介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護業界アンケート No.5

2015-09-29
介護業界アンケート No.5

いつかは必要になる両親の介護費用、どのくらいかけられますか?

世界でもトップクラスとなっている日本人の平均寿命。年齢よりも若々しく見え、いつまでもアクティブなシニアが増える一方、必ずしも誰もが元気な老年期を送れるとは限らず、残念ながら介護が必要な状態になってしまう人も少なくありません。家庭で100パーセント介護するとなるとどうしても無理が生じますから、場合によっては介護施設なども利用したいところ。とはいえ、それにはお金がかかります。そこで、もしも自分の両親が要介護になった場合介護費用は毎月どのくらいなら出せるのか、アンケートをとってきいてみました。

【質 問】
両親の介護費用に月額どのぐらいまでならかけてもよいと思いますか?
【回答数】
1万円以下:18
5万円以下:38
10万円以下:30
20万円以下:8
21位万円以上:6

自分の生活・子供の学費とのバランスを考えて・・・

アンケートでは「5万円以下」と回答した人が最も多く、38パーセントとなりました。

  • 生活費に余裕があればもっとかけてもいいが、今の状況ではこのくらいが限界だから。(40代/女性)
  • これ以上の額は自分の生活を圧迫してしまうと思うから。両親が介護に必要になったときに自分が働いていればある程度の額は出せるかもしれないが、自分も年金暮らしになってからの親の介護でこれ以上は出せないと思う。(40代/女性)
  • 今、貯金できる金額がその金額だから貯金をやめて回せるとおもうからです。(40代/女性)
  • 私には子どもが2人いますが、今、大変お金のかかる時期なので、今だとこの金額しかだせない。(40代/女性)

自分の生活や子供の教育費など、一般庶民であれば決して余裕はないであろう生活の中で出せる金額といえばこのくらいが限界、という切実な声が聞こえてきます。毎月の貯金をあきらめて回せば、という人もいますが、それでは自分の老後の準備ができなくなってしまいます。それでも、まず目の前に迫っている親の介護をなんとかしなくてはならない、という厳しい現実が見てとれます。子供も年金暮らしになっていた場合は本当にどうなってしまうのでしょうか。

年金を基本に考え、足りない分は補助します

次いで2番目に多かった回答が「10万円以下」、そして「1万円以下」「20万円以下」「21万円以上」と続きます。

  • 両親のためなら上限無しで費用を出したいところですが、自分自身で稼ぐことができる金額を選びました。(40代/女性)
  • 両親の年金の額に余裕をもって収まるぐらいにしたい。自分達の収入からとなると、少ないので出すのに無理がある。(50代/女性)
  • 別居していれば、それぞれの家庭があり、子供がいれば教育費等必要になるため(40代/男性)
  • なるべくなら、年金で賄える範囲のところで探したいです。プラス数万程度ならなんとかなるかもしれませんが。(40代/女性)
  • ひとりだけでも、この価格は必要ですから、どうしましょう・・・(40代/女性)

基本的には両親自身の年金の範囲内でまかないたい、と考えている人が多いようです。足りなければ補助するつもりではいるものの、自分たちの生活もあり子供にもお金がかかるため、おのずと限度があり悩ましいところです。介護費用も施設や内容によって幅がありますが、一般的に「とても高い」というイメージがあることから、不安を抱く人が多くなっているようです。高額の選択肢を選んだ人は、出せるというより「これくらいはかかってしまうのだろう」という考えで選んだようにも見受けられます。

福祉が追いつかない現状・せめて情報収集を積極的に

自分の親には最後まで快適に過ごしてほしい、けれど自分がしてあげられることには限界がある、そんなジレンマが伝わってくるアンケート結果となりました。そうならないための福祉であるべきなのですが、高齢化の進展があまりにも早く対応が追いついていないのが現状です。今の段階で一人一人ができることは、できる限り多くの情報を集め、自分の生活を圧迫しない範囲でどうやって上手に福祉を利用するかを考えること、そして一人で抱え込まずに相談できる先を見つけておくことなのかもしれません。

(「けあコンシェル」調べ)

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】40-49歳
■調査期間:2015年08月11日~2015年08月25日
■有効回答数:100サンプル

●参考:以下アンケート結果
両親の介護費用に月額どのぐらいまでならかけてもよいと思いますか?

