対象に入ること、競争が激しくなることもデメリットといえます。
    >>デイサービス(通所介護)の事業所開設に関する詳細はこちら

2.訪問介護・訪問看護

利用者の居宅を訪問して介護(看護)サービスを提供するのが、訪問介護・訪問看護です。

  • 役割
    訪問介護サービスは利用者が住み慣れた場所で、最後まで暮らすのに必要なサービスです。訪問介護・看護はサービスの提供者による違いです。訪問介護は介護職員が利用者の居宅を訪問し、身の回りの介護など日常生活のお世話をすること。
    訪問看護は看護師(有資格者)が居宅を訪問し、必要であれば医療行為も行います。介護と医療の連携サービスとして最近注目されているのがこちらの訪問看護のタイプです。
  • 規模・施設
    マンションの一室など事務所さえあれば開業可能。利用者の居宅を訪問するので、移動手段(車、自転車、バイク等)が必要になります。
  • おおよその費用
    けあコンシェルでご相談~事業所立ち上げまでの初期費用は、
    訪問介護で約500万円~(運転資金3ヶ月分含む)
    訪問看護で約1500万円~程度です。(※3)
    (※3)あくまで目安の金額です。事業規模、内容により異なります。詳しくはお問い合わせください。
    >>資金調達に関する詳細はこちら
    >>介護報酬ファクタリングに関する詳細はこちら
  • その他
    訪問看護サービスは、看護師を職員として雇う必要があります。今注目されている訪問看護サービスは2012年時点で6,200事業所あり、2020年には1万事業所が必要だといわれていますので、今後も開業される方が増えると予想されています。
  • メリット・デメリット
    小規模デイサービスと同様、比較的低予算で事業所を開業しやすいのがメリットです。ただし訪問看護の場合、有資格者の人材確保や複数の看護師をマネージメントするのは簡単なことではないため、はじめての方には少しハードルが高いことがデメリットといえるかもしれません。
    >>訪問看護の事業所開設に関する詳細はこちら

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。

厚生労働省は2日、通所介護(デイサービス)について、2018年度から大規模事業所への介護報酬を抑制する方針を固めた。

社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。

厚生労働省は12月8日、「毎月勤労統計調査2017年10月分結果速報」を発表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る