介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護の人材紹介はどのくらいかかる?手数料の相場や利用するポイントを紹介

2023-09-29
介護の人材紹介はどのくらいかかる?手数料の相場や利用するポイントを紹介

「介護職の人材紹介を利用したいけど手数料がわからない」などと悩んでいませんか。高額になるケースがあるため、利用前に詳細を把握しておきたい方は多いでしょう。ここでは、人材紹介の現状、人材紹介を利用するメリット・デメリットに加え、手数料の相場、適正な料金で人材紹介を利用するポイントを解説しています。以下の情報を参考にすれば、サービスを有効活用しやすくなるはずです。

介護, 人材紹介, 手数料

1.介護の人材紹介の現状とは?

介護職における人材紹介の現状を把握するため、押さえておきたいのが日本の人口構造です。内閣府が発表している「令和5年版 高齢社会白書」によると、介護保険制度がスタートした平成12年の高齢化率は17.4%、令和4年の高齢化率は29.0%です。急速なペースで少子高齢化が進んでいることがわかります。要介護者数はどのように推移しているのでしょうか。厚生労働省が発表している「介護保険事業状況報告月報(暫定版)」によると、平成12年4月時点の要介護者数は218万1621人、令和5年4月時点の要介護者数は696万1077人です。高齢化の進展とともに、介護サービスの需要も拡大していることがわかります。

一方で、生産年齢人口は平成7年をピークに減少を続けています。「令和5年度版 高齢社会白書」によると、平成7年の生産年齢人口は8716万人、令和4年の生産年齢人口は7421万人です。人口構造の変化は介護事業所などの採用活動にも影響を与えています。具体的には、人材を採用しにくいなどの影響が現れているのです。厚生労働省の発表によると、令和3年における介護関係職種の有効求人倍率は3.64(全業種計は1.03)です。この影響を受けて、介護職の人材紹介にかかる手数料は上昇傾向にあると考えられています。また「追加の手数料を支払えば優先的に紹介する」などの提案を行う悪質な人材紹介会社も登場しているようです。

2.介護人材紹介会社を利用するメリットやデメリット

介護人材紹介は、介護事業所などからの依頼を受けて、登録者の中から希望する条件に近い人材を紹介するサービスです。利用には以下のメリットとデメリットがあります。

2-1.メリット

多くの人材紹介会社は、成功報酬型の料金体系を採用しています。ここでいう成功報酬型は、採用が決定すると手数料が発生する料金体系です。したがって、最終面接まで進んでも、採用に至らなければ料金はかかりません。初期投資を抑えて採用活動を行える点は、人材紹介会社を利用するメリットといえるでしょう。採用手続きを簡略化できる点も見逃せません。通常の採用活動であれば介護事業所が行わなければならない手続きを不要にできたり人材紹介会社が代行してくれたりします。人事担当者にかかる負担は小さくなる傾向があります。また、人材紹介会社を利用すると、採用ミスマッチを防ぎやすくなると考えられています。人材紹介会社が、介護事業所と求職者の希望をもとにマッチングを図ってくれるからです。イメージと現実のギャップを小さくできるため、早期退職を防げる可能性があります。

2-2.デメリット

人材紹介会社を利用して採用が決定すると一定の手数料がかかります。直接応募の求職者を採用すると手数料はかかりません。具体的な手数料はケースで異なりますが、採用コストは割高になりやすいといえるでしょう。人材紹介に時間がかかるケースがある点にも注意が必要です。紹介を受けられる人材は、サービスに登録していて希望条件が合致する求職者だけです。人材紹介会社や採用活動を行う地域によっては、紹介できる求職者をすぐに見つけられないことがあります。今すぐ人材を採用したい場合などは気を付けなければなりません。この点が気になる場合は、求職者の登録状況などを事前に確認しておくとよいでしょう。

3.介護人材紹介会社を利用した際の手数料の相場

人材紹介会社が設定している手数料は事業者などで異なります。一般的な相場は、想定年収の20~30%です。ただし、人手不足などの影響を受けて、相場は想定年収の30~35%に上昇しているといわれています。また、事業者の中には、想定年収の45%程度に設定しているところもあります。ちなみに、一般社団法人全国介護事業者連盟が関係団体の会員法人(介護施設などを運営する359法人)を対象に2021年8月11日~9月24日にかけて実施した「人材採用関連費用(有料職業紹介等)に関するアンケート」によると、中途採用における紹介単価は1人あたり49万5227円です。

4.適正な手数料で介護人材紹介会社を利用するポイント

前述の通り、人材紹介会社の手数料は事業者により異なります。適正な料金で利用するポイントは、相場を踏まえたうえで事前に料金を評価することです。ただし、採用市場で枯渇している人材やスキルの高い人材などは手数料が高くなる傾向があります。料金を評価するときはこの点に注意が必要です。加えて、登録者数・保証制度・付帯サービスなど、サービス内容を多角的に評価することと人材紹介会社の信頼性を評価することも欠かせません。人材を紹介してくれるからといって、任せきりになると適正な料金で利用できない恐れがあります。サービスを利用する際も、人材紹介会社に依存しすぎず納得できる採用活動になるように自ら努力することが重要です。

信頼できる介護人材紹介会社を見極めよう

介護サービスの需要拡大に伴い、人材紹介の手数料は値上がり傾向にあります。適正な料金で利用するポイントは、信頼できる人材紹介会社を選ぶとともに自社でも採用に向けて努力をすることです。手数料が気になる場合は、連帯保証人・担保不要で介護報酬債権を1.5カ月早く現金化できる介護ファクタリングサービスを利用するとよいでしょう。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護報酬の処遇改善加算を活用して行った賃上げ分が賃上げ促進税制の税額控除の対象になったことを受けて、厚生労働省ではリーフレットを作成し、介護事業所による賃上げの促進を呼び掛けた。

厚生労働省は、外国人介護人材の訪問系サービスへの従事について検討しているようですが、どのような状況にあるのか教えてください。

厚生労働省は14日、第9期介護保険事業計画期間(2024-26年度)における介護保険の第1号保険料について、全国の市町村の動向をとりまとめ公表した。全国の介護保険料基準額(月額・全国加重平均)は第8期6,014円から3.5%増の6,225円となった。

雇用保険の内容が大幅に変更されると聞きましたが、何がどのように変わるのでしょうか。

東京都は、介護施設・事業所など社会福祉施設を対象に非常用電源設備や機器の整備費用を補助する事業の交付申請の受け付けを開始した。災害の発生に伴う停電時などに施設が、当面の間、サービスの提供維持や利用者および職員の安否確認を可能にするため。1回目の申請は6月28日まで受け付け、7月末ごろ交付を決定する。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

ページトップへ戻る