介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

保険外サービスとは?介護事業所で取り扱う際の注意点

2017-05-15
保険外サービスとは?介護事業所で取り扱う際の注意点

高齢化が急速に進む日本においては、介護の在り方も多様化しています。そのため、国や自治体はひとりで生活を送ることが困難な高齢者を対象に、税金の投入によるさまざまなサービスを提供しています。これが一般的に介護保険サービスと呼ばれるものです。しかし、介護保険サービスだけでは高齢者の幅広いニーズに対応しきれていないといえるでしょう。そこで、注目が集まっているのが「介護保険外サービス」です。ここでは、保険外サービスの特徴と事業所で扱う際の注意点を紹介していきます。

介護サービスの現状

保険内で受けることができる介護サービスは大きく以下の3種類に分類されます。一つ目は、訪問介護などの自宅で受けるサービスです。訪問介護では、入浴・食事の補助といった身体的サポートや買い物・掃除といった生活支援を実施します。ただし、保険内で受けられるサービス内容については要介護のレベルによっても異なります。

二つ目は、デイサービスなどの通所で受けるサービスです。デイサービスの特徴は、高齢者の心的サポートにつながる点にあります。特にひとり暮らしの高齢者は孤独を感じやすいため、ゆううつな気持ちにおちいってしまいがちです。そのため、高齢者が気軽に足を運べる場所を提供することで、豊かな生活を送るための手助けをする施設となっています。

そして、三つ目は老人ホームなどの施設に入居して受けるサービスです。施設の種類は高齢者専用マンションから特別養護老人ホームなど多岐に渡ります。また、入居条件やサービス内容は施設によって大きく異なりますが、中でも人気が高いのが特別養護老人ホームです。特別養護老人ホームは空きがあるケースが少なく、しかも入居するために数年を要するケースがかなり多いといえます。

高齢者はこの3種類の中から自分にあったスタイルを選択し、介護サービスを受けることになります。しかし、介護保険内で認められているものは最低限となっているため、それ以外の補助を依頼する場合は保険外でサービスを受けることになります。

保険外サービス介護ってどんなもの?

保険外サービスに明確な定義はありません。その理由は介護で必要と見なされるサービスが、要介護のレベルや自治体の方針によって異なるからです。したがって、ここでは保険外サービスの1例を紹介しますが、すべての場合に当てはまるわけではないという点だけは注意しましょう。

まず、保険外サービスに共通している点は「それを行わなくても生活に支障がない」ということです。たとえば、日用品を買うために近くのスーパーへ買い物に行ってもらうことは保険サービス内でできます。しかし、お気に入りのお茶菓子を買うために、離れた場所にある百貨店まで行ってもらうことはできません。これは生活に必要なものではなく、生活を豊かにするための嗜好品だと見なされます。また、嗜好品を買うために税金が財源となっている介護保険を適用することはできないので、保険外サービスを利用することになります。そのほかにも、映画鑑賞や美術館を見学するための外出などは、生活支援ではなく趣味嗜好に分類されるため、介護保険内で実施することは不可能です。

そして、同様の理由で庭の手入れなども保険外サービスとなります。家の中の掃除は、人として最低限の生活を送るためには必要ですが、庭の状態は生活に大きな影響はないとされます。

さらに、保険が適応されないサービスをケアマネージャーや介護士に依頼することはできません。そのため、保険外サービスを提供している介護事業所を見つけて、そこに依頼をすることになります。ただ、そういった施設の数はまだ不十分といえるでしょう。

介護保険外サービスを取り巻く課題

日本では高齢者が増加しているため、介護保険外サービスのニーズは確実に高まっています。しかし、介護保険外サービスを取り扱っている介護事業所は決して多いとはいえないでしょう。その理由は、介護保険外サービスの導入にいくつもの課題があるからです。その中でも大きな課題のひとつが「定義の難しさ」です。利用者によって求めているサービスが異なるため、それらをすべて把握し、提供することは非常に難しくなっています。また、保険適用のルールについても自治体によって違いがあるため、一概に定義することが不可能なのです。そして、利用者には、保険が適用されないサービスは割高な印象を受けます。

さらに、どれくらいの高齢者が通常より高い料金を払って、サービスを利用してくれるのか予想が立てづらいため、介護事務所もサービスの提供に及び腰となっています。したがって、この状況がさらなる悪循環を生み出しているのです。しかも、介護保険外サービスを取り入れている事業所が少ないため、活用事例もまだ不十分なので事業としての展望を描くことが困難となっています。

保険外サービスをはじめる上での注意点は、ほかにもあります。それは介護業界における慢性的な人手不足です。介護業界はやりがいの大きな職場ですが、肉体的にも精神的にも負担のある仕事です。そのため、保険内のサービスだけでも手いっぱいな状況なので、より新しいサービスに参入するのは現場の負担の増加につながる可能性があります。このような課題をひとつひとつ解決していくことが、介護保険外サービスを浸透させていくためには欠かせないといえるでしょう。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。

厚生労働省は2日、通所介護(デイサービス)について、2018年度から大規模事業所への介護報酬を抑制する方針を固めた。

社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。

厚生労働省は12月8日、「毎月勤労統計調査2017年10月分結果速報」を発表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る