介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネスを軌道にのせるには?経営者が知っておきたい5つの経営ポイント

2014-09-22
介護ビジネスを軌道にのせるには?経営者が知っておきたい5つの経営ポイント

介護保険法が施行されてから、今ではコンビニ並と称されるほど各地で介護事業所がひしめきあっています。その中で経営がうまくいっている事業所もあれば、経営難におちいっている事業所、最悪の場合は倒産してしまう事業所もあります。

経営難といっても様々な原因があります。ただ、その中でも比較的多くの事業所が抱えている問題としてあげられるのが介護事業所で働く職員の問題です。

介護という仕事は利用者の人生に寄り添い、サポートすることで自分自身への学びにも繋がる、とても魅力的な仕事です。しかし現在の介護業界では職員の離職率が高く、慢性的な人手不足が問題になっています。介護ビジネスは決まった商品を売るのではなく、人が人に介護というサービスを提供する仕事です。そのことで職員が過重なストレスを溜め込んでしまうケースもあります。

介護業界ではいかに優秀な人材を確保し、育成していくかが今後の大きな課題となっています。

経営者が知っておきたい5つの経営ポイント

そんな背景から現場で働く職員へのケア、組織運営という視点で、経営をうまく軌道にのせるために経営者が知っておきたいポイントをまとめました。

1.組織としての意志、目標を持つ

介護サービスは決まった形の無いものです。
そのため職員ひとり一人が様々な局面で臨機応変に対応できる力を持ち、利用者の満足感を高めたいという意識を持つことが必要です。
それぞれが高いプロ意識を持ち、問題を前向きにとらえ、議論し、仲間と協力して解決していける体質を持った組織をつくること。
それは経営者自身が「こんな組織をつくろう」という意志、目標を持つことから始まります。

2.ビジョン&方向性の共有

経営者が描く組織のあり方、ビジョン、方向性を職員ひとり一人に明示し、それが理解され、共有されていることが不可欠です。
何度も繰り返し、分かりやすい言葉でビジョンを語る必要があります。
会議の場だけではなく、お昼を食べながら、ちょっとした休憩時間など、あらゆるところで経営者がその想いを「熱く語る」ことが大切です。
そうすることで徐々にそのビジョンが浸透し、それが職員全員の共通目標になります。

3.話しやすい環境をつくる

普段から職員がお互いの業務内容に感心を持ち、知っておくこと、悩みや分からないことが気軽に話せるような雰囲気、場を作ることが大切です。
話すということはストレス解消にも役立ちます。
決まりきった会議や朝礼などではなかなか話しやすい雰囲気は作れません。
例えば『スマイルミーティング』と会議の名称を変えてみたり、話しやすい雰囲気を作るために会議前にちょっとしたゲームをするなど、ひと工夫してみましょう。

4.経営に対する信頼感をもたせる

組織に影響を与える大きな要素に「経営(者)に対する信頼感」があります。
信頼感の欠如は、職員が損得でしか動かなくなる、常に噂や憶測が影で囁かれるようになる、など職場の雰囲気を悪化させます。
また、経営者やリーダーが普段から言っていることを、自ら率先して実行する「言行一致」が重要です。
経営者やリーダーの言行一致は職員の経営に対する信頼感を高め、職員同士の信頼関係をつくります。

5.職員へのストレスケア

職員への言葉かけとして大切なことは「ほめる」ことではなく「ねぎらい」です。
介護というサービス業は、成果物が目に見えづらい面があります。
だからこそ、目に見えない心配りに対して「よくやっていますね」という承認の言葉が意味を持ちます。
こういった「ねぎらい」は経営者やリーダーが率先して行いましょう。
日頃の言葉かけで「自分の取組みを分かってもらえている」「自分を見てもらえている」という自己尊重感をはぐくみ、それが一番のストレスケアになります。

いかがでしょうか。
経営者が知っておきたい5つのポイントとして簡潔にまとめましたが、自社の経営について客観的な分析や意見が欲しい場合は専門の経営コンサルタントに相談してみるのも一つの手段です。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

2017年に死亡事故を起こした75歳以上の高齢運転者の約半数が、直近の認知機能検査で、「認知症」または「認知機能低下」のおそれがあると判定されていたことが、警察庁が2月15日に公表した「平成29年中(2017年中)の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」で、明らかになった。

2018年の介護報酬改定を控え、個別の機能訓練加算が経営のカギを握ると考えられています。2015年度介護報酬改定では、通所介護の基本報酬が下がり打撃を受けた事業所も多かったとされています。このことからも、事業所の経営には改定に伴う対策を行うことが重要であることが分かります。今回の改定では、自立支援や介護度の重症化を防ぐ方針の事業所が評価される見通しです。2018年介護報酬改定を乗り切るためのポイントを詳しくご紹介しましょう。

2018年10月からベッドや車いすなどのレンタル料金に上限が設けられるとのことですが、具体的にはどのようになるのでしょうか。

厚生労働省は2月7日、毎月勤労統計調査の2017年分結果速報を発表した。

独立行政法人福祉医療機構は2月9日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る