介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」

はじめての施設長マニュアル(20)

職員の目標や困りごとを把握する
2022/05/16
はじめての施設長マニュアル(20)
ここまでは、介護現場の職員に対していかにやるべきことをやってもらうか、という考え方について述べてきました。施設運営を円滑に行うという面で、理に適った考え方を施設長自身の言葉で伝えられるかという視点は、たしかに重要です。

この情報へのアクセスはけあコンシェル会員に限定されています。会員の方はログイン後、閲覧ください。

他にもこんな記事があります

運営指導が入ると聞くと「何か問題になるようなことがあっただろうか」と不安になるケースもあるでしょう。実際のところ、運営指導ではどのようなことが調査されるのでしょうか。介護事業を円滑に進めるためにも、きちんと理解を深めておくことが重要です。そこで、この記事では運営指導の概要や基本的なルール、監査に移行されるケースについて解説します。

新たな就労支援の障害福祉サービスが検討されていると聞きました。 「就労選択支援」との名称になるそうですが、どのような内容なのでしょうか?

開業したばかりで労務管理がきちんとできているか不安です。賃金台帳や出勤簿で記載必須の項目があれば教えてください。

質の高いケアに必要なのは、経験でも技術でもない。大事なのは、人と人との関係性である。 お互いに共感し、認め合い、許し合うことで誰もが安心する居場所ができる。そこが〝和が家〟だ。

2022年10月から社会保険の適用拡大で、100人を超える従業員がいる企業が対象とききましたが、全従業員数を指すのでしょうか。

感染症や災害への対応力強化へ!BCP 業務改善計画とは?をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る