介護事業経営支援サイト「けあコンシェル」
けあコンweekly記事

介護ビジネスに必要な資格とは!? Vol.1

2015-01-19
介護ビジネスに必要な資格とは!? Vol.1

介護経営を始めるにあたり、ビジネス成功の鍵を握っているのは介護スタッフの存在です。経験豊富で優秀なスタッフが揃っており、それぞれの能力が最大限に発揮されている事業所は、みるみる業績を伸ばしていくことでしょう。介護ビジネスで質の高いサービスを提供するには、専門的な知識やスキルを持つ専門職の人材が欠かせません。今回はケアマネージャーを中心に、介護業界の専門資格について解説していきます。

ケアマネージャーについて

ケアマネージャーとは、「居宅介護支援専門員」の通称です。 ケアを必要とする人が、支援や介護のための居宅サービスを利用する際、最適なケアを受けられるよう、全体のマネジメントを担当します。

具体的には、要介護などの認定を受けた人と面談をおこない、介護サービス計画書(通称「ケアプラン」)を作成します。そのプランに基づき、さまざまな業者や施設と調整を進めていくのも、ケアマネージャーの仕事です。 そのためケアマネージャーには、介護保険制度の正確な知識と、医療サービスや福祉サービスについて幅広く理解していることが求められます。

ケアマネージャーの資格を取るには?

ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員証」という資格を取得する必要があります。そのためには、まず最初に「介護支援専門員実務研修受講試験」を受験しなくてはなりません。合格したら「実務研修」をおこなうことができます。計32時間以上の研修を修了することで、「介護支援専門員」すなわちケアマネージャーの資格を取得できるのです。

現在、受講試験は年1回で、合格率は約15%です。受験できるのは、次のような実務経験を持つ人に限られます。

A.法定資格者で、高齢者介護などの実務経験5年以上
(法定資格者の例)

  • 保健師、看護師
  • 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)
  • 社会福祉士、介護福祉士
  • 視能訓練士、義肢装具士

B.資格がなく、老人福祉施設や在宅介護サービス業の実務経験5~10年以上

おもな介護資格について

・訪問介護員(ホームヘルパー)
介護サービスの利用者の家庭を訪問して、食事・排泄・入浴などの身体介護や、調理・洗濯などの日常生活の支援をおこないます。ホームヘルパーの資格は、以前は1級?3級に分かれていましたが、資格取得後のキャリアパスが不十分とされ、厚生労働省による研修体系の見直しがおこなわれました。平成24年度末で3級研修が廃止され、平成25年度より1級と2級は現行の研修制度へ移行・一元化されました。

  • 旧「2級研修」
    →「介護職員初任者研修」に移行
  • 旧「1級研修」および「介護職員基礎研修」
    →「介護福祉士養成のための実務者研修」に一元化

制度移行前の研修で資格を取得した人でも、引き続き業務に従事することが可能です。今後は介護人材のキャリアパスをわかりやすいものにして、介護業界で生涯働き続けることができるよう、人材養成システムの改善が進んでいます。なお、介護福祉士については、次回詳しく解説します。

・理学療法士(PT)
理学療法士になるには、国家資格を取得することが必要です。「理学療法士及び作業療法士法」により厚生労働大臣から免許を受けます。専門の養成校(大学・短大・専門学校など)で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけた人が、国家試験を受験することができます。すでに作業療法士の資格がある人は、養成校で2年以上学ぶことで、国家試験の受験資格が得られます。

・作業療法士(OT)
作業療法士は、リハビリの専門家です。理学療法士と同じく国家資格を取得し、免許を受けることが必須です。また、作業療法の専門知識や、運動学・生理学・解剖学などの医学知識も必要とされます。国家試験を受験できるのは、専門の養成校で3年以上学び、身体の仕組みや、作業療法の専門知識・技術などを習得した人です。また、実際に働くためには、授業を受けるだけでなく、病院や施設での臨床実習(18週間以上)にも従事することが求められます。

資格編は、次回に続きます。

けあコンシェルでは会員登録いただきますと『実践CaseStudy』や『介護Report』などの介護業界の旬な情報をご覧いただけます。
けあコンシェル会員登録をされた方は、必ず弊社サービスをお受けいただくということではございませんので、お気軽にご登録ください。

新規会員登録をする
他にもこんな記事があります

介護事業者が最低限、知っておくべき介護との連携に係る診療報酬項目について教えて下さい。

介護従事者約7万2,000人で組織する日本介護クラフトユニオン(NCCU)は11月13日、加藤勝信厚生労働大臣宛に署名30万1,213人分を提出し、2018年度介護報酬改定において介護従事者の処遇改善につながる措置を求めた。

マイナス改定だった2015年に続き2018年も介護報酬改定が行われます。2015年の改定の際は介護事業者の利益率の高さが指摘されマイナス改定の原因となりました。前回における改定後の利益率の結果により2018年の介護報酬改定では、さらに踏み込んだ内容になることが予想されています。その背景には人口減少や高齢化にともなう「財政負担の軽減」「自立支援の必要性」などがあります。ここでは「今後デイサービスはどう変わっていくのか」など財政制度等審議会での提言などを元に解説していきます。

厚生労働省は9月26日、介護福祉士の養成カリキュラムを見直す方針を社会保障審議会の専門委員会に示し、大筋で了承された。

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会・介護給付費分科会に、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での看取りや医療のニーズに対応する観点から、配置医師が施設の求めに応じて早朝・夜間に施設を訪問して入所者の診療を行った場合の評価の新設や、施設内で看取りを行った場合の評価を手厚くすることなどを提案し、大筋で了承された。

介護開業のノウハウ集をダウンロード
ガソリン給油カード、入会金年会費無料

ページトップへ戻る