介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

徹底解剖!2018年介護報酬改定で赤字になる?!

2018-02-12
徹底解剖!2018年介護報酬改定で赤字になる?!

介護業界で経営をしていくのであれば「介護報酬の改定」の内容について知っておかなければいけません。2000年にスタートした介護保険制度は成立当初こそ5年に一度の改定見通しでしたが、超高齢化社会へ加速している状況を受けて3年に一度の改定となっています。2015年の改定では介護報酬がかなり引き下げられ、また介護者の人手不足による人件費の高騰も重なり、収益性の悪化した事業者では倒産してしまったケースもあります。3年ぶりに行われる2018年の改定のポイントはどのようなものなのかあらかじめ知ったうえで、事業計画を立てるようにしましょう。

お泊りサービスは赤字にならない?

短期入所生活介護(ショートステイ)については、他の介護分野と比べると改正点は比較的少ないだろうと予測されています。短期入所生活介護の改正ポイントとしては「個別機能訓練」や「医療連携強化」の加算や減算です。前回の改正で新設された「個別機能訓練加算」と「医療連携強化加算」という制度をさらに推し進めてより質の高いサービスを促進することが目的とされます。具体的には自立支援の強化や重い療養ニーズの受け入れ態勢などといったものです。

また、厚生労働省において2017年11月29日に行われた審議会では、ITを活用した見守り機器を導入した短期入所生活介護のサービスを提供している事業所については加算要件の緩和をするような検討もされています。特別養護老人ホームの改正ポイントは「身体的拘束の規制」や「看取り体制の強化」などです。

介護現場ではサービス利用者の安全確保のため身体拘束が行われることがありますが、過剰な身体拘束によって高齢者の虐待に繋がるような事案が発生しています。そのため、身体拘束をした場合の報告を義務付けていましたが、今後は罰則が強化される可能性が高いです。看取り体制の強化とは超高齢化が進むにつれて寝たきりの患者が増加するための対策です。今後はこれまで以上に介護施設と医療機関との連携が重要になっていきますが、できるだけ施設内で行われる看取りを強化していきたいという方針となっています。特に夜間の体制強化を図っており、条件を満たした事業者については「看取り介護加算」が行われます。

赤字に拍車がかかる?通所介護の経営と介護報酬改定

通所介護(デイサービス)における改正のポイントは「生活機能訓練」についてです。高齢者の自立支援に国が力をいれていますが、通所介護施設の中には機能訓練やリハビリにあまり力を入れていない事業所も見受けられます。そこで、そのような施設に対しては介護報酬を引き下げてしまおうというわけです。特に影響を受けそうなのが小規模施設で、今回の改正では施設の規模が小さいと加算の取得率が低くなるうえに、一回のサービスにおける単位数は高くなると考えられています。利用者目線から見ると、小規模施設では良い質のサービスが受けにくいのに、高い費用を払っていると考えられるからです。

また、通所介護を行う事業所で特に大きな影響を与えそうなのが「大規模通所介護の基本報酬引き下げ」です。通所介護の中でも一月当たりの利用者数が751人以上の大規模型と呼ばれる施設の利益率(大規模型(1)7.9%、大規模型(2)10%)は他の介護分野と比べても非常に高いです。そのため、このような大規模事業所については介護報酬を引き下げ、他の分野との調整を図ることが検討されています。ただし、介護報酬を大幅に引き下げてしまうと事業者は赤字に陥ってしまう危険性があります。

大規模事業所が経営を維持するためにスケールメリットを活かして効率化を図る方向に流れてしまうことによって、弱者切り捨てになる可能性も指摘されています。いずれにしても事業者は国の決定に従うしかありません。どのような改定になったとしても耐えられるような経営を心掛けるようにするべきでしょう。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

加藤勝信厚生労働大臣は5月21日の経済財政諮問会議に、2040年度における医療・介護給付費や社会保障負担の見通しなどについて、試算した結果を提出した。

厚生労働省は5月21日までに、介護保険料を滞納した利用者に対する給付額の減額措置で、給付制限割合の一部見直しに伴う被保険者証と負担割合証の様式変更を、都道府県に事務連絡した。

独立行政法人福祉医療機構は5月16日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付-の「固定金利」と「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率をそれぞれ改定した。

目まぐるしく変化する介護の実態に合わせて、介護報酬も3年ごとに改定されます。介護報酬は、事業者の形態によって決められる「基本報酬」とサービス内容による「加算」によって決定されます。介護報酬の改定では、基本報酬の引き上げ・引き下げ、加算の追加・強化が行われます。平成30年の介護報酬改定では、「自立支援・重度化防止」が大きなポイントとなりました。ここでは、介護報酬改定から見えてくる、自立支援介護の今後についてまとめてみました。

リハビリおよびヘルスケア事業を展開する株式会社ワイズ(早見泰弘会長兼CEO)は4月に、同社10施設目となる脳梗塞リハビリセンター池袋を開設した。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る