【1万円以下】

  • 現在は無職で収入もなく、自分が生活するので精一杯だからです。(40代/女性)
  • 家もお金がないので頑張ってもこの程度しか出せません。これで精一杯です。(40代/女性)
  • 自分のことは自分で管理してもらわないとどうしようもないから。(40代/女性)
  • 月額給与の中から毎月必要な経費を差し引いて残った部分からねん出できる最大。(50代/男性)
  • 三人兄弟で、嫁に行った身なのでこのくらい。自分に収入もないのでこれ以上は無理です。(50代/女性)
  • 自分の生活もあるので、1万円以上になると厳しくなってくると思うから。(40代/女性)
  • 兄弟が3人いるので3人で折半したいと思っていますが、10000円が精一杯です。(40代/女性)
  • 世帯での家計が苦しいので、極力安く済ませたいと思っています。(40代/男性)
  • 子供の高校進学、大学、塾だいなど教育費が家計を圧迫しているため(40代/女性)
  • 別居していれば、それぞれの家庭があり、子供がいれば教育費等必要になるため(40代/男性)
  • 特にお金をかけなくても良いものだと思っているからです。金がかかるなら、海外に移住します。(40代/男性)
  • 自分の生活費にあまり余裕がないので、両親の年金内ですめばと思います。(50代/男性)
  • 今現在は介護費を必要とする両親は居ないしお金もないので1万円くらいが現実味のある金額です。(40代/男性)
  • おこずかいの中から出せる範囲でないと、自分の生活が成り立たなくなるから。(40代/女性)
  • 実際は結構かかる事を想定しています。今、介護「される」世代が一番手厚くやってもらえる層だと思います。(40代/男性)
  • 申し訳ありませんが、あまりにも高額だと費用を捻出できません。(40代/女性)
  • 今、自宅で祖父の介護をしています。介護と正社員の仕事を両立するのは無理です。経済的にも大変になるので、自分の生活を守るためにもできるだけ安くしたいです。これからもっと大変になってくるでしょうから。(40代/女性)
  • 自分たち自身が生活が精一杯なので、少しでも少ない金額のほうが助かります。(50代/女性)

