介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネス開業をサポート 各種支援サービスで最短開業!(1)

2014-08-25
介護ビジネス開業をサポート 各種支援サービスで最短開業!(1)

前回の記事では介護ビジネス開業までの道、として実際に介護ビジネスを開業するために必要なステップ、流れを事業タイプ別にご紹介してきました。
その流れを踏まえた上で、介護ビジネス開業までにリコーリース、けあコンシェルで行っている各種サービス、主なサポート内容などをご紹介していきます。

まずはリコーリースで行っているサービスの大きな特徴から。

介護ビジネス開業まで各所でサポート

リコーリースのサービスの特徴といえば、事業所開設まで事業主の意向や希望に沿って各所でサポートしつつ、介護ビジネス開業に便利なサービスを提供しているところです。

具体的な事業所開設の初歩的なご相談から、商圏分析サービスでの開業地域選定や物件探し、さらに実際に法人化設立、行政への書類提出などの実務作業は提携の専門家(司法書士、行政書士、社会保険労務士、税理士)を介して進めていただけます。

介護ファクタリングサービスや物品のリース、口座振替サービス他、介護ビジネスに便利なサービスを提供しているので、よりスムーズに開業することが可能です。

利用者はどんな人が多い?

異業種から参入される方から介護職を経験された方まであらゆる方にリコーリースをご利用いただいておりますが、開業に関するお問合せをいただく方は、介護職経験者が多くいらっしゃいます。今までデイサービスの一職員として働いていたが、独立してやってみたいという方。理学療法士や看護師など、専門の資格はあるけれど、経営のノウハウや事業運営のやり方が分からない方から、機能訓練型のデイサービス施設を作りたいといった具体的なプランが持ち込まれることもあります。

もちろん、全く別の業種から介護事業に参入も可能です。ただ他業種から参入する場合は、事前に介護ビジネス、介護職について知識を深めることが必要です。さらにホームヘルパーなど自身も資格を取得するのもおすすめです。経営者として参画する場合も、そういった資格や経験がより開業をスムーズに進めることは間違いありません。けあコンシェルサイトでもご紹介している、介護ビジネス開業セミナーなどに参加するのもいいでしょう。

介護事業者向けセミナー

けあコンシェルのサイトでは、各地で行われるセミナー情報を随時更新しています。これから介護ビジネス開業を考えている人に向けたセミナーや、介護事業主に向けたセミナーもあります。事業所運営について適切なコンサルティングをお願いしたい場合なども、実際に会場に足を運ばれて、積極的に情報を集めながら人脈を作り、ご相談されるのもおすすめです。けあコンシェルではこのように実際に事業を始める前、始めてからも様々な形で運営をサポートしています。

商圏分析サービス

新しい介護事業所を作るのに、開業地域の選定と決定は最初の大事なポイントと言えるでしょう。介護事業は展開する場所やそこに生活する人々、つまり人脈に深く関わっていく事業でもあります。地域に根付いた事業展開をするには、事業所開設を考えている地域についてしっかりマーケティングすることが重要です。リコーリースでは、これからデイサービス開業を考えている方に出店したい地域の情報を提供する「商圏分析サービス」を無料で行っています。
>>商圏分析サービス(簡易版)について


さらに、介護物件情報も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。
>>介護物件情報

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

独立行政法人福祉医療機構は12月13日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

介護の現場において、介助者の負担を軽減できることが期待されている介護ロボットが注目を集めています。介護業界では、これまで介助者の負担と介助者が現場に不足しているといった問題が懸念されていました。それを受けて、経済産業省と厚生労働省による「ロボット技術の介護利用における重点分野」が2012年に発表され、介護ロボットの実用化に向けてさまざまな取り組みが開始されました。今回は、介護ロボットが実際に現場でどのような役割を持つのか、ロボット活用に伴う介護報酬改定について説明していきます。

厚生労働省は2日、通所介護(デイサービス)について、2018年度から大規模事業所への介護報酬を抑制する方針を固めた。

社会保障審議会・介護給付費分科会は12月13日、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定に関する審議報告(案)」を了承した。

厚生労働省は12月8日、「毎月勤労統計調査2017年10月分結果速報」を発表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る