介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

2018年介護報酬改定に向けた各事業所の動向は

2017-10-16
2018年介護報酬改定に向けた各事業所の動向は

2018年の介護報酬改定を前に、各事業所は大きな決断を迫られています。これまでのとにかく要介護度の重い利用者を受け入れるといった方針は通用しなくなり、自社の理念を明確にし、それを実現できる人材を育成していく、またその人材を使って地域に積極的な貢献を行うことが必要とされてきているのです。どのような報酬改定が行われるのか、それによって事業所はどう変わっていくのか、どんな準備をしておけばよいのか知っておきましょう。

2018年の介護報酬改定はマイナス改定が既定路線か

現時点で確定しているわけではありませんが、2018年の介護報酬改定はマイナス改定になる可能性が非常に高いといわれています。高齢者の数に比例して伸び続けている社会保障費を、国は2016?2018年度の3年間で1兆5000億円ほど、年5000億円ほどに抑える方針を示しています。厚生労働省の見積もりでは年間の社会保障費の伸びは6400億円と試算されていました。つまりは毎年1400億円の削減ノルマを達成する必要があるのです。これに対応するため2015年度の介護報酬改定では基本報酬を引き下げ、2016年度には診療報酬改定に伴う薬価改定でノルマを達成しました。社会保障費の伸び率を抑える必要性は今後もますます高まるでしょうから、2018年度の介護報酬改定でもマイナス改定は避けられないのではないか、と予測されているのです。

一方で介護が必要となる高齢者の数は増え続けています。報酬を減らしながらサービスを拡大するために、2018年度の介護報酬改定で、アウトカム評価と財政的インセンティブが取り入れられることが決定しています。要介護度がどれくらい低下したか、平均要介護度は全国平均と比べてどれくらいかなどの評価基準を元に保険者である市町村を評価し、評価に応じた交付金を配るという仕組みです。これにより市町村はこれまで以上に介護予防に力を入れる必要性が出てくるでしょうし、各事業所もそれに合わせたサービスを提供することが求められるようになります。

求められる職務の多様化と地域への活動拡大

マイナス改定で減収となる部分をどこで補うか、多くの事業所は収支のバランスに頭を悩ませることになるでしょう。問題はそれだけではありません。現在の介護保険制度の目指す先は「地域共生社会」であり、その地域に属する介護や医療、それに自治体などが連携して地域の高齢者を見守る仕組み作りを目指しています。構想実現のために今後は地域の医療や介護施設の関係者が集まる地域ケア会議が、より頻繁に開催されることになります。こうした会議で存在感を示せるかどうかが、事業運営に当たって重要なポイントとなる可能性もあるでしょう。地域共生社会実現のためには、これまで以上に職務が多様化することも考えられます。これまで現場で介護だけをしていればよかった介護職員も、今後はこうした会議への参加や地域での介護教室の開催などが求められるようになるでしょう。自治体との連携が一層の重要性を増すだけでなく、収入増加の方策が限られ要介護認定がますます厳しくなると考えられる以上、自治体からの要請を受けてこれまでの事業範囲から足を踏み出すことは、もはやほとんどの事業所にとって不可欠のことといえそうです。

地域への活動を拡大するためにはそのための人材が欠かせません。それもただ現場で介護ができるだけの人ではなく、会議を取りまとめたり新しいアイディアを提案して地域に貢献したりする、人材が必要です。そうした人材の確保・育成のための努力をすでに多くの事業所は行っています。

人材不足対策が注目される有力企業の動向

人材の「数」の不足だけでなく、「質」の不足にも対応するため、有力企業の多くが人材育成に早くから取り組んできました。国も2017年度に臨時の介護報酬改定を行って、介護職員処遇改善加算で新たに新加算を加えました。この加算を算定できれば介護職員の給与はおよそ月1万円の賃金改善になります。この加算を算定できれば算定していない事業所と比べて賃金的な優位に立つことができ、優秀な人材を集めやすくもなります。とはいえ算定するだけで人材が育つわけではありません。算定するだけでなく、各事業所が求める人材を育てられるキャリアパス制度を構築してはじめて人を育てる環境が整っている、と言うことができるでしょう。

ある事業所では職員の職務内容を7つの行動指針に落とし込み、その指針ごとにレベル分けをしてその達成度合いによって給与が決まる、というキャリアパス制度を構築しています。これによってパート職員、正社員、リーダーなどそれぞれの職域が明確になるだけでなく、次の段階に到達するためになにが足りないかを明らかにすることもでき、レベルアップへのモチベーション維持につなげることに成功しています。

別の事業所では管理職部門と現場のスペシャリスト部門を区分けし、本人の意向と社内資格によって目指す先を決められる仕組みを取り入れています。

この2事例からもわかる通り、現在の介護業界の動向は「いかに自社の理念に沿った職員を自前で育てられるか」にありそうです。人材不足が続く介護業界では今後もこの動向は続いていきそうです。

リコーリースの介護報酬・障がい福祉ファクタリングは、“負債”扱いにならずに“早期”資金調達ができる介護事業、障がい・福祉事業者向けの金融サービスです。最短5営業日で資金化も可能。サービスの詳細は下記バナーをクリックください。

介護報酬・障がい福祉ファクタリングを見る

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

2024年度の介護報酬改定に伴う訪問系サービスの基本報酬の引き下げで地方の在宅介護をカバーする事業所の継続が「一層困難になる」恐れがあるとして、全国介護事業者連盟(介自連)は2月29日、「特定事業所加算」の取得を促すなど訪問サービス事業者への支援の拡充を求める要望書を厚生労働省に提出した。

福祉医療機構は、全国5,744カ所の通所介護事業所の49.6%が2022年度決算で赤字だったとするリサーチレポートをまとめた。赤字事業所の割合は前年度から3.1ポイント上昇。利用率は2.0ポイント低下の68.0%となり、コロナ禍初期の利用控えなどによって低下した20年度の水準を下回った。事業所の登録者数も72.1人と21年度と比べ5.6人減っており、レポートでは「利用者の確保が経営課題」だと報告している。

全国1,562カ所の介護老人保健施設(老健)の41.6%が2022年度決算で赤字だったことが、福祉医療機構のリサーチレポートで明らかになった。人件費率や経費率の上昇により事業利益率が低下したことで、赤字施設の割合が前年度から7.9ポイント増加。レポートでは、著しい経営悪化の状態が続いているとし「利用率を高めて費用に見合った収益を確保していくことが経営改善には欠かせない」と報告している。

住宅街の一角に溶け込むように佇んでいる、看護小規模多機能型居宅介護「あっと桜之町」。最期まで自分らしく、この地域で暮らしたい-そんな利用者の思いに寄り添い、誰もが“自然体”になれる居場所をめざしている。

厚生労働省は2月28日、介護事施設や業所での感染症や自然災害を想定した業務継続計画(BCP)などに関するヒアリング調査の結果を社会保障審議会・介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会に報告した。BCPの策定時の課題として、「通常業務が繁忙で着手するまでに時間がかかった」「具体的な記載が求められるため時間がかかった」などの意見が現場から上がった。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

ページトップへ戻る