介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護現場に求められる働き方改革!3つの事例

2019-06-03
介護現場に求められる働き方改革!3つの事例

内閣府が公表した2018年版の「高齢社会白書」によると、日本の全人口の27.7%が65歳以上の高齢者となっています。しかも、その割合は年々増加し、2065年になるとおよそ40%に当たる2.6人に1人が高齢者になると予測されています。しかし、介護現場の職員はそれほど増える見込みをたてられないのが現状です。そこで介護現場に求められているのが働き方改革です。この記事では実際に取り組みが始まっている事例を3つ紹介します。

働き方改革1:ライフスタイルに合わせた勤務形態

介護の現場で人材不足が続いている理由としては、介護する必要のある高齢者が増えているだけではありません。介護を担当する現場の職員になろうとする人材そのものが不足しているのです。つまりこれは、介護の分野で働くことに魅力を感じる若者が少ないことを意味しています。介護労働安定センターが2017年に調査したところ、介護職を辞めた人の理由のなかに「結婚や出産・育児が重なると難しい」という回答が多くありました。つまり、介護職員として働く人を増やすためには、職員の労働時間や勤務体制への配慮を欠かすことはできません。

たとえば、特別養護老人ホームなど24時間の介護が必要な現場では、夜勤の仕事は必要不可欠です。しかし、夜勤を行うとどうしても職員の身体にかかる負担は大きくなります。夜勤と日勤を繰り返す不規則な勤務体系をそのままに放っておくと、体調不良を起こして離職してしまうケースがあるのも事実です。すると、貴重な人材を失うばかりか、「介護職は激務」という風評が広がり、新たな職員を見つけることが難しくなるでしょう。そこで、大切なのが職員のライフスタイルを重視した勤務体制を取り入れる取り組みです。実際に行われている取り組みとしては、「夜勤なし正社員」「時短勤務正社員」「夜勤専従」といったものが挙げられます。

また、介護の仕事は人間相手の職場であるがゆえに、残業をしなければいけないケースもありました。例としては「帰宅時間になっているにもかかわらず、利用者の対応が終わっていないケース」や「次の担当者に申し送りができていないケース」などです。しかし、このようなケースは代わりの職員が他にいれば、無理に残業する必要はないといえます。そこで、帰宅時間になっても帰らない職員に対して、上司などが気を利かせて「帰宅するように声をかける取り組み」をしている事業所も増えてきています。

働き方改革2:介護職の負担を軽減する分業制の導入

介護職員の働き手がなかなか見つからないのは、「職員1人当たりの負担が大きい」という理由もあります。介護の現場では高齢者の食事、入浴、排せつといった生活を送るうえで欠かせない行為のほとんどのケアを行わなければいけません。そのため、介護職員の精神的、肉体的な消耗はかなりのものがあります。しかも、介護施設は年中無休で稼働しなければならず、もともと人手が足りない職場で働く職員の負担は相当なものがあるでしょう。ここで特に問題視されるのが、本来の介護業務以外の業務をこなさなくてはいけない点です。

介護職員とは本来、利用者の身の回りのケアを行うことが本職のはずです。しかし、施設の状況によっては「人手が足りないから」という理由で、多くの事務作業やレクリエーション計画などを兼務しています。これでは介護職員の疲労は蓄積されるばかりなので、介護現場が魅力的な職場として認識されなくなってしまうでしょう。介護職員の負担を軽減するための方法として始まっているのが「業務の明確化」に向けた取り組みです。具体的には、送迎や清掃といった介護職員でなくとも対応できるサービスについては、専門業者へ依頼することが挙げられます。

業務の明確化において重要なポイントは、「専門的な知識が必要な仕事とそうでない仕事をきちんと整理しておくこと」です。介護事業のサービスは大きく分けて入浴や排せつの介助などの専門知識が必要な仕事と、送迎や清掃といった専門知識がなくてもできる仕事の2つがあります。分業制を採用するときは専門知識がなくてもできる単純な仕事を外部へ委託するようにしましょう。

働き方改革3:情報共有のためのICTツールの導入

介護の現場で職員が働きやすくするためには、これまでの働き方を見直すことは重要です。しかし、従来の働き方を見直すのには限界があるのも事実です。そういうときは、新しい技術を導入して労働環境を改善する方法があります。働き方改革を強力に推進するための方策の1つして、強く期待されているのがICTツールの導入です。ICTとは情報通信技術のことで、基本的にはパソコンやアプリなどで入手したデータをWi-Fiなどのネットワークを活用してたくさんの人で共有することを目的にしています。

介護の現場でICTを導入することは厚生労働省も推進しており、2018年10月に設置された「2040年を展望した社会保障・働き方改革本部」でも取り上げられているのです。具体的な取り組み事例としては、利用者の健康状態や介護内容などを記録する介護記録をデータ化して職員全員が簡単に共有できる仕組みが挙げられます。それによって申し送り時間の短縮につながり、残業時間の軽減が期待できます。

AIやICTを活用した介護職員の負担軽減への取り組みはまだまだ始まったばかりです。今後はICTをさらに進化させたIoTの導入によって、特に専門知識が必要ない間接業務の効率化が期待されています。AIやICTを活用すれば介護現場の生産性が飛躍的に上がる可能性もあるので、介護事業の経営者であればこれらの技術には注目しておきたいところです。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

医療事務、介護、保育サービスを提供する株式会社ソラストは4月24日、外国人技能実習制度に基づき、介護職種のベトナム人技能実習生(12人)の受け入れをスタートした。ベトナム人の実習生は、20歳代前半の女性9人、男性3人で、介護の仕事に就くことはもちろん、来日も初めてだという。

業務の関係で公休日に出勤したいと従業員に言われました。休日出勤として割増賃金を支払わなければならないのでしょうか。

人手不足が深刻な介護の仕事は「残業も多い」というイメージをもっている人もいるでしょう。実際、残業が当たり前になってしまっている施設があるのも事実です。そこで、この記事では残業削減に向けて実施すべきチェックリストとともに、多くの介護現場で残業の要因となる業務や記録・申し送りの改善方法について紹介します。

厚生労働省は6月14日、「高齢者の医薬品適正使用の指針[各論編(療養環境別)]」を都道府県などに通知し、所管の医療機関や薬局への周知を要請した。

厚生労働省は2019年4月に開かれた社会保障審議会介護給付費分科会で、介護医療院の実態に関する調査結果を報告。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る