介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

けあコンweekly記事 全ての記事一覧

全 196 件

就労継続支援事業を運営するには?

介護経営
2018/12/17

就労継続支援事業には、福祉事業のなかではビジネス的な要素が多く含まれているという特徴があります。就労継続支援事業ならではの特徴的な規定もあるため、よく理解してから手続きを始めなければなりません。事業の申し込みには、障害者総合支援法に基づく手続きや準備が必要です。手続きを進めるうえで注意すべき点もあるので押さえておくといいでしょう。基本的な基準や要素を押さえ、事業をするエリアの自治体ごとの見解も確認してから手続きを始めることをおすすめします。  ・・・もっと見る

就労継続支援事業に参入する前に知っておきたいこと

介護経営
2018/12/10

一般的な企業への就労が難しい人に対し、働く機会を提供する「就労継続支援事業」。この事業は、障害のある人に働く場を提供するとともに知識や能力の向上のために必要な訓練を行うものです。事業への参入を検討しているなら、事業の内容や障害者総合支援法に定められている要件などを知っておくといいでしょう。この記事では、就労継続支援事業の種類や、事業参入に必要な書類といった具体的な情報を紹介していきます。障害のある人が就労できるように貢献する、大切な事業であることを認識して参入することをおすすめします。  ・・・もっと見る

共生型サービスの対象事業、それぞれの認定基準の違いとは?!

介護経営
2018/11/26

2018年の4月に改正された介護保険法では、高齢者や障害者がともに利用できる「共生型サービス」が新設されました。共生型サービスというのは介護保険のサービスを行っている事業所と障害支援サービスを提供する事業者が、どちらのサービスも兼用して行えるようになったものです。利用者にはサービスが受けられる場所が増えるなどのメリットがありますが、サービスを提供する事業者においても、事業の拡大や、利益の増加といった多くのメリットが期待できます。ただ、認定基準は対象事業によって異なりますので、詳しく知っておきましょう。今回は共生型サービスにおける対象事業それぞれの認定基準を紹介します。  ・・・もっと見る

共生型サービスの導入によって何が変わる?!

介護経営
2018/11/19

介護報酬改定によって、介護・障害福祉の現場で働く人材不足の解消を目指すため、新たに「共生型サービス」が導入されます。共生型サービスの導入により、介護と障害福祉、双方の運営基準を満たした介護保険事業所や障害福祉事業所で、高齢者と障害者(児)の受け入れが可能となるのです。そこで、長期間検討されていた共生型サービスの普及が進まなかった背景や、新たに構築された制度の具体的な内容を紹介します。また、事業所・利用者それぞれに関わるメリット・デメリットを見ていきましょう。  ・・・もっと見る

ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の関係性!徹底解説

介護経営
2018/11/12

介護の世界でよく使われる言葉に、ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)というものがあります。日常生活では馴染みの薄い言葉ですが、介護・福祉業界においては非常に重要な意味を持つ言葉です。ADLとQOLは、介護を受ける人の幸福感や、精神的な充足感に大きな影響を及ぼします。介護においてはADLとQOLをどちらも尊重しなければいけません。そこで、ADLとQOLの意味や、介護業界との関係について解説します。  ・・・もっと見る

介護ロボットの導入で日常生活動作の改善を目指すには?!

保険外サービス
2018/11/05

ロボット関連技術が進化した結果、さまざまな分野でロボットが活躍するようになっています。なかでも、介護分野でのロボット活用が注目されている状況です。介護の現場では、介護する人の労働力の負担軽減や、日常生活動作改善サポートなどの目的で、すでに多くロボットが活用されています。そこで、介護ロボットとはどんなものなのか、具体的にどんな種類のロボットが活用されているか、さらには介護ロボットを導入することで日常生活動作の改善は可能なのかについて解説します。  ・・・もっと見る

放課後等デイサービスの将来性は?今後取り組むべきこととは

介護開業
2018/10/29

1990年代から2010年代にかけて、障害を持つ小中学生の数は増え続けているという調査結果があります。これらの子どもたちは数が増えたというよりも、今まで周囲の無理解などから見落とされていた例が改められたケースが多いのです。身体障害や発達障害をもつ子どもたちは、精神的肉体的に多くのニーズを抱えています。そこで、こうした子どもたちの受け皿となるために、学校が終わった後に学業や生活訓練を行う場所である放課後等デイサービスの存在が重要になってきているのです。  ・・・もっと見る

放課後等デイサービスの集客率を上げるためにできること

介護開業
2018/10/22

障害のある子供を介護する「放課後等デイサービス」の数が増えつつあります。共働きや、シングルマザーなどの事情で子供を1日中見ていられない保護者にとって、非常に便利な施設といえるでしょう。また、子供が毎日を健康に暮らすためにも放課後等デイサービスは貢献しています。ただし、同種類の施設が多くなり、施設ごとの集客は悩みどころのひとつです。この記事では、放課後等デイサービスが集客率を上げるために心がけるべきポイントを解説します。  ・・・もっと見る

放課後等デイサービスの開業における注意点とは

介護開業
2018/10/15

障害のある児童の健全な療育の一端を担う場所として、「放課後等デイサービス」が注目を集めています。放課後等デイサービス事業の許認可要件は2017年にいっそう厳格化されたため、「設備」や「人員」などに代表される最低限の基準を満たすためには、事前の念入りな調査と準備が肝心です。また、許認可のための基準は都道府県(政令指定都市)ごとに異なる部分や、独自に設けられたものも多いため、開業しようとする土地に合わせた柔軟かつ綿密な手続きも求められます。ここでは、放課後等デイサービスの開業における基準や開業のための注意点を解説していきましょう。  ・・・もっと見る

介護サービスにおける保険料滞納がもたらす諸問題とその解決について

介護経営
2018/09/18

円滑な介護サービスを実施していくに当たり、介護保険料は重要な財源です。このため、介護保険制度を維持していくためには、介護保険料は欠かせないものといえるでしょう。それにも関わらず、介護保険料滞納は社会問題の一つにもなっています。では、介護事業を行っていくうえで、介護保険料の滞納が発生した場合には、どのような対応がとれるのでしょうか。今回は、滞納長期化の問題に対する打開策や、回収困難になった介護保険料に対する自治体の対応、代行業者による回収について紹介します。  ・・・もっと見る

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る