介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

【2024年】介護報酬改定のポイント!改定率や主な変更点まとめ

2024-03-23
【2024年】介護報酬改定のポイント!改定率や主な変更点まとめ

介護報酬改定は、3年に一度のサイクルで実施されています。2024年は介護報酬改定の年となるため、どのような変更点があるのかをしっかりと把握しておかなくてはなりません。また、将来的に改定される可能性が高い事項についても、知っておきたいところです。そこで、本記事では、2024年の介護報酬改定による改定率、主な変更点、今後改定される可能性がある事項などを紹介していきます。

介護報酬, 改定

1.2024年の介護報酬改定による改定率は?

介護報酬改定とは、介護保険サービスを提供する事業者へ支払われる報酬の改定のことです。3年に1回のペースで見直しが行われており、前回は2021年に実施されました。2024年は、介護報酬改定の年です。まずは、どの程度の改定率だったのかを把握しておいたほうがよいでしょう。

厚生労働省老健局が2024年1月に公表した資料の「令和6年度介護報酬改定の主な事項について」によると、2024年度の介護報酬改定の改定率は、全体で+1.59%でした。そのうち、介護職員の処遇改善分が+0.98%、その他の改定率が+0.61%です。これ以外にも、処遇改善加算の一本化、光熱水費の基準費用額増額による介護施設の増収などを理由として、約0.45%の引き上げ効果が見込まれています。合計すると、2.04%相当の引き上げが見込まれることになります。

なお、2024年度は診療報酬の改定も行われるタイミングです。厚生労働省が発表した資料「診療報酬改定について」によると、2024年の診療報酬の改定率は、+0.88%(国費800億円程度)でした。

2.2024年介護報酬改定のポイント!主な変更点は?

2024年介護報酬改定の主な変更点は、「地域包括ケアシステムの深化・推進」「自立支援・重度化防止に向けた対応」「良質な介護サービスの効率的な提供に向けた働きやすい職場づくり」「制度の安定性・持続可能性の確保」の4つです。

「地域包括ケアシステムの深化・推進」での主な改定内容は、「質の高い公正中立なケアマネジメント」「地域の実情に応じた柔軟かつ効率的な取り組み」「看取りへの対応強化」「医療と介護の連携の推進」「高齢者虐待防止の推進」「認知症の対応力向上」などです。そのほか、「福祉用具貸与・特定福祉用具販売の見直し」もおさえておきたいポイントです。一部の福祉用具の貸与と販売の選択制を導入、モニタリング実施時期の明確化などが行われます。また、「感染症や災害への対応力向上」も重要なポイントです。業務継続計画が未策定の事業所に対しては、基本報酬が減算(経過措置1年間)される点に注意したほうがよいでしょう。

「自立支援・重度化防止に向けた対応」での主な改定内容は、「リハビリテーション・機能訓練、口腔、栄養の一体的取組等」「LIFEを活用した質の高い介護」などです。「自立支援・重度化防止に係る取組の推進」もしっかりと把握しておいたほうがよいでしょう。通所介護等における入浴介助加算、通所リハビリテーションにおける入浴介助加算、かかりつけ医連携薬剤調整加算などの見直しのほか、ユニットケア施設管理者研修の努力義務化が実施されます。

「良質な介護サービスの効率的な提供に向けた働きやすい職場づくり」での主な改定内容は、「生産性の向上等を通じた働きやすい職場環境づくり」「効率的なサービス提供の推進」などです。「介護職員の処遇改善」も大事なポイントです。介護職員の確保や処遇改善のために、介護職員処遇改善加算、介護職員等特定処遇改善加算、介護職員等ベースアップなどの支援加算が一本化されます。

「制度の安定性・持続可能性の確保」での主な改定内容は、「報酬の整理・簡素化」や「評価の適正化・重点化」です。「評価の適正化・重点化」では、訪問介護の同一建物減算(事業所の利用者のうち、一定割合以上が同一建物等に居住する者への提供である場合)に対して新たな区分が設けられて、見直しが行われます。

3.今回は見送りに!今後改定される可能性がある事項

最後に、今回は見送りになりましたが、今後改定される可能性がある事項を2つ紹介します。

3-1.要介護1・2も総合事業に移行する

将来的に、要介護1・2が総合事業に移行する可能性があります。これは、要介護1・2の訪問介護や通所介護などの介護サービスを介護保険の給付から外して総合事業とし、市区町村や民間企業と連携する案です。移行によってサービスの質の低下や事業所の撤退などが懸念されており、反対意見も多いことから、2024年の介護報酬改定では見送りとなりました。

3-2.ケアプランが有料化される

今後は、ケアプランが有料化される可能性もあります。2024年時点では、在宅サービスにおけるケアプランの作成は10割保険負担となっており、利用者負担がありません。一方で、施設サービスでは利用者が負担するサービス料金に含まれています。そういった不平等を是正するために、ケアプランの有料化が検討されているのです。しかしながら、有料化によってケアマネジメントの利用控えが起こるのではという懸念があるため、今回は見送りとなりました。

介護報酬改定をきっかけに運営を見直そう!

介護報酬改定は、介護サービス提供事業者に大きな影響があります。運営の見直しのきっかけとなる場合もあります。見直しの内容によっては、資金が必要になるケースも出てくるでしょう。介護事業の資金繰りで悩んだときには、リコーリースが提供する「介護ファクタリングサービス」へ相談してみるのも手です。気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

厚生労働省は、介護施設や事業所に対して都道府県や市町村が行う監査のマニュアルを初めて作成した。不正請求や人格尊重義務違反が疑われる、もしくは認められるケースに関する指導監督の考え方、事業者による処分逃れ防止のための対策などを盛り込んでおり、監査業務の際に活用するよう自治体に促している。

12月20日に行われた大臣折衝で、2024年度の診療・介護・障害トリプル改定が決着した。このうち診療報酬については、薬価の引き下げなどで全体マイナスではあるものの、本体報酬は+0.88%という結果になった。

介護職員の賃上げにつなげるため6月に新設される「介護職員等処遇改善加算」について、厚生労働省は新加算などによる賃金改善以前の賃金が年440万円以上の職員も新加算による賃金改善の対象に含めることができるとの解釈を都道府県などに示した。現行の介護職員等特定処遇改善加算に係る取り扱いと異なるとしている。

厚生労働省は、警察署長からの駐車許可を受けられる「訪問診療等」の使用車両に訪問介護の用務車両が含まれることを周知する事務連絡を医療や介護の関連団体に4月3日付で出した。

地域包括ケアシステムの理解についてはあらかじめ述べましたが、それをうまく活用し、本当に良いサービスを提供できる仕組みを作るのであれば、まずはその根幹を成す「地域」について理解を深めなければなりません。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

ページトップへ戻る