介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

今から起業するなら断然介護!? 介護ビジネス-抑えておきたい5つの基本情報

2014-07-17
今から起業するなら断然介護!? 介護ビジネス-抑えておきたい5つの基本情報

超高齢化社会の日本で注目されている介護ビジネス。漠然と起業を考えている方、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。
ここではまず介護ビジネスとは何か?抑えておきたい5つの基本情報をご紹介します。

1.今後成長が約束されている日本で数少ない市場(業界)である。

介護事業の市場規模は、介護保険の介護給付費において2013年で約9兆円、2025年には約20兆円とだいたい今の2倍に膨れあがるとされています。 つまり高齢化がすすむ日本の中で今後右肩上がりの成長が確実とされているただ一つの市場といっても過言ではない状況です。

2.行政から指定を受け介護保険の給付対象になっている事業である。(※1)

(※1)介護保険適用範囲外の介護ビジネスもあります。

介護事業は一般事業と違って、報酬の90%が国の機関、国民健康保険団体連合会(国保連)から支払われます。 介護保険の事業者としてサービスを提供するためには、まず介護事業者として都道府県又は市町村から許可(指定)を受ける必要があります。

3.代表的な事業形態は3種類。

現在介護保険が適用される介護ビジネスの業態は以下の3種類です。

  • デイサービス(通所介護)
    利用者に事務所まで通ってもらい介護サービスを提供します。規模によって定員、事業所の面積基準なども明確に決められています。
    >>デイサービス(通所介護)の事業所開設に関する詳細はこちら
  • 訪問介護・訪問看護
    利用者の居宅を訪問して介護サービスを提供します。事業者側から利用者宅へ訪問する形になるので、事務所はマンションの1室などでも開業可能です。
    訪問看護の場合は、有資格者である看護師ヘルパーが訪問するので、看護師の配置が必要となってきます。
    >>訪問看護の事業所開設に関する詳細はこちら
  • 小規模多機能型
    利用者の目的に合わせて「通い」、居宅への「訪問」、短期間の「宿泊」と多機能に介護サービスを提供します。定員や施設の面積基準も明確に決められており、市区町村によっては小規模多機能型の介護を実施していないところもあります。
    >>小規模多機能型の事業所開設に関する詳細はこちら

4.他業種からも参入しやすい。

介護ビジネスは行政の管轄する事業なので貸し倒れのリスクがほぼ生じない、という一般事業にはない大きなメリットがあります。 さらに事業形態がある程度決まっているので逆に言えばそれらに則り、しっかり運営すればビジネスとしては成立します。 そういった点で他業種からも介護事業は参入、開業しやすいといえるでしょう。

5.事業規模の拡大で利益を増やすビジネスモデルである。

厚生労働省発表の「介護事業経営概況調査」(2013年調査)によると、介護事業(施設系を除く)の利益率は通所介護の8.6%を最高値として、小規模多機能が6.0%、訪問介護が3.6%、訪問看護が1.7%となり、一部を除きプラスの利益率を出しています。 ただ、一般的に一つの事業所だけを運営するような事業規模の小さな事業所では利益率が非常に少ないのが現状です。しかし、5事業所・10事業所と複数の事業所を運営し、事業規模が大きくなり、回転率があがると利益率も上昇することも多く実証されています。介護ビジネスは儲かるのか?と問われれば、やり方によっては儲かる、ということになります。

いかがでしょうか?
介護ビジネスは他業種からも参入しやすく、地域、社会貢献にもつながるやりがいのある魅力的な仕事です。
ただ、3年ごとに行われる介護保険法の改定や、年収、賃金の低さから全体的な人材不足という課題、今後はさらなる競争の激化といった厳しい側面があるのも現実です。

>>商圏分析(簡易版)に関する詳細はこちら

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護事業者が最低限、知っておくべき介護との連携に係る診療報酬項目について教えて下さい。

介護従事者約7万2,000人で組織する日本介護クラフトユニオン(NCCU)は11月13日、加藤勝信厚生労働大臣宛に署名30万1,213人分を提出し、2018年度介護報酬改定において介護従事者の処遇改善につながる措置を求めた。

マイナス改定だった2015年に続き2018年も介護報酬改定が行われます。2015年の改定の際は介護事業者の利益率の高さが指摘されマイナス改定の原因となりました。前回における改定後の利益率の結果により2018年の介護報酬改定では、さらに踏み込んだ内容になることが予想されています。その背景には人口減少や高齢化にともなう「財政負担の軽減」「自立支援の必要性」などがあります。ここでは「今後デイサービスはどう変わっていくのか」など財政制度等審議会での提言などを元に解説していきます。

厚生労働省は9月26日、介護福祉士の養成カリキュラムを見直す方針を社会保障審議会の専門委員会に示し、大筋で了承された。

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での看取りや医療のニーズに対応する観点から、配置医師が施設の求めに応じて早朝・夜間に施設を訪問して入所者の診療を行った場合の評価の新設や、施設内で看取りを行った場合の評価を手厚くすることなどを提案し、大筋で了承された。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る