介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

あなたは大丈夫!?介護職のケアハラスメント

2019-03-19
あなたは大丈夫!?介護職のケアハラスメント

介護を仕事にする人にとって悩ましいのが、ケアハラスメントの問題です。利用者のケアを行う際に行われるハラスメントは、ケアの実施を困難にするだけでなく、直接的な被害を受けることもあります。そうしたことが続けば、介護従事者の働く意欲を削ぎ、離職することにもなりかねません。ケアハラスメントの問題を解決するためには、ハラスメントを受けた職員のケアはもちろんのこと、問題が発生する原因を明らかにすることが大切です。ここではケアハラスメントの具体例や、解決策についてみていくことにします。

介護職のケアハラスメントって?

ケアハラスメントは大きく2種類に分けることができます。1つ目は自宅で介護を行っている人に対してのもの、2つ目は介護従事者に対して起こるものです。1つ目のケースでは、介護者が会社で受けるさまざまなハラスメントを指します。介護を理由とした遅刻や早退に対して、過度な叱責を受けたり、それを理由に昇進の可能性を閉ざしたりといった事例があります。また、介護休暇の取得をいろいろな理由をつけて拒否するケースなどもケアハラスメントにあたります。

2つ目の介護従事者が受けるケアハラスメントの場合、より直接的な被害を受けることがあります。介護サービスを利用している高齢者からの暴力や暴言などは、代表的な例といえるでしょう。利用者からの暴力を受けて介護従事者が骨折したというケースはさほど珍しいものではありません。ケアハラスメントの加害者となるのは、サービスを利用する高齢者のみとは限りません。利用者の家族がケアハラスメントを行うこともあります。例えば、制度上困難なことを執拗に要求したり、医療行為の実施を強要したりする行為がそれにあたります。また、高圧的な態度で介護従事者を精神的に追い詰める行為なども、ケアハラスメントの一種でしょう。

ケアハラスメントは、介護の現場において頻繁に起こるだけでなく、解決が困難な問題です。問題が複雑化しやすい理由の一つに、サービスを利用する本人や家族が制度をきちんと理解していないことが挙げられます。他にも、暴力行為が認知機能の低下や疾患に由来する場合などもあり、一概にケアハラスメントとして片付けられない難しさもあるのです。

ケアハラスメントの具体例

介護の現場では、さまざまなケアハラスメントの事例が見受けられます。訪問介護サービスでよくみられるのが、制度上不可能なサービスの強要です。介護保険サービスを利用して行う訪問介護サービスは、介護保険の対象となる要介護認定者に対するケアのみが提供されます。そのため、介護保険を利用する高齢者の食事の準備や洗濯はできますが、その家族を支援する行為は認められていません。「ついでに家族の分も調理しておいてほしい」といった要望は、効率の観点からすると合理的なように思われますが、介護保険の制度上は認められていないのです。

施設介護サービスで問題となりやすいのが、医療行為の強要です。介護従事者が行える医療行為は法律によって定められており、その一線を越えることは許されません。具体的には、家族の要望に応えて医療従事者との相談なしに頓服薬を服薬させる、所定の研修を終えていない介護従事者が注入や喀痰吸引を行うことなどが該当します。後者の事例では、ある介護従事者にはできるのに、別の介護従事者にはできないといった点も問題になりがちです。施設を利用する高齢者や家族にとってその違いを見極めることは困難でしょう。それゆえに「あの職員さんならやってくれるのに」「当たり前のこともやってくれない」といった不満やトラブルにつながりやすいのです。不満や不信感が、ひいては介護従事者への高圧的な態度や、無理な要求につながることもあります。

ケアハラスメントを受けたら声を挙げよう

ケアハラスメントは、個人で解決するのが非常に難しい問題です。ケアハラスメントが発生する背景には、複雑な要因が絡み合っています。自分の受けた行為がケアハラスメントにあたるのかを見極めるのが困難なケースも珍しくありません。そのため、ケアハラスメントを受けた場合には一人で抱え込まず、事業所や施設全体で共有することが大切になります。問題を共有することによって、受けた行為がケアハラスメントに該当するのか、該当するのであればどうすれば解決できるのかを、サービス提供者全員の問題として考えることができるようになります。

ここで理解しておきたいことは、ケアハラスメントが起こる背景には、往々にして双方の無知や理解度の差があるという点です。介護保険サービスとはどんなことをしてくれるのか、なにができてなにができないのかを知らないがゆえに、無理な要求をしてくるケースは多く見られます。また、介護従事者がこの点に関する知識が曖昧なままサービス提供を行ってしまうと、問題はより複雑になってしまいます。

ケアハラスメントを防ぐためには、介護保険サービスの提供範囲を明確・明文化して、従業員に周知するだけでは十分ではありません。サービスを利用する人にも、その内容をしっかりと理解してもらうことが大切です。こうした啓蒙活動を行うことも、介護保険事業者の務めといえるでしょう。サービスについて理解してもらったうえでなお、ケアハラスメントが止まない悪質なケースでは、サービス提供の停止や施設からの退去も選択肢に含まれてきます。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護分野が最も人手不足に直面している業界であることは、有効求人倍率が示している。 2017年度の有効求人倍率は3.64倍で、全産業平均の1.54倍と比べて2ポイント以上高かった。この窮状の打開策として改正出入国管理法で創設された新在留資格「特定技能」が今年4月に施行される。

厚生労働省は4月12日、2019年10月の消費税率引き上げ対応の介護報酬改定に合わせて新設される【介護職員等特定処遇改善加算】(以下、【特定加算】)について、加算取得要件や事業所内での賃金改善方法、事務処理手順や様式例を都道府県知事宛に通知した。

厚生労働省は4月12日付けで、「2019年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)」を都道府県などに事務連絡した。19年10月の改定で創設される【介護職員等特定処遇改善加算】(以下、【特定加算】)の取得要件や、事業所内での賃金改善ルール、都道府県などへの届出手続きなどについて記載した。

厚生労働省は4月10日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、「平成30年度(2018年度)介護従事者処遇状況等調査」の結果を報告し、了承された。回答事業所・施設の【介護職員処遇改善加算(I~V)】の取得割合は91.1%。

私たちの運営する介護老人保健施設は、同一医療法人グループが経営する病院の併設型です。従来から病院とは有機的に連携し、「所定疾患施設療養費」(以下、同療養費)を算定していました。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る