介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネス開業への道 (1)デイサービス編

2014-08-01
介護ビジネス開業への道 (1)デイサービス編

介護事業を開業するには行政への指定申請、その他さまざまな準備が必要です。
今回はデイサービス事業所開設までに必要な作業、手続き等を簡単にご紹介していきます。

まずはじめに

指定(認可)基準(人員用件、設備要件など)の確認が必要です。開設準備をする前に知っておきたい、指定(認可)基準の内容を正確に把握しましょう。デイサービス事業所として、指定(許可)を受けるためには、以下の基準を満たすことが必要です。

  1. 法人格がある
  2. 人員基準
    利用人員が10名以下の場合と、10名超の場合では基準が異なります。
    >>人員基準について
  3. 設備基準
    利用定員に対して、広さや必要な設備が決まっています。
    >>設備基準について
  4. 運営基準
    運営する上で守るべき基準です。
    >>運営基準について

上記を前提に、設立までの流れをご紹介します。

  1. 法人設立
    介護保険から給付を受ける介護事業者は、原則として法人格を取得する必要があります。はじめて事業所を開設する場合は、株式会社、または合同会社が一般的です。その他、一般社団法人やNPO法人といった非営利法人の設立などもあります。法人設立について、詳しく相談したい場合は司法書士に依頼します。
    >>法人設立について
  2. 開業地域の選定(マーケティング)
    地域を選ぶ上で重要なポイントは以下の3点です。
    ●要介護(要支援)認定者の人口
    ●競合他社の数、状況
    ●地域のニーズ
    これらのポイントを踏まえ、開業したい地域の分析、マーケティングを行った上で物件の選定に入ります。
  3. 物件の選定
    店舗改修、民家活用、新築など投資費用や事業規模、コンセプトを踏まえて選びます。
  4. 法律、制度の情報収集
    介護事業に関する法律、制度は数多くあり、代表的な制度として、助成金制度、社会保険、実地指導などがあります。しっかりと把握しておきましょう。
    >>助成金制度、社会保険、実地指導について
  5. 事業計画書の作成
    銀行の融資など資金調達の際に事業計画書が必要です。事業計画書は社会保険労務士に依頼して作成します。自分が行いたい事業のコンセプトや想い、規模、地域のニーズを踏まえた上で、ビジョンを明確化しましょう。
  6. 資金調達
    事業計画書を作成後、税理士に相談しながら日本政策金融公庫や銀行などに資金融資の申し込みを行います。
  7. 人材確保
    採用すべき資格職種、従業員の募集をかけます。あとは施設の利用者(要支援者)を集める準備もはじめましょう。
  8. 各種必要な申請
    多くの役所とやり取りが必要になり、提出する書類は100枚以上に及びます。申請書類や提出期限、審査期間など申請手続きについての詳細は、地域によって異なりますので、役所の介護保険担当部署などに問い合せが必要です。
  9. 物品・事務機器・車両等の準備
    事業所に必要なさまざまな物品、コピー器や電話機などのOA機器から、介護用の家具、調理器具、家電などを揃える必要があります。また、デイサービスでは車両の購入(またはリース)も必要です。

以上のことを全て終えたら、電話番号の取得や、ネット環境の整備、名刺やチラシ、パンフレットの作成など他にやるべきこともたくさんあります。
デイサービス事業所開業までには、約6ヶ月の準備期間を要します。開業したい時期を見計らって準備を進めていくことが大切です。

リコーリースのけあコンシェルでは、新規事業所立ち上げのご相談から開業まで事業主様の意向に沿って各所でサポート。
法人設立、事業所設立、資金調達にあたっては提携している司法書士、税理士、社会保険労務士をご紹介しますので、各種申請等もスムーズに進めていただけます。事業所立ち上げ時の資金をサポートする介護報酬ファクタリングサービス、開業後に利用料金の回収をスムーズにする口座振替サービスなど、介護ビジネスに便利なサービスを多数提供しています。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。

厚生労働省は2日、通所介護(デイサービス)について、2018年度から大規模事業所への介護報酬を抑制する方針を固めた。

社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。

厚生労働省は12月8日、「毎月勤労統計調査2017年10月分結果速報」を発表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る