【5万円以下】

  • 安ければいいいけど、金銭的に余裕があれば、もっとつぎ込んでいいと思う。(40代/男性)
  • 自分が住宅ローンをかかえているから、出せるだけの金額。これ以上ははさん(40代/女性)
  • 子供たちも、これからお金がかかるし本当はもっと出してあげたいけど、この額が今のところの精一杯の金額です。(40代/女性)
  • 必要ならいたしかたないものと思いますが、やりたいこととやれることは一致しないのかもしれませんね。私のお財布ではどうにもしてあげられない。親自身の懐具合に任せるしかない現状を悲しく思います。(40代/女性)
  • 自分の生活に余裕がないので、介護費用は毎月5万円が限界です。(40代/女性)
  • これ以上の額は自分の生活を圧迫してしまうと思うから。両親が介護に必要になったときに自分が働いていればある程度の額は出せるかもしれないが、自分も年金暮らしになってからの親の介護でこれ以上は出せないと思う。(40代/女性)
  • 生活費に余裕があればもっとかけてもいいが、今の状況ではこのくらいが限界だから。(40代/女性)
  • 実際に掛かっていた費用がこのくらいだった。親は大切で何とかしたい気持ちはあるが、これ以上だと自分たちの生活に影響がある。(40代/女性)
  • 日々の生活におわれていて、生活に余裕がないので、掛けられても5万が限度だと思います。(40代/男性)
  • 生活費を圧迫しない程度に捻出できる範囲で捻出できるのが5万円くらいでそれ以上は日々の生活の支出に影響してくるので。(40代/女性)
  • 掛けられるものなら沢山お金を掛けて快適で生きがいのある生活にしてやりたいが、自分の収入としてはこれが限界。(40代/男性)
  • 自分の生活もあるので厳しい様ですが、出せる範囲でなければ共倒れになりかねないので(40代/女性)
  • ある程度の期間を考えると、自身で賄える範囲でしか残念ながらやれないと思うので。(40代/女性)
  • 月10万は自分たちの生活が厳しくなるが、5万くらいなら月々何とか介護に回せそうだから。(40代/女性)
  • 今同居していて5万円ほど生活費として入れてもらっています。同じぐらいは出すと言って聞かないでしょうから・・・。(40代/女性)
  • 自分の収入から支出できる額を考えるとこれくらいです。毎月の支出なので、大きな額は出すのが難しいです。(40代/女性)
  • 今、貯金できる金額がその金額だから貯金をやめて回せるとおもうからです。(40代/女性)
  • 子どもがまだ小さいので、教育費も貯めておきたいし、育てるのにお金がかかる。今、捻出するとしたら、1~2万がやっとだと思う。(40代/女性)
  • 施設の内容にもよりますが、それ以上になると自分たちの生活も大変なので難しくなると思います。(40代/女性)
  • 私たちにはまだ大学生でない子供が二人いること、そして私たちの収入からこれぐらいだったら毎月大丈夫ということで5万円以下を選びました。(40代/女性)
  • 正直なところ、自身で捻出できる金額がこれくらいかと思います。(40代/女性)
  • 自分の手取り約28万から家賃など生活費を除くと、5万円が限界です。(40代/男性)
  • 5万円でも大変ですが、実質子供の教育費でも考えている価格で現実的な価格ではないかと思います(40代/男性)
  • 他の人に満足の行く介護を頼もうと思うと、有る程度のお金がかかるのは仕方が無いと思う。(40代/女性)
  • 収入を考えても5万円が限度だと思います。また、年金をあてられれば、いいです。(40代/男性)
  • 収入とのバランスを考えると、実際には無理だが年金プラスこの金額ならなんとか最低でも介護費用と呼べるくらいの金額にはなりそうだから。(40代/女性)
  • 年金の範囲内で、これ以上の負担は自分の労力も含めて真っ平である(40代/女性)
  • 5万円を超えたら自分の家族の生活が出来なくなる、老人よりも未来を担う若者にお金は使いたい。(40代/男性)
  • 両親の年金も利用させて頂くとして、それを含めて考えると5万円以下で押さえたい所です。(40代/女性)
  • 実際はもっとかかるのではないかと思いますが、できればこの位の金額で賄いたいです。(40代/女性)
  • 5万円以下しか厳しいですね。なんとかしたいとは思いますが自分の生活があるので。(40代/女性)
  • できればもっとかけてあげたいと思うが、自分の収入と生活レベルを考えるとその額までが限度であるため。(40代/男性)
  • どのぐらいまでかけてよいというより、実際に、月に4、5万円ぐらいかかってました。でも、できれば、月2、3万円ぐらいだと助かります。経済的余裕があれば、もっとかけてもいいのですが、そんな余裕がありません。(40代/男性)
  • 子育て中でもあるので、本人たちの年金にプラスして5万くらいまでしか不可能。(40代/女性)
  • 我が家の家計を鑑みて、介護費用として妥当なラインだと思うから。(40代/女性)
  • 私には子どもが2人いますが、今、大変お金のかかる時期なので、今だとこの金額しかだせない。(40代/女性)
  • 今の現状では5万円以上だととても厳しいので5万円以下までしか出せません。(40代/女性)
  • 沢山出せたらいいのですが、日々の生活費などを考えると5万以上は苦しい。(40代/女性)

