介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の関係性!徹底解説

2018-11-12
ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の関係性!徹底解説

介護の世界でよく使われる言葉に、ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)というものがあります。日常生活では馴染みの薄い言葉ですが、介護・福祉業界においては非常に重要な意味を持つ言葉です。ADLとQOLは、介護を受ける人の幸福感や、精神的な充足感に大きな影響を及ぼします。介護においてはADLとQOLをどちらも尊重しなければいけません。

そこで、ADLとQOLの意味や、介護業界との関係について解説します。

ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)とは

介護・福祉業界において、ADLとQOLはよく使われる言葉の1つです。ADLとは「Activities of Daily Living」を略した言葉で、日本語では「日常生活動作」と訳されます。食事や入浴、排泄のほか、金銭や薬の管理をしたり、外出先で乗り物を利用したりなどの動作もADLに含まれるのです。介護保険制度では、ADLに基づいて被介護者のできること、できないことを調査し、介護レベルを決定します。一方、QOLは「Quality of Life」を略した言葉で、「生活の質」と訳されます。QOLとADLは精神的な満足感や充足感を評価するための概念です。どれだけ人間らしい生活を送り、生きがいを見出しているかを判断するために必要な尺度を表しています。

ADLとQOLは、もともと医療の現場で多く使われてきた言葉ですが、介護・福祉業界でもADLとQOLは非常に重要な概念です。以前まで介護の現場では、身体のケアや生活のサポートなど、ADLが重視されていました。しかし、QOLも大事にすることで、被介護者の精神的な充実を図ろうという考えが浸透してきたのです。介護を受ける人ができること、できないことに注目するだけでなく、要介護者の意志や自立性を尊重し、本人が希望する介護の形を実現することで、QOLの向上へとつながります。

QOLは、ADLの低下に比例する?!

ADLとQOLには、密接な関係があります。高齢になると、運動能力の低下や健康状態の悪化は避けられません。さらに、長年勤めてきた職場を離れたり、家族との別離を経験したりすることで、ふさぎ込む機会が多くなります。次第に外出することもおっくうになり、生活に刺激がなくなった結果、「自分は生きていても意味がない、役に立たない人間なんだ」と悲観してしまうケースも珍しくありません。最悪の場合はうつ状態になってしまうおそれもあり、心身の健康とQOLが同時に損なわれてしまうでしょう。ADLを維持することは、QOLを高めることにもつながるのです。

QOLを下げるのは、高齢ストレスや自立ストレス、対人ストレスなど、複数の要因があります。高齢ストレスとは、すなわちADLの低下です。体が思うように動かせなかったり、足元がおぼつかなくなったりして高齢であることを実感するとストレスが溜まり、QOLが低下します。また、体の不調や持病により、薬に頼らざるを得ない状況も、ストレスを感じる要因のひとつです。自立ストレスとは、物価の値上がりなど社会の変化に対する不安や、将来的に介護を受けなければ生きていけない自分に対する不安など、 生きていくことに対する不安を指します。こうした不安を相談できる相手がいないことも、より不安を募らせてしまう原因です。対人ストレスとは、愚痴や不安を話せる相手がいないことにさびしさを感じたり、友人や家族が自分のあら探しをしていると思い込んでしまったりなど、人間関係に関する不安を指します。

こうしたストレスは、必ずしもADLを向上させれば解決できるとは限りません。1970年代のアメリカでは既に、ADLが低くても自己実現や社会活動への参加は可能であり、ADLとQOLは必ずしも比例しないという主張がなされていました。日本でも、介護やリハビリテーションはADLよりも、QOLを向上させるものであるという考え方に変化しています。

ADL改善のためにできること

ADLを改善するには、理学療法や作業療法、言語療法のリハビリテーションや、福祉用具や介護サービスの導入などの方法があります。また、ADLを低下させる原因となる疾患がある場合は、薬物療法などの治療を取り入れるのも効果的です。ただし、特別な道具や薬がなくても、ADLの改善やADL低下予防はできます。第一に必要なのは、適度な運動や栄養バランスを考慮した食事を取り入れるなど、健康的な生活習慣を身につけることです。ADLの低下を理由に行動を制限するのではなく、食事や家事、趣味活動などの日常生活を送ることが、ADLの改善へとつながります。積極的に外出して家族以外の人間とコミュニケーションをとったり、社会活動に参加して役割を担ったりすれば、生活の幅はますます広がるでしょう。

介護レクリエーションも、ADL改善につながる重要な要素です。介護レクリエーションとは、単なる娯楽や余暇とは違います。グループで参加する集団レクリエーションのほか、一人一人の趣味嗜好や得意分野を取り入れた個別レクリエーションや、日々の暮らしの中に取り入れる基礎生活レクリエーションなど、さまざまな手法があるのです。介護を受ける人の個性や要望を尊重し、無理なく楽しく実践できるレクリエーションの形を選択することが大事です。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

都道府県が第8次医療計画等を策定する2023年度に向け、「第8次医療計画等に関する検討会」の下に設置された「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」が13日、初会合を開いた。

厚生労働省は13日の中央社会保険医療協議会・総会で、「在宅医療」を議題とし、外来医療から在宅医療への移行で医療機関が変わる場合に、新たに外来側と在宅側の医師間の連携を評価することを提案し、診療側も支払側も賛同した。

厚生労働省老健局総務課などは11日、2021年度介護報酬改定検証・研究調査への協力を求める事務連絡を都道府県と市区町村の介護保険担当主管部(局)に出した(P2参照)。6日に調査票を発出したLIFEを活用した取り組み状況などのアンケート調査を皮切りに、4テーマについて調査を行う。

厚生労働省は11日の医療介護総合確保促進会議に、「地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針」(総合確保方針)の次期改定に向けて、3つの論点を示した(P87参照)。2022年末を目途に方針を取りまとめる考え。

経団連は12日、今後の医療・介護制度改革に向けた提言を公表した。第8次医療計画や第4期医療費適正化計画などが始まる2024年度を見据えた制度改革では、特に医療費の伸びの抑制に優先的に取り組む必要があると指摘。また、「かかりつけ医機能」の制度化の検討も課題に挙げている。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

感染症や災害への対応力強化へ!BCP 業務改善計画とは?をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る