介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

デイサービスの選び方のコツ!保険外サービスの手厚いデイサービスを選ぼう!

2017-01-30
デイサービスの選び方のコツ!保険外サービスの手厚いデイサービスを選ぼう!

介護が必要な日常生活での困難を、部分的に補うことができるのが保険外サービスです。しかしながらそれだけの利用では高額になりがちで、誰もが利用するというわけにはいきません。まずは介護保険を利用し、その上で足りない部分を保険外サービスで補うのが基本的な使い方となるでしょう。事業所によってはそのような利用法を積極的に推進しており、介護保険と保険外を組み合わせたサービスを提供しています。今回はデイサービスにおける保険外サービスの活用法を紹介します。

保険外サービスがおすすめなのはどんな人?

具体的なサービス内容に移る前に、まず保険外サービスはどのような人を対象としているのか、誰が顧客となるのか理解しておきましょう。保険外サービスは通常の介護保険サービスに上乗せして提供するものです。当然料金は全額自費になりますから、金銭的な余裕がなければ継続して利用することは難しいでしょう。事業所にとっては単発的な利用よりもリピーターを求めるものです。保険外サービスを利用する上で十分な金銭的裏付けがあるかは、最低限の条件となります。

次に独居もしくは家族の介護力が著しく低いケースが挙げられます。常時の介護が必要にもかかわらず、施設への入所ができない状況にある人にとって、保険外サービスは大きな手助けとなるでしょう。

最後に比較的軽度の要介護者です。団塊の世代のすべてが75歳以上の高齢者となる2025年に向けて、介護保険制度改正が進められていますが、現在の流れでいけば軽度の要介護者への介護保険サービスがカット、もしくは縮小されるのは避けられません。そうなると当然、これまで利用してきた介護保険サービスに変わるものが必要となり、保険外サービスがそれを担うと考えられています。今後軽度の要介護者は、保険外サービスの主たる利用者となる可能性を秘めています。

デイサービスで行われている保険外サービスにはどんなものがある?

想定される3タイプの利用者がわかったところで、実際に今現在デイサービスで提供されている保険外サービスについてみてみましょう。

デイサービスの保険外サービスとして一番に挙げられるのが、宿泊サービス、通称お泊りデイと呼ばれるものでしょう。これは通常日中の時間帯だけであるデイサービスを延長して、ショートステイに近い機能を持たせるものです。利用者は日中介護保険内のデイサービスを利用し、夜間および朝は保険外サービスであるお泊りデイを利用することになります。費用は一泊につき2,000~3,000円程度、これに食費を加えた金額で設定している事業所が多いようです。家族にとっては1日を通して預かってくれる非常にありがたいサービスですが、安全面やプライバシー保護の観点で問題があります。デイサービスは原則として宿泊機能を備えていませんから、きちんとした部屋が設けられていなかったり、防火対策が十分でなかったりするケースもあります。夜間の事故対策も十分でないケースも多く、まだまだ問題の多い保険外サービスといえるでしょう。

事業所としてもよりリスクが低く、なおかつ手軽に始められるものとしてはお弁当サービスがあります。こちらは通常のデイサービスを行った後で、希望者にお弁当を持って帰ってもらうというサービスです。利益は決して多くありませんが、比較的手軽であることや利用者としても低額で利用できることなどから、介護保険との相性が良いサービスといえそうです。

様々なデイサービスの中から自分に合ったものを選ぼう

今回紹介したもの以外にも、多くのデイサービス事業者がさまざまな保険外サービスに取り組んでいます。これらのサービスは各事業所独自のものであり、どのデイサービスを利用するかによって利用できるサービスも大きく変わります。今後はデイサービスを選ぶ際にそれぞれの特徴や保険外サービスも調べてから利用するのが当たり前になってくるかもしれません。

デイサービスを運営する事業所にとっても、現在の流れは大きなチャンスといえそうです。デイサービスは事業展開しやすいこともあり、地域によってはサービスの提供量が飽和状態にあるところもあります。介護保険内のサービスで他事業所と差別化を図るのは限界があるため、保険外サービスをうまく取り入れることができれば、他のデイサービスにない強みを打ち出すことができるだけでなく、そのサービスを目当てにした新たな顧客を取り込むことも可能です。

介護保険事業者が保険外サービスをはじめるにあたって、注意点がひとつだけあります。それは、介護保険事業はあくまで公益に資するものであり、利益が全てではないということです。この観点を忘れてしまうと利用者本位の気持ちが薄れてしまい、結局は顧客が離れてしまうことになりかねません。利益も大切ですがそれ以上に大切なのは利用者であること、これは保険内外を問わず介護業界に身をおくものとして、忘れてはならない本質でしょう。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

流行中の新型コロナウイルス感染症は、介護業界における通所サービスにも大きな影響をおよぼしています。感染リスクを恐れた利用者がサービスの利用を控えたり、事業所がサービスを縮小したりするなどのケースも増えてきました。これを受けて、国は通所サービスの新型コロナウイルスの関連特例措置を提示しました。

当社は都市部で細々と事業を継続してきた小規模・民間デイサービス事業所です。新型コロナ蔓延で国が「緊急事態宣言」を発令した時に、私たちの区では自治体から一時的に休業要請が出され、経営的に大変なダメージを受けました。

社会保障審議会・介護給付費分科会は14日、サービス横断的なテーマとして2021年度介護報酬改定における自立支援・重度化防止の推進について検討した。論点の一つとなったのが、VISIT(通所・訪問リハビリテーション事業所から収集したデータベース)やCHASE(高齢者の状態やケアの内容などのデータベース。

14日の社会保障審議会・介護給付費分科会では、リハビリテーションのアウトカム評価についても論点となった。委員からは、通所介護の「ADL維持等加算」の算定要件の緩和や、訪問・通所リハビリテーション事業所の「社会参加支援加算」の算定要件の見直しを求める意見などが相次いだ。

2021年度介護報酬改定に向けた、社会保障審議会・介護給付費分科会の14日の議論では、介護DBから「寝返りをうつことも困難である寝たきり状態」(C2)の利用者の4年間を追跡し、自立度の改善ケースがあることを厚生労働省が示した。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る