介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

ケアハラスメントで介護職を減らさないようにするには

2019-03-25
ケアハラスメントで介護職を減らさないようにするには

世間ではいろいろなハラスメントが問題視されていますが、ケアハラスメントもそのうちの一つです。介護を受ける高齢者の数が増加の一途をたどる現代で、ケアハラスメントは決して見過ごすことのできないものとして社会問題化しています。ケアハラスメントの被害に遭うことによって職を辞めざるを得なくなる介護従事者も多く、その対策が必要です。ここでは、ケアハラスメントとはどのようなものなのか、そして、介護職を減らさないためにはどのような対応をするべきなのかを詳しく解説します。

介護の現場で起きているケアハラスメント

一般的に、ケアハラスメントと呼ばれるものには2種類あり、家族の介護をしている人に対するものと、介護職として働いている介護従事者に対するものに分けられます。家族の介護をしている人へのケアハラスメントは勤務先の会社から受けるものである一方、介護従事者へのケアハラスメントは、介護されている高齢者本人やその家族から受けるものです。病院や老人ホームなどの施設に入らず自宅で介護を受けるためには本人や家族に代わって身の回りの世話をしてくれる人が必要不可欠な中、それを担う介護職に対して嫌がらせが行われている事実があります。具体的には、身体的な暴力、高圧的な態度での脅し、性的嫌がらせ、医療行為や制度上できないことの強要などがあり、心身ともに介護従事者を傷つけます。

身体的な暴力は殴る蹴るのほか、物を投げつけたり噛みついたりする行為も含まれ、痣や傷ができることによって周囲が気づくことも多いです。しかし、そのほかの行為については、目に見えない被害であることから明るみに出ないことが少なくありません。そのため、ケアハラスメントを受けた本人が1人で問題を抱えてしまうケースが珍しくないのです。さまざまな暴力に耐えきれなくなった介護従事者が職を辞めてしまうことも多く、介護職不足にどんどん拍車がかかっています。その結果、ほかに介護を必要としている高齢者が満足な介護サービスを受けられなくなるという問題まで引き起こしてしまっているのです。

ケアハラスメントはなぜ起こるか

ケアハラスメントが起こる理由は数多くあります。その一つは、介護を受けている高齢者のストレスのはけ口になってしまうことです。自力で歩いたり食事をしたりすることが思うようにできなくなった高齢者には、少なからずストレスが溜まっています。そのストレスが身近で自分の世話をしている人に対して向けられてしまうのです。さらに、同じヘルパーが長期間同じ高齢者を介護していると、お互いに友達のように親しくなってくることがあります。それ自体は悪いことではありません。しかし、親しさのあまり何を言っても許されるという意識が生まれ、ヘルパーの容姿をけなしたり、介護の腕を馬鹿にしたりする言葉を軽く言ってしまうようになると、それは問題です。

高齢者の家族によるケアハラスメントは、介護サービスを受けている側が利用料金を支払っていることに起因することがあります。直接的な雇用関係ではないにしても、「こちらはお金を払っているのだから、どんな要求にも応えるべきだ」という理屈のもと、理不尽な要求をするという嫌がらせに至ってしまうのです。また、ケアハラスメントは、介護施設よりも在宅介護が行われる高齢者の自宅で起こることが多いものです。それは、高齢者の自宅という場所が介護施設とは異なる「密室」であるということに理由があります。つまり、周囲の目がない自宅という密室では、介護従事者が高齢者やその家族から暴力や嫌がらせを受けても発覚しづらいのです。

ケアハラスメントへの対応は重要

ケアハラスメントの問題を解決するためには、状況に合わせた適切な対応をしなければなりません。被害を受けた本人が毅然とした態度で接することも大切ですが、会社としてあらかじめ社内でマニュアルを作っておくことも必要になります。例えば「女性の介護者が訪問介護に行った先で性的嫌がらせやセクハラを受けたら、担当を男性介護者のみにする」「複数の介護者で担当する」というものなどです。その際は、利用者やその家族に関しても、注意やサービスの契約解除の検討などの対応も一緒にルール化しておきます。また、定期的に社内で勉強会や研修を行い、介護に従事している職員がケアハラスメントへの対応について勉強できる機会を設けることも有効です。ケアハラスメント回避のノウハウや知識を知っておけば、いざというときに戸惑わずに済むこともあります。

そして、何よりもまず大切なのは、実際にケアハラスメントの被害を受けた本人が相談しやすい職場づくりをすることです。残念ながら、上司に相談をしても「そのくらい我慢できなければ介護士失格」というような心ない言葉を返され、我慢や退職を選択したという介護従事者も少なくありません。被害に遭っても会社が守ってくれるという心強さを感じられれば、気持ちも大きく変わってきます。介護従事者がケアハラスメントに怯えず安心して働けるよう整備された職場が増えれば増えるほど、ケアハラスメントによる離職での介護職不足に歯止めを掛けることができるでしょう。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護分野が最も人手不足に直面している業界であることは、有効求人倍率が示している。 2017年度の有効求人倍率は3.64倍で、全産業平均の1.54倍と比べて2ポイント以上高かった。この窮状の打開策として改正出入国管理法で創設された新在留資格「特定技能」が今年4月に施行される。

厚生労働省は4月12日、2019年10月の消費税率引き上げ対応の介護報酬改定に合わせて新設される【介護職員等特定処遇改善加算】(以下、【特定加算】)について、加算取得要件や事業所内での賃金改善方法、事務処理手順や様式例を都道府県知事宛に通知した。

厚生労働省は4月12日付けで、「2019年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)」を都道府県などに事務連絡した。19年10月の改定で創設される【介護職員等特定処遇改善加算】(以下、【特定加算】)の取得要件や、事業所内での賃金改善ルール、都道府県などへの届出手続きなどについて記載した。

厚生労働省は4月10日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、「平成30年度(2018年度)介護従事者処遇状況等調査」の結果を報告し、了承された。回答事業所・施設の【介護職員処遇改善加算(I~V)】の取得割合は91.1%。

私たちの運営する介護老人保健施設は、同一医療法人グループが経営する病院の併設型です。従来から病院とは有機的に連携し、「所定疾患施設療養費」(以下、同療養費)を算定していました。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る