介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護プロフェッショナル制度とは?

2020-03-16
介護プロフェッショナル制度とは?

高齢化社会が進行する中、介護職員の役割はますます大きくなっています。そのため、介護職員が能力に応じ、長期的なキャリアを築けるような労働環境も求められるようになりました。介護職員の能力を証明する新たな基準が「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」、略して「介護プロフェッショナル制度」です。この記事では、介護プロフェッショナル制度について解説します。

1.介護プロフェッショナル制度の成り立ちの背景は?

長年、介護業界は優秀な人材の確保に悩んできました。人材が定着しにくいため十分な人件費を用意しにくく、その結果、ますます介護職員が離職していくという悪循環を生んでいたのです。介護報酬の少なさも施設の経営状況を圧迫していました。また、介護職員もそれぞれの能力や知識にばらつきがあり、彼らを評価する基準が少ないことは雇用側の悩みでした。これらの問題を解消するための手段として、介護職員のスキルと知識を見極めるための新しい評価基準が求められていたのです。

2.介護プロフェッショナル制度の具体的な内容とは

7段階の基準によって介護職員の能力を判定するのが、介護プロフェッショナル制度の仕組みです。基礎的な教育を受けた段階である「エントリーレベル」とされるのがレベル1です。能力が向上するにつれて段位は上がっていき、レベル7になると「トップ・プロフェッショナル」として認められます。キャリア初期の介護職員はまず、レベル1~4の間でスキルアップを目指します。レベル5以上では、経営に携わるための能力を問われることになります。

3.介護職員の技術を明確化する

この制度が創設された大きな目的としては、「介護職員のスキルをはっきりさせる」ことが挙げられます。これまで介護職員の能力が分かりづらかったのは、施設や評価する側の人間によって基準がまちまちだったからです。そのため、ある施設では優秀だったはずの職員が、別の施設では能力的な問題がないのに評価されにくいということがありました。介護プロフェッショナル制度では、介護職員を評価する基準を統一しています。そのため、全国どこの施設でも同じ評価基準で介護職員の実力を評価し、段位をつけることが可能になったのです。

4.評価方法は?

介護プロフェッショナル制度には「アセッサー」と呼ばれる評価者がいます。アセッサーを名乗るにはレベル4以上を取得して、3年以上の実務経験がある介護福祉士になるなど、さまざまな条件を満たすことが必要です。そして、アセッサーは介護職員を「実践的スキル」「知識」の2項目によって評価するルールになっています。なお、アセッサーの評価が正しく行われたかどうかは、第三者機関による外部評価で見極められます。二段構えの評価を設けることで、公平さと正確性が保たれているのです。

5.制度導入のための補助金も

導入にあたっては、補助金などのサポートも行われています。介護プロフェッショナル制度を適切に実施したと認められた場合、その施設には40万円が補助されます。ただし、条件として資本金1000万円以下、あるいは従業員が100人以下の施設であることが必要です。また、施設側が段位取得の申請手数料を負担する際、半額までは補助金の支援を受けることも可能です。

6.介護プロフェッショナル制度によって得られる効果

もっとも大きな効果は、介護職員のキャリアパスを可視化できることでしょう。キャリアアップの道筋が見えない中、忙しい介護の仕事をこなすのは「苦痛」と感じる職員も少なくありませんでした。しかし、自らの能力がレベルで表現され、努力次第で上がっていけばモチベーションを維持しやすくなります。また、施設側も職員の能力をはっきりと認識できるため、適材適所に人材を配置できます。リスクマネジメントにもつながるため、より安全で効率的な業務を実現できるのです。

7.待遇の目安になる

介護施設の運営側が人事評価をしやすくなるのもメリットのひとつでしょう。介護プロフェッショナル制度を導入すれば、明確な基準で職員のスキルを測定できます。施設は中途採用の介護職員について、能力を正確に把握することが可能です。現在の実力に相応しいポジション、給料を用意したうえで採用や人事を決めることができます。施設側と職員のミスマッチも事前に防止できるでしょう。

8.能力向上の目安にしやすい

介護プロフェッショナル制度では、初任者研修を終えた職員をレベル1か2とみなします。養成課程か実務者研修を終え、アセッサーから評価されるとレベル3にステップアップします。このように、何をすれば段位が上がっていくのか、分かりやすい目安を設けているのが介護プロフェッショナル制度の特徴です。段位が上がれば労働条件にも反映されるため、介護職員は効率的にスキルアップへと励めます。介護業界で長期的なビジョンを思い描くときに、介護プロフェッショナル制度はひとつの目安となるでしょう。

介護事業の資金調達ならファクタリングも!

職員のレベルを適切に評価できる介護プロフェッショナル制度は、多くの施設で導入されています。実践していくための補助金も用意されているので、積極的に活用するとよいでしょう。また、ファクタリングによって資金を調達する方法もあります。優秀な人材を確保していくためにも、介護プロフェッショナル制度によって正しく職員を評価して人件費を用意することが重要です。介護ファクタリングサービスを利用すれば、介護報酬を前払いしてもらえるのです。通常よりも介護報酬の入金が1.5カ月程度早めることができます。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

労働基準法の一部改正により、未払賃金が請求できる期間などが延長されたと聞きました。どれくらい延長されたのでしょうか。またその他変更点があれば教えてください。

自治体が策定する2021年度からの第8期介護保険事業(支援)計画では、国が作成する指標を参考に、要介護(要支援)者に対するリハビリテーションの整備目標が盛り込まれることになります。

厚生労働省は6月30日、高齢者施設での感染者発生事例などを踏まえ、人材確保や感染者発生時の対応についての事務連絡を都道府県などに出した。緊急時の人材確保策について、平時より講じておくよう都道府県に求めている。

6月25日に開催された社会保障審議会・介護給付費分科会では、2021年度介護報酬改定に向けて掲げられた、横断的なテーマについての議論が一巡した。

厚生労働省は6月30日、感染防止に配慮した「つながり支援」などの事例集をホームページで公表した。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、支援などの取り組みを行う団体の多くが活動を休止せざるを得ない状況であることを説明。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る