介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護業界アンケート No.4

2015-09-14
介護業界アンケート No.4

親の介護は家でする?それとも施設を利用する?

急速に高齢化が進む中、誰にとっても避けられない問題となるのが親の介護。自分の仕事や生活、子育てもある中で親の介護をどうしたらいいのかというのは大変悩ましい問題です。できる限り家で見てあげたいという人もいればプロに任せたいという人まで、考え方は人それぞれでしょう。そこで、そろそろ他人事とも言えなくなってきているであろう40代の皆さんにきいてみました。自宅介護と施設の利用、皆さんはどちらがよいと考えているのでしょうか。

【質 問】
ご自分の両親が要介護者になった場合、介護施設の利用はどの程度にしたいですか?
【回答数】
なるべく利用したい:55
できる限り利用したくない:21
すべて任せたい:19
まったく利用したくない:1
その他:4

自分の仕事や生活もあるから介護施設を上手に利用したい

  • 毎日介護だと、自分の生活もあるし精神的にもしんどいから、利用したい。(40代/男性/自営業(個人事業主)
  • 本音を言うと「すべてを任せたい」のですが、少しくらいは自分で世話してあげたいと思ったから。(40代/女性/専業主婦)
  • 同居はできないし、仕事をしないと生活できないので、施設を利用しつつ自分で面倒見たいです。(40代/女性/パートアルバイト)

なるべく見てあげたい気持ちはあるけれど、現実問題としてなかなかそれは難しい、というジレンマが伝わってきます。時間的・物理的な制約もありますし、また介護する人にとっては精神的な負担も相当なものです。がんばりすぎて介護者がつぶれてしまうことがあれば、介護される側にとっても不幸なこと。そこで基本的には施設を利用して、でも丸投げにはしない、というのがベストなバランスと考える人が多いようです。

トラブルは心配だけど、やっぱり介護施設が最後の砦

2番目に多かった回答は「できる限り利用したくない」、次いで「すべて任せたい」「まったく利用したくない」の順となっています。

  • 経済面や二ユースをみる限りでは安心出来ないのでできれば利用したくないが、面倒を見てくれる人にゆだねたい。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 親の介護ですが、施設に入れるという選択は本当に最後の手段と考えます。親が性格上、他人に面倒をみてもらうことを非常に拒絶するので、できる限りは家でと思いますが、自分の為にもデイケアなどは時折利用したいです。(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 冷たいようだけど、自分の生活までをも犠牲にしなければならなくなったら、共倒れだもの。「なんのためにいきているの?」ってならない?(40代/男性/無職)
  • 介護施設は集団行動が伴うイメージで、特に父は嫌がります。介護の度合にもよりますが、恐らくずっと家に居たいと思っているはずなので、その意思を尊重し自分で出来る限り世話をするつもりです。(40代/男性/契約派遣社員)

介護施設に関するトラブルが後を絶たないこともあり、利用を躊躇する気持ちもあるけれど自宅介護をするにしてもやはり最終的には施設を頼りにせざるを得ない、という揺れる気持ちが回答にもあらわれています。一方、自宅介護に関して全否定の人や本人の意志に任せるという人もおり、このあたりはそれまでの親子関係が大きく影響してくるのかもしれません。

共倒れにならないで!施設に頼るのは悪いことではありません

介護施設の利用に関して考え方はさまざまあるものの、「まったく利用したくない」というのはもはやごく少数。程度の差はあれ、やはりなんらかの形では利用したいと考える人が多いということがわかりました。アンケートの回答にもありますが、「共倒れ」になってしまっては意味がありません。介護する人もされる人もできる限り人間らしくそれぞれの人生を楽しめるよう、上手に施設を利用していくのがベスト。施設の側としては個々のニーズに合ったきめ細かいサービスを提供すると同時に、トラブルなどの不安を解消していくことも重要であるといえるでしょう。

(「けあコンシェル」調べ)

■調査地域:全国
■調査対象:【職業】会社員
■調査期間:2015年07月28日~2015年08月11日
■有効回答数:100サンプル

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護事業者が最低限、知っておくべき介護との連携に係る診療報酬項目について教えて下さい。

介護従事者約7万2,000人で組織する日本介護クラフトユニオン(NCCU)は11月13日、加藤勝信厚生労働大臣宛に署名30万1,213人分を提出し、2018年度介護報酬改定において介護従事者の処遇改善につながる措置を求めた。

マイナス改定だった2015年に続き2018年も介護報酬改定が行われます。2015年の改定の際は介護事業者の利益率の高さが指摘されマイナス改定の原因となりました。前回における改定後の利益率の結果により2018年の介護報酬改定では、さらに踏み込んだ内容になることが予想されています。その背景には人口減少や高齢化にともなう「財政負担の軽減」「自立支援の必要性」などがあります。ここでは「今後デイサービスはどう変わっていくのか」など財政制度等審議会での提言などを元に解説していきます。

厚生労働省は9月26日、介護福祉士の養成カリキュラムを見直す方針を社会保障審議会の専門委員会に示し、大筋で了承された。

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での看取りや医療のニーズに対応する観点から、配置医師が施設の求めに応じて早朝・夜間に施設を訪問して入所者の診療を行った場合の評価の新設や、施設内で看取りを行った場合の評価を手厚くすることなどを提案し、大筋で了承された。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る