介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネス開業をサポート 各種支援サービスで最短開業!(2)

2014-09-01
介護ビジネス開業をサポート 各種支援サービスで最短開業!(2)

前回の記事から引き続き、介護ビジネス開業までにリコーリース、けあコンシェルで行っている起業支援サービス、主なサポート内容などをご紹介していきます。

介護報酬ファクタリングサービス

リコーリースのサービスの中でも、特にお問合せが多いサービスがこの介護報酬ファクタリングです。一般的に新規ビジネスを開業するまでにはお金がかかります。介護ビジネスも同様ですが、介護事業の場合さらに開業してからも現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかります。
その間に発生する人件費などはどこからも入ってこない、いわば無収入の状態になります。そんな時に、介護報酬ファクタリングサービスを利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することが可能になります。


仕組みとしては、介護事業者が国民健康保険団体連合会(国保連)に対して請求する、介護報酬(債権)をリコーリースに債権譲渡し、早期資金化(現金化)を実現すること。つまりリコーリースが前払いする、という仕組みです(早期支払い)。


介護報酬ファクタリングサービスは、はじめて事業所を開設する事業主だけではなく、2事業所目、3事業所目と事業所を増設していく際にも利用できます。1事業所目で介護報酬ファクタリングサービスを利用していない場合、その次の事業所設立資金を1事業所目のファクタリングとして支払いを受け、それを増設資金にあてることが可能です。手続きも比較的簡単で、銀行のように審査で1ヶ月、2ヶ月かかることもありません。
>>介護報酬ファクタリングについて

口座振替サービス(集金代行)

口座振替サービスは、利用者の預金口座から利用料金を口座振替するサービスです。電気料金などの公共料金と同じように、利用者の預金口座から利用料を口座振替します。

リコーリースのサービスの中で、最も多く選ばれるのがこの口座振替のサービスです。介護施設の利用者からの自己負担金額の回収などは、基本的に引き落としになるので、どんな事業所でもご利用いただけます。
煩わしい介護利用料の入金消込処理、利用者(高齢者)に現金を持たせるのが不安という家族の心配もなくなり、業務効率、利用者にとっても便利なサービスです。
>>口座振替サービスについて

車両リース・その他リース

介護事業所の場所、物件も決まったあとは各種申請作業などと並行して、介護車両、事務所内の事務機やリハビリ機器などの準備もしなくてはいけません。

リコーリースでは、車両のリースや一般的な事務機器などのリースサービスを行っています*。車両リースは導入時に多額の資金を準備しなくても、月々のリース料で介護車両が利用できるサービスです。
※各種リースには審査があります。
>>車両リースについて

以上、リコーリースで行っている介護ビジネス開業、運営支援サービスについて2回に分けてご紹介してきました。リコーリースでは各種便利なサービスで事業主が想い描く介護ビジネスを実現、開業できるよう各所でサポートしています。

はじめて介護ビジネス、業界に参入される方は一度、介護ビジネスについてのセミナー等にお出かけいただき、様々な情報に直接触れていただくのもおすすめです。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。

厚生労働省は2日、通所介護(デイサービス)について、2018年度から大規模事業所への介護報酬を抑制する方針を固めた。

社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。

厚生労働省は12月8日、「毎月勤労統計調査2017年10月分結果速報」を発表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る