介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

共生型サービスの導入によって何が変わる?!

2018-11-19
共生型サービスの導入によって何が変わる?!

介護報酬改定によって、介護・障害福祉の現場で働く人材不足の解消を目指すため、新たに「共生型サービス」が導入されます。共生型サービスの導入により、介護と障害福祉、双方の運営基準を満たした介護保険事業所や障害福祉事業所で、高齢者と障害者(児)の受け入れが可能となるのです。そこで、長期間検討されていた共生型サービスの普及が進まなかった背景や、新たに構築された制度の具体的な内容を紹介します。

また、事業所・利用者それぞれに関わるメリット・デメリットを見ていきましょう。

共生型サービスとは

実は、共生型サービスが導入される前から、各市町村独自では共生型サービスと同様のシステムを取り入れて運営している介護・障害福祉事業所が存在していました。各市町村独自に定めた基準を満たしている事業所に関しては、高齢者と障害者(児)が同じ施設で過ごすというサービスを提供している事業所も珍しくなかったのです。しかし、各市町村で定められている基準が違うことや、介護度や障害の程度に関わらず介護職員の給与が同じであるなどの問題点も多かったため、システムそのものが普及していませんでした。新たに制定される共生型サービスは、厚生労働省が介護保険・障害福祉と2つの面で共通するシステムを導入することによって、地域での支援体制の構築を目指したものです。

共生型サービスが必要になった背景は、後期高齢者の増加に伴い、社会保障財政のバランスが崩れるためであるといえます。社会保障財政が崩れることに加え、介護・障害福祉の現場で働く介護職員の人材不足解消に向けて制定されたともいえるでしょう。介護と障害福祉が一体化することで、少ない人材を有効に活用できることや、地域ごとの現状や利用者のニーズに合った介護・障害福祉サービスを提供できるシステムを作りあげることも、改定の目的の1つです。共生型サービスは、介護と障害福祉制度の支援制度を変更して、後期高齢化社会に対して人々が抱えている不安や問題点を包括的に支援する体制を作るための制度といえます。

事業者側のメリット・デメリット

介護と障害福祉の一体化である共生型サービスの導入は、不足している人材を有効活用できるため、事業所や社会的な観点からみても大きなメリットであるといえます。また、介護保険、障害福祉の運営と施設の基準を満たしている場合、基本的には共生型サービス事業としてサービスの提供や報酬の請求も可能です。介護事業・障害福祉事業として個別に運営していた事業所同士が、お互いに認定を受けやすくなることもメリットであるといえます。

さらに、子供から高齢者まで、さまざまな年代の利用者が同じ空間で過ごす機会が増えるため、利用者同士でサポートをし合うこともあるのです。サポートし合える体制を整えるためには、利用者同士の交流が円滑に行われるような環境を整備しなければならない点は、事業所にとって負担であるといえるかもしれません。しかし、環境を整備をすることによって、高齢者が障害を持つ子供と遊んだり、子供の元気な声が高齢者の笑顔を引き出したりと、利用者同士のよい刺激となるのではないでしょうか。共生型サービスの導入で、利用者それぞれに役割を持たせるきっかけを提供できるため、介護職員の負担が軽減され、サービスの質を向上させる効果も期待できるのです。

ただし、共生型サービスの導入により、高齢者もしくは障害者(児)と接する機会のなかった介護職員にとってはデメリットとなる場合もあります。介護職員への精神面の負担を懸念する声も多く、介護をする現場では利用者へ配慮をする場面が増えるでしょう。高齢者と障害者(児)が同じ空間で、互いが安全に過ごすためには、起こりうる事故やトラブルを想定しながら施設の整備を行わなければなりません。ケアマネジャーと相談支援専門員が連携を強めなければならないことも、働く介護職員の負担の1つとなり、共生型サービス導入後のデメリット・課題であるともいえます。

利用者側のメリット・デメリット

利用者のメリットは、介護保険優先原則による不安が解消されることです。障害者総合支援法では、自立支援給付に相当するサービスが介護保険法でも提供されている際、介護保険法のサービスを優先的に利用するとした「介護保険優先原則」が定められています。介護保険優先原則が定められていることにより問題視されていたことが、「65歳の壁」と称されるものです。長期間、障害者総合支援法に基づいたサービスを提供されていた場合でも、65歳になると介護保険法のサービスに切り替わってしまいます。

例えば、障害者支援に強いヘルパーが訪問介護をしていたとしても、介護保険法に基づくサービスに切り替わってしまうと、障害者支援に不慣れなヘルパーに変更されることもあるのです。ほかにも、長期間通っていたデイサービスではなく高齢者専用のデイサービスへ通わなければなりません。そのため、利用者や家族が不安を抱き、混乱するケースも多いです。利用者にとっては、共生型サービスの導入により、介護保険優先原則に関わらず同じ事業所やヘルパーのサービスを利用できることがメリットであるといえます。

しかし、共生型サービスが導入されるまでは高齢者と障害者(児)同士が関わる機会が極めて少なかったため、両利用者が混乱する可能性がある点が、利用者と家族にとってデメリットです。共生型サービスの導入時には、事業所は両利用者の受け入れ体制と介護職員の報酬体制をしっかりと整えなければならない点が、最大の課題であるといえるでしょう。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

就労継続支援事業には、福祉事業のなかではビジネス的な要素が多く含まれているという特徴があります。就労継続支援事業ならではの特徴的な規定もあるため、よく理解してから手続きを始めなければなりません。事業の申し込みには、障害者総合支援法に基づく手続きや準備が必要です。手続きを進めるうえで注意すべき点もあるので押さえておくといいでしょう。基本的な基準や要素を押さえ、事業をするエリアの自治体ごとの見解も確認してから手続きを始めることをおすすめします。

群馬県内で2社・1社会福祉法人を擁する、ようざんグループ傘下の株式会社プランドゥが、2018年6月に開設した介護付有料老人ホームに新設した「グランツようざん」は、職員が意識をもって、質の高い介護を実現しようとしている。

2019年10月の消費税率引き上げ時に行う介護職員の処遇改善で、厚生労働省は12月12日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、加算率の設定や事業所内での配分方法を提案した。

前回までは、介護報酬の「移行定着支援加算」等を始めとする新設の各種加算や、届出病院のケーススタディによる広報活動等の動きを先に紹介したが、ここからは、「介護医療院」の具体的な施設要件や入所者要件の内容等について検証したい。

根本匠厚生労働大臣は12月10日の経済財政諮問会議に出席し、健康寿命延伸と医療・福祉サービス改革の一環として取り組む、高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施や、健康・医療・介護のビッグデータの連結解析と利活用について説明した。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る