介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護職が安心して働ける看取り介護の指針とは

2017-10-02
介護職が安心して働ける看取り介護の指針とは

高齢化社会が進行するなか、介護施設や在宅で看取りを行う「看取り介護」のニーズが増えています。介護事業を行う事業所にとっては、通常の介護サービスに加え、看取り介護を視野にいれた事業計画が求められるようになっているのです。看取り介護では、医療スタッフを中心に介護職員や生活相談員との連携体制が欠かせません。また、介護職員が医療ケアや医療行為を行う場面もあります。看取り介護のニーズが高まる中、事業所は何を行えばよいのか、介護職員はどのような業務や医療行為を担うのかをご紹介していきます。

看取り介護を行う施設は年々増加している

「看取り介護」とは、特別養護老人ホームをはじめとする介護施設で人生の最期を迎えることや、そのためのケアを指しています。高齢化が進む現在、多くの介護施設に看取り介護のニーズがあるといわれています。たとえば厚生労働省が2015年に実施した調査では、特別養護老人ホームと老人保健施設の半数以上が「看取り期に入った利用者に対する看取り計画を立て、看取りを行っている」と回答しました。実際の死亡退所者をみると、その半数以上が看取り介護を受けた利用者だといいます。

このように看取り介護のニーズが高まっている中、特別養護老人ホームと老人保健施設では、医療スタッフを中心とした看取り介護体制を築いています。さらに介護職員、生活相談員を関わらせている施設も多くみられています。介護職員が担う業務としては「看取り期の判断に関する情報共有」「看取りカンファレンスの開催」「亡くなる際の付き添い」「施設内でのお見送り」などが中心です。つまり介護職員は、基本的に医療スタッフのバックアップという立ち位置です。しかし、情報共有を徹底しながら、二人三脚で取り組んでいくことが求められています。また、看取り介護では、利用者本人への確認ができなかった場合は家族の意向を聞くことになります。そのため、医療スタッフだけでなく、利用者やその家族との円滑なコミュニケーションも必要になります。介護施設は単に介護ケアを行うだけでなく、利用者の終末期を念頭においた場所となりつつあるのです。

介護職の職域拡大・・・今後はますます医療行為の必要性が増してくる

介護施設における看取り介護へのニーズが高まる中、介護職員は終末期を見据えて医療スタッフ、利用者、その家族とコミュニケーションをとる必要があります。それだけでなく、現場での緊急対応を求められることもあります。たとえば普段は医療スタッフが医療行為を担っていても、スタッフ不在時や人手が足りないときに、利用者に対して医療行為が必要となるケースがあります。

介護職員に許可されている医療ケアは、爪切りや口腔ケア、一部の褥瘡に対する処置などです。また、有資格者や所定の条件を満たした介護職員であれば、経管栄養や痰吸引といった医療行為も許可されています。看取り介護を実施している介護施設では、これらの医療ケアや医療行為を介護職員が実際に担うケースが増えているのです。介護職員にとって、医療ケアや医療行為は避けられない業務になりつつあるといえるでしょう。

経管栄養や痰吸引を行うためには、スタッフが介護福祉士の資格(2015年度以降が対象)を取得するか、所定の研修を経て認定証を受理する必要があります。また、施設が登録事業者として認められていることも条件です。そのため、介護施設の経営者としては、医療行為を実施できるスタッフの採用や、既存スタッフの資格取得・研修の奨励、都道府県知事への登録申請などを行うことで、より充実した看取り介護サービスを提供できるようになるでしょう。なお登録事業者の要件として、医療関係者との連携体制や安全確保措置の確立が求められるため、こちらも合わせて進めていくことが大切です。

施設だけじゃない・・・在宅での看取り介護

看取り介護は、特別養護老人ホームや老人保健施設で多く報告されています。しかし、在宅介護サービスでも、看取り介護へのニーズがあります。厚生労働省によると、2015年時点で各都道府県の死亡者のうち8?16%(全国平均は12.7%)が自宅死です。また、「最期まで自宅で過ごしたい」という人は全体の約10%ですが、「自宅で療養して、必要になれば医療機関や緩和ケア病棟に入りたい」という人も合わせると、終末期に自宅で過ごしたいという人は約60%にのぼります。なぜ「必要になれば医療機関や緩和ケア病棟に入りたい」と思うかについては、「介護する家族に負担をかけたくない」「症状が急変したときへの不安がある」といった回答に集中していました。つまり、在宅の看取り介護によってこれらの不安が解消されれば、多くの人が最期まで自宅で過ごしたいと考えているとみてよいでしょう。

現に厚生労働省や各介護サービスでは、在宅での看取り介護体制の強化を目指しています。病院や在宅医療サービスと連携しながら、看取り介護サービスを充実させていく見通しです。施設と同じく、医療スタッフ不在時に介護スタッフが医療ケア、一部の医療行為を求められる可能性があるため、十分な研修が必要でしょう。介護施設では、ひとつの空間に関係スタッフが集まっているため情報共有や意思疎通がしやすいですが、在宅介護の場合は各スタッフの拠点がバラバラのケースもあるため、いっそう慎重な連携体制が求められます。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護事業者が最低限、知っておくべき介護との連携に係る診療報酬項目について教えて下さい。

介護従事者約7万2,000人で組織する日本介護クラフトユニオン(NCCU)は11月13日、加藤勝信厚生労働大臣宛に署名30万1,213人分を提出し、2018年度介護報酬改定において介護従事者の処遇改善につながる措置を求めた。

マイナス改定だった2015年に続き2018年も介護報酬改定が行われます。2015年の改定の際は介護事業者の利益率の高さが指摘されマイナス改定の原因となりました。前回における改定後の利益率の結果により2018年の介護報酬改定では、さらに踏み込んだ内容になることが予想されています。その背景には人口減少や高齢化にともなう「財政負担の軽減」「自立支援の必要性」などがあります。ここでは「今後デイサービスはどう変わっていくのか」など財政制度等審議会での提言などを元に解説していきます。

厚生労働省は9月26日、介護福祉士の養成カリキュラムを見直す方針を社会保障審議会の専門委員会に示し、大筋で了承された。

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での看取りや医療のニーズに対応する観点から、配置医師が施設の求めに応じて早朝・夜間に施設を訪問して入所者の診療を行った場合の評価の新設や、施設内で看取りを行った場合の評価を手厚くすることなどを提案し、大筋で了承された。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る