【10万円以下】

  • 基本的に両親の年金の範囲内でしか支払い出来ないと思っております。(40代/男性)
  • 年金額で賄える程度なら、無理なく介護にかけられると思います。(40代/男性)
  • 年金で前なえる位の料金だとありがたいと思っていますがどうでしょう。(40代/女性)
  • 両親が毎月受け取っている年金で賄える程度の金額なら良いと思います。(40代/女性)
  • 自身の子供の保育料も払っているので、それ位が払える限界金額です。(40代/女性)
  • 遠方に住んでいるので自分の手で直接できないことをお金を払って代行してもらいたいから。これ以上だと家計的に出せない。(40代/女性)
  • 両親の年金からこの位だと思います。生活費も兼ねての値段です。それ以下だとしっかり見ていただけないような(40代/女性)
  • 両親のためなら上限無しで費用を出したいところですが、自分自身で稼ぐことができる金額を選びました。(40代/女性)
  • 正直なところ、値段はどのくらいかけていいかわからないが、自分の生活もあるためお互い無理のないところでこのくらいだと思った。(40代/男性)
  • 今自分が出せる精一杯のお金がこれなので、それ以上は出せないからです。(40代/女性)
  • 病院に入院していても月額10万円もかからないので、ギリギリ10万円ならいいです。(40代/女性)
  • 両親の介護費用に関してはですね、安いことには越したことはないのですが最低でも10万は見ておかないとならないなと思いました。(40代/男性)
  • 親の状態にもよるが、3人姉妹のため一人3万円なら負担できると思う。(40代/女性)
  • 幸いにして我が家にはまだ介護を必要とする家族はいませんが、家で介護する場合は乳幼児の世話にかける金額、施設に入居させる場合は遠くに進学した子供への仕送りにかけるぐらいの金額がかかるのではないかと想像しています。今の我が家の経済状態では、この程度が精一杯です。(40代/女性)
  • 両親2人分だからすべて2倍なので10万円くらいまでが妥当な金額ではないかと思います。(40代/女性)
  • 出来る限り両親の年金内でおさめたいのが希望です。介護と別に両親の生活費もあるので10万円がギリギリのラインです。(40代/男性)
  • 自分が全面的に負担をするなら、自分たちの生活もあるのでこの位かと思います。(40代/女性)
  • 親の年金の範囲内でなら利用したいと思います。それ以上だと家族と相談ですね。(40代/男性)
  • 年金額位だとありがたいです。負担が大きくなると困るとおもいます。(40代/女性)
  • 親の年金プラス自分たちで無理なく負担できる額だとこのぐらいの額になる(40代/女性)
  • 親の年金でまかなう事ができればよいと思ったのでこれくらいです(40代/男性)
  • 両親の年金の額に余裕をもって収まるぐらいにしたい。自分達の収入からとなると、少ないので出すのに無理がある。(50代/女性)
  • それ以外にも、こまごまとした出費がかさみます。年金から支出して、多少のおつりがないと厳しいです。(40代/女性)
  • 夫と自分の収入から割り出すと、10万円くらいなら捻出できそうだから。(50代/女性)
  • 本人たちの年金収入でまかなえるということが第一義です。そのうえで、8万円くらいまでなら出せなくはないと思います。(40代/男性)
  • 自分のパート内で、支払える金額です。生活もあるので、無理なく払える額にしました。(40代/女性)
  • 私のパートなどで出せるのはそのくらいまでだと思うので、それ以上はきついですね。(40代/女性)
  • 今まで散々迷惑をかけたし、お世話にもなったので、最低でもこのくらいはかけたいと思っている。でも難しいかも。(40代/男性)
  • 自分たちの生活に負担をかけずにと考えると、ぎりぎりこの値段になります。(40代/女性)
  • 年金で賄うことを考えると、それ以上の費用が掛かると家計への影響が出てしまうので。(40代/女性)

【20万円以下】

  • 両親が二人とも完全介護を必要とした場合、姉弟と私の3人でなら、頑張れば20万円は払えるかなぁ、と思いました。また、完全介護を頼むなら、これくらいは必要かなぁ、と。(40代/女性)
  • 必要と思う介護サービスは積極的にお願いしたいですが、親がもらっている年金額で収まる程度にしたいです。(40代/女性)
  • 実際は12万円から15万円の間になると考えています。今から貯金しています。(40代/男性)
  • 可能なら幾らでもかけて介護をしたい。実際自分の家計を考えると無理があるけど。(40代/女性)
  • それぞれの国民年金の額で収まるような制度になって欲しいですね。(40代/女性)
  • なるべくなら、年金で賄える範囲のところで探したいです。プラス数万程度ならなんとかなるかもしれませんが。(40代/女性)
  • 特別な施設に入居するのであれば10数万円は絶対にかかるので、このくらいは必要ではないかと思います。(40代/男性)
  • 両親の年金などの収入金額範囲内であれば、いくら出しても問題ないと思います。(40代/男性)

【21位万円以上】

  • こんなもの、金額を聞く方がおかしいです。お金ではありません。(40代/男性)
  • 介護度にもよると思いますが、介護する職員の大変さなども考慮すると、重度の介護だと、この金額が打倒だと思ってます。(40代/男性)
  • 親の介護なのだから、よほどムダと思える出費を除いては全力で力を注がなければならないと思うから。(40代/男性)
  • ひとりだけでも、この価格は必要ですから、どうしましょう・・・(40代/女性)
  • 月100万円くらいならかけてもいい。死んだら終身保険が入るので。(40代/男性)
  • 2人いるので、べらぼうな金額がかかりますよ、どうしよう・・・・・・(40代/女性)

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

2017年に死亡事故を起こした75歳以上の高齢運転者の約半数が、直近の認知機能検査で、「認知症」または「認知機能低下」のおそれがあると判定されていたことが、警察庁が2月15日に公表した「平成29年中(2017年中)の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」で、明らかになった。

2018年の介護報酬改定を控え、個別の機能訓練加算が経営のカギを握ると考えられています。2015年度介護報酬改定では、通所介護の基本報酬が下がり打撃を受けた事業所も多かったとされています。このことからも、事業所の経営には改定に伴う対策を行うことが重要であることが分かります。今回の改定では、自立支援や介護度の重症化を防ぐ方針の事業所が評価される見通しです。2018年介護報酬改定を乗り切るためのポイントを詳しくご紹介しましょう。

2018年10月からベッドや車いすなどのレンタル料金に上限が設けられるとのことですが、具体的にはどのようになるのでしょうか。

厚生労働省は2月7日、毎月勤労統計調査の2017年分結果速報を発表した。

独立行政法人福祉医療機構は2月9日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率を、それぞれ改定した。

けあコンシェルには、こんなサービスがあります
>>その他サービスを見る

早期資金化!介護報酬ファクタリングサービスで解決!現行の介護保険制度では、国民健康保険団体連合会(国保連)から介護報酬を受け取るまでに約2ヶ月かかり、その間に発生する人件費など資金が必要になります。リコーリースの「介護報酬ファクタリングサービス」を利用すれば、通常より1.5ヶ月も早く資金化することができます。

ご利用者様の預金口座から利用料金を口座振替いたします。弊社の口座振替ネットワークを利用して、電気料金などの公共料金と同じように、ご利用者様の預金口座から利用料を口座振替するシステムです。振替日は4日、20日、27日をご用意しております。

車両リースは、資金の効率的な活用を実現し、メンテナンスなど煩雑な管理業務もアウトソーシングできるため多くの企業に採用されています。一般的に車両リースを大別すると、ファイナンスリースとメンテナンスリースに分類することが出来ます。

商圏分析サービスとは、これからデイサービスの開業をお考えの方、既にデイサービスを開業しており増店をお考えの方へ出店したい地域の情報を提供させていただくサービスです。簡易版では、出店したい地域の商圏内における3種類のレポートを「けあコンシェル」会員様限定で無料にて提供いたします。

利厚生の充実は、優秀な人材確保の切り札です。アウトソーシングサービスを活用することで、豊富で充実したメニューを従業員やそのご家族の皆様へ提供でき、満足度を向上することができます。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る