介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護福祉経営士は介護福祉事業経営の専門家!

2017-07-24
介護福祉経営士は介護福祉事業経営の専門家!

高齢化が進み続ける日本において、介護業界で働くことは非常に注目されています。しかし、新規参入が増えたことから、他の事業所との差別化が求められるようになりました。介護業界においても経営に着目するために新たな資格が誕生しています。介護福祉経営士を取得することで専門的な観点から事業所の経営を行えるようになるのです。また、介護士としてのキャリアアップにもおすすめの資格です。ここでは介護福祉経営士について詳しく説明します。

介護福祉経営士の仕事内容

介護福祉経営士とは、介護福祉事業において安定した経営を行うために、経営管理や人材管理教育などを行います。介護福祉経営士の主な仕事には職員の質の向上を図るための人材育成があげられます。職員のキャリアアップのための制度を構築し、人事や労務管理なども手掛けています。利用者にとっても安心できるサービスを提供できるよう、常にサービスの向上を図るのも介護福祉経営士の仕事です。また職員にとって働きやすい環境をつくり、従業員の満足度を向上させます。地域包括ケアを取り入れ、地域住民の暮らしやすさをサポートし、利用者からのクレームの対応もこなします。事業所として適正な運営が行えるように、ITシステムなどを導入し、さらに情報を活用できるように改善することや、事業をさらに発展するための広告活動、マーケティングも行います。

また、介護保険法や介護報酬制度、介護福祉関連規法への理解を持つ必要があります。介護業界において法律や制度はたびたび見直されることがありますので、介護福祉経営士は常に新しい情報を更新し続けなければいけません。さらには事業所を経営するための資金の調達を行い、さまざまな助成金や補助金の運用も行います。

介護の業界において介護報酬を正しく理解している人材はコンプライアンスの観点で考えても必要です。介護報酬の不正請求や人員基準違反で指定取り消しの処分を受けることもありますので、介護を行う事業所にとって介護報酬を正しく請求できる人材は必要不可欠であるといえます。

介護福祉経営士が活躍できる場所

介護保険制度の開始から10年以上が経過し、介護業界にも新規参入が目立つようになりました。それに伴って介護事業所は飽和状態になり、ほかの事業所との差別化が図れない事業所では経営状態が苦しくなっています。人材不足や職員のマナーの悪さなどは介護業界の課題です。そのため、介護業界においても経営のスペシャリストが必要であり、利用者のニーズにこたえられる介護事業所への変革が求められているのです。

介護福祉経営士は介護業界における初めての経営に関する資格であるため、注目され始めています。介護職のキャリアアップという観点からも介護福祉経営士として目指す人もいるのです。しかし介護福祉経営士の資格というのは民間資格ですので、加算の算定を行うことや、人員基準を満たすことはできません。それでも、資格を持つことで介護業界に関するさまざまなセミナーへの参加ができますので、高い志をもった介護福祉事業所の経営者などとコミュニケーションを図る機会を持つことが可能です。そうすることで、さらなる経営の改善ポイントも見えてくるでしょう。

金融機関やコンサルタントが介護福祉経営の知識を得た場合には介護福祉事業者へのさらなるサービスの提供も期待でき、ビジネスチャンスの拡大も期待できます。介護業界が過渡期に入ってきている今、その経営は改善の必要が叫ばれています。利用者にとってより良いサービスが提供できる事を目指し、多くの介護の事業所において介護福祉経営士の活躍に期待をしています。

介護福祉経営士になる方法

介護の施設管理や経営に関する資格であるため、将来的に施設長を目指す人や、独立して新たな事業所を開業したいという人にはおすすめの資格です。介護の現場以外においても、人材管理や経営の分野ではスキルアップになると言えます。介護業界をサポートしている企業でも、介護業界を知ることができる資格です。まだまだ知名度の低い資格ではありますが、介護施設の運営がより専門的に行える資格ですので、これからさらなる需要が広がると期待されています。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

年金の受け取りに必要な期間が変更になったと聞きましたが、具体的にはどのように変更となったのでしょうか。

厚生労働省は12月5日、2017年9月の介護保険事業状況報告の概要を公表した。

政府は12月8日、「平成30年度予算編成の基本方針」と「新しい経済政策パッケージ」を閣議決定した。

厚生労働省は12月8日の中央社会保険医療協議会・総会に、介護施設内での看取りに際して、外部の医療機関などから訪問診療や訪問看護が提供された場合に、現在は認められていない【在宅ターミナルケア加算】や【看取り加算】などの算定を容認することを提案した。

総務省は12月1日、「労働力調査(基本集計)」の2017年10月分(速報)を発表した。全世帯を対象に15歳以上の就業者数、雇用者数、完全失業者数などを把握するもの